2015年8月1日土曜日

岩手山(柳沢コース)

6/15(月)、いわて銀河100kmマラソンの翌日、『 岩手山 』に登ってきました。

馬返し登山口(08:05)-鉾立(10:41)-不動平(11:07)-薬師岳(11:35/11:41)-不動平避難小屋(12:19/12:44)-鉾立(13:04)-馬返し登山口(15:38)
※CT 7時間40分、行動時間7時間33分(CT98%)、1864mD+、1829mD-

盛岡側から見ると南部富士の名の通り美しい裾野を広げる美しい山で、妻の実家(秋田)へ帰省する時や仕事で盛岡に来る度に目にして登りたいと思っていた山。

1995年から火山活動が活発化し1998年から2001年までは登山禁止、2004年に全登山口の規制が解除されたという活火山。10~40年周期でマグマが上昇しているという説もあるようです。

ウルトラマラソンのダメージがありましたが、最近全国で火山活動が活発化する中、岩手山もいつまた入山規制がされるか分からないと思うと登らずにはいられませんでした^^;

ストックを持って行かなかったため下りは激痛で悶絶でしたが何とか登ってくることができました。

05:30 ... 起床。温泉に入り膝周りのストレッチ。

06:30 ... 健康朝食。とても美味しかったです。

07:07 ... レンタカーで出発。途中で行動食を調達しようと思っていましたが、盛岡市内を出ると全く国道4号は全くコンビニがない・・・。柳沢の集落の自販機でペットボトルを1本入手。

07:47 ... 馬返しの広大な駐車場に到着。平日月曜日ということで先客は8台と少なめ。

07:57 ... 駐車場の入口近くから登山口へ。薄曇り、気温21℃。

3分ほど登ったところが本当の登山口。山小屋で薪不足とのことでしたので、1本だけ荷揚げに協力させていただきました。

冷たい鬼又清水をいただき、登山届を提出して出発!

08:05 馬返し登山口(標高630m)

少し下ってから右の尾根を登り始めます。膝に少し痛みはあるけど何とか登れそう。先行者3名にご挨拶しながら先へ。

08:26 0.5合目(大きなブナ)

旧道(直進)4.4km、新道(右)4.4kmの標柱。天気が良ければ旧道の方が眺めが良さそうだったので旧道を行くことにしました。一合目でもう一旦合流します。

花々が一斉に咲き出す季節。いろいろな花を楽しむことができました。

08:39 一合目。登山口から1.5kmの標注のある小さな広場。新道と一旦合流。団体さんが休憩していました。

ここから少し木段となり明るくなります。ザレ場を登ったところが2合目。

08:50 二合目

08:56 二.五合目。ここから七合目まで新道と旧道が分かれます。

旧道は岩場に変わります。手で持ってきた薪をザックにくくりつけ、両手で登りました。

09:08 三合目の山桜。標高1,150m、山頂まで3,370mの看板がありました。

しばらくすると眺望が開ける岩場に飛び出しました。

09:30 四合目(標高1250m)山頂まで3150mの看板。ウグイスの鳴き声が聴こえました。

09:57 五合目(標高1390m)山頂まで2850mの看板。駒鳥清水という水場が近くにあるようでしたが膝の痛みがあるので無駄な行動を控えてパス。

再び低木帯に入ります。ここにも綺麗なお花がたくさん咲いていました。写真はハクサンチドリとヤマオダマキ。

再び急峻な露岩帯。左手には本家富士山(富士吉田ルート)を思い出すような地形。

下界はすこしモヤって見え、時折、急な上昇気流でガスが斜面を上がってくる。天気崩れないで~と祈りながら登る。

10:16 六合目。巨大な御蔵岩を過ぎると再度、低木帯に入る。

シラネアオイがたくさん咲いていました。

10:41 七合目、鉾立(標高1730m)。登山口から3.6km、山頂まで2.1kmの標柱。大きな山頂が見えてきました!

急登が終わり、右手に山頂を見ながら緩やかな登山道を散歩。癒される~。

10:49 八合目避難小屋。登山口から4.2km、山頂まで1.7kmの看板あり。
6月中旬から下旬の土日、6/30から9月第1週日曜の全日、 9月第2週から体育の日までの木曜から日曜までと祝日は管理員が常駐しているそうです。バッチ、バンダナ、手ぬぐい、Tシャツなども販売しているようですがこの日は非常駐の日のため残念ながら入手できず。

御成清水はジャブジャブ流れていました。

証拠写真(笑)。薪は入口に置いてきました。気温は13℃。涼しい。

5分ほど休憩して再出発。不動平までは平坦な道。

正面に迫力のある鬼ヶ城と不動平避難小屋が見えてくると不動平。

11:07 不動平(標高1828m)。山頂まで1.2kmの標柱。

右に直角に曲がりいよいよ岩手山山頂(標高2038m)を目指して最後の登りに入ります。

失敗したな~と思ったのは、この先で左と右に道が分かれるのですが、左に進んだら砂走り状態で蟻地獄でした。帰りは右から下りましたが比較的しっかりした路面で、登りは右から登った方が楽でしたね^^;

左手には鬼ヶ城から黒倉山へつづく稜線と大地獄。地熱や硫気ガスなどの注意地帯。

何とか蟻地獄を登りきるとダイナミックな外輪山の景色が現れました!外輪山の周りにはお地蔵様が並んでいました。

中央火口丘の妙高岳。デカイ。

11:35/11:41 外輪山頂火口縁の薬師岳、岩手山(標高2038m)に登頂!

足元に平笠不動避難小屋と屏風尾根からつづく茶臼岳。

一等三角点のある見晴らしのよい山頂。周辺はモヤっていましたが八幡平が薄っすら見えました。

時計回りにお鉢巡り。山頂の下りから右膝の痛みが強烈になってきてしまいました。

お鉢巡りの途中で硫黄のニオイがする火口原へ降りて、岩手山神社奥宮にお参りしてきました。

12:19/12:44 不動平。山頂からの下山で膝の痛みが限界に達したため、不動平避難小屋で休憩することにしました。

七滝コースから登られてきた地元の方3名と一緒になり、お昼を食べながら楽しい時間を過ごさせていただきました。ちなみに、柳沢コースは登りも下りも旧道がオススメ、ただし岩手山のルートの中では一番面白くないルートとのことでした(笑)

名残惜しかったですがレンタカーの返却時間もあるので再出発。

八合目避難小屋で水を補充して下山開始。

13:04 鉾立

それにしても膝が痛かった。何度も止まってバンテリンを膝に塗りこむ。

途中の低木帯で折れた枝を発見して代わりにすることができて何とか下山することができました。

15:38 馬返し登山口、下山!杖さん、ありがとう。

 ちなみに、登山口にこんないい杖が置いてありました。借りていけばよかった・・・

今回はレンタカー(4,860円)を利用しましたがタクシーだと盛岡駅まで片道6,040円とのこと。

16:08 駐車場出発。駐車場脇の直線の登りでは自衛隊の陸上部?が坂道トレーニングをしていました。ランシャツにヘルメットでトラックに乗って移動する姿がシュールでした^^;

17:00 駅前でレンタカー返却

17:54 盛岡発、やまびこ(\13,500)。みそとんかつ、銀河高原ビールで一人お疲れ様会^^

21:06 上野着

膝のダメージは大きかったですが思い出に残る登山となりました。


■GPSデータ
※スタートは駐車場から

0 件のコメント:

コメントを投稿