2015年8月19日水曜日

分水嶺トレイル 2015 (A鴨沢コース・ソロ) (2日目)

■大会初日 7/18(土)曇り
→こちら


■大会2日目 7/19(日)晴れ

01:52 富士見

02:20 暗くてよく分からないけど両門ノ頭と思われる開けた場所に出る。

02:55 「甲武信ヶ岳に至る」と書かれた割れたプレートが落ちていたのが地形的には東梓かな。

睡魔とガス欠でコースタイムで歩くのが精一杯。

03:48 国師のタル

4時を過ぎてようやく明るくなってきた。

「国師ヶ岳はニセピークにやられる」といろいろな方から聞いていたので地図を見ながらぬか喜びしないよう歩くものの、睡魔ガス欠?に大苦戦。

心拍数が高く、数歩歩いてはストックに寄りかかり立ったまま30秒くらい目を閉じて息を整える。

苔むした倒木の美しい景色からつづく急勾配では段差に座って数分間目を閉じて何とか歩き出す。

ようやく稜線に出る。

06:12 国師ヶ岳(標高2591m)

百名山ではありませんが今回の分水嶺では一番苦戦した山で印象に残りました。山頂からの富士山の眺めが忘れられません。

06:24 北奥千丈岳との分岐を経て前国師ヶ岳(標高2576m)へ。

前夜に彷徨った稜線。こらから歩く金峰山への稜線。南アルプスの山々など素晴らしい眺望でした。

ここから大弛峠まで211m一気に下る。これが全て階段。。。この辺りはシャクナゲが見頃でした。

06:54/07:28 大弛峠(標高2365m) 第2CP

スタッフの方々の温かい出迎え。Aソロでは6番目の到着。関門は13:00。

小屋では選手用にカレーを多めに作って下さっていると聞いて早速いただきました。美味しかった~。今回の旅の思い出に国師ヶ岳のバッヂも購入しました。

30分以上休憩して再出発!

久々に温かい物が体に入り力がみなぎる。体に入ってくる量が少ないと脳が出力をセーブしてしまうような気がします。食べ物の重要性を再認識しました。

07:55 朝日峠

天気も良くて登山者が多い。ガレ場の開けた場所では他の登山者と同じようにザックを降ろして富士山、南アルプスの眺望を楽しみました。

08:32 朝日岳(標高2579m)

南アルプスをバックに五丈岩がはっきり見えました!雲ひとつかかっていない金峰山。早く山頂に立ちたい。

09:33/09:42 金峰山(標高2531m)

本部にメール連絡。ここは割りとすぐに繋がりました。

大勢の登山者で賑わっていました。お天気も最高で五丈岩に登っている人も数人。左後方は富士山。

八ヶ岳と瑞牆山。野辺山までの稜線がはっきりと見えました。あとは低い山ばかりなので気持ちもだいぶ楽に。野辺山の辺りにはレンズ雲(吊るし雲)。以前にもこの辺りで巨大な吊るし雲を見たことがあるけどできやすい場所なのかな。天気が崩れなければいいが。

10:25 砂払ノ頭(標高2317m)

ここから森林限界の下に降りていきます。ここから富士見平小屋までは水はけが悪く水たまりが多くて歩きにくかった。

11:09 大日岩(標高2210m)

登ってくる人も多くて道を譲りながらの下山。すれ違いに2百名山リフレクターチャームに反応してくれる登山者もいたりして会話を楽しむ。

11:39 大日小屋

12:17/12:53 富士見平小屋 第3CP

分水嶺スタッフの女性とBコースを体調不良でDNFされたAさんの出迎え。今回は各エイドで癒されました。

関門は20日04:00出発。今から行くと最後のバリエーションルートは夜間になり、終電にも間に合わなそう。であれば、ここで泊まって宴会し、明日の早朝出発するのも選択肢。。

とりあえず、Aさんオススメの天然きのこうどん(1000円)を注文。出汁が効いていて美味しくて汁まで完食。ボリューム満点でお腹いっぱい。もう一つのオススメ、鹿肉ホットドックは食べられず。

食べ物を食べたらやる気が復活。夜間ソロでのバリエーションルートも楽しそうなのでこのままチャレンジを続けることにしました。

水場で水筒に水を補充。小屋の外国人女性スタッフがポリタンクに水を汲んで運んでいて、このおかげで美味しいうどんが食べられたんだな~と感謝。

分水嶺スタッフ&Aさんに見送られて再出発!

うどんパワーでガシガシ登れました。やっぱり食べ物は重要だ。

13:14/13:25 渡渉点を渡ってストックをザックにしまう。隣の女性から分水嶺のことを聞かれて少しお話しました。この時間帯は下山者の方が多くてなかなかスピードが上げられませんでした。

14:32 「山頂10分」の看板がある分岐に到着。終電のことを考えれば少しでも早く行くべきですが、なかなかできることでもないので当初の予定通り、山頂に寄り道していくことにしました。

14:38 瑞牆山(標高2230m)

分水嶺トレイル4つ目の日本百名山ゲット!

山頂は賑わっていて少々写真待ち。残念ながらガスガスで眺望なしのためすぐに下山開始。

14:52 分岐まで戻る。ロスタイム20分。ここからの黒森コースは前日までの雨で荒れていることを予想しましたが、それほど酷くはありませんでした(まあ川になっているところはありましたが)。

左岸から右岸に渡るところは一瞬どこを渡ればいいのか迷いましたが、よく見ると渡れるルートがありました。ここは夜に通りたくないなあ。

15:35 不動滝

滑りやすい木などに注意しながら不動沢沿いを下る。飽きた頃にようやく林道終点に到着。

16:07/16:14 林道終点

あとは横尾山と飯盛山までのバリエーションルートのみ。

16:31 松平林道入口。入口にあった看板で林道の距離を確認すると6,021m。信州峠から獅子岩までCTで6時間45分。半分で行って20時半。日の入り19:04、清里発で三鷹までの終電20:11。終電は厳しいな。。。

松平林道は平坦な砂利道の記憶だったのですが最初の1kmくらいは登りでペースが上がらない。途中がけ崩れで道幅半分くらい塞がれていました。

17:39 松平林道出口。ニセ最終コーナーに何度も騙されようやく出口。結局1時間以上かかってしまい終電は完全に厳しい状況に。

17:48/17:54 信州峠(標高1480m)

信州峠では応援の方に迎えていただきました。2年前の分水嶺で何度かご一緒したOさんとカメラマンの方でした。

富士見平小屋で買ったコーラを飲みながらお二人とお話して最後の山を前にとても元気が湧いてきました。

横尾山への登りは今までの苦戦が嘘のようにガシガシいいペースで登れました。ここでも食べ物の効果を実感。コーラパワー恐るべし。何が入っているのやら^^;

一晩を越える長時間のレースは初体験でしたが、体調や気分の波があり、復活する時があるのが面白かったです。

結局この登り区間はCT60%でクリア。

18:48 横尾山(標高1817m)

ここからバリエーションルート。日の入りは19:04なのであと30分もすれば暗くなる。詳細な地図を出し、藪こぎ&夜間に備えてレインウェアとヘッドライトを装着。

準備をしている間にBソロとAソロの2人組に追いつかれましたが、迷っているようで出発してすぐに追いついて先行する。リボンや踏み跡もあり分かりやすかったです。

一度大きく下るところで一瞬悩みましたが、地図と地形と距離を信じて進む。ライト点灯。

19:22 豆腐岩

CT56%で豆腐岩に到着。木賊ノ頭との分岐も迷わず尾根線へ。

急登急坂の繰り返しで巻きたくなるけど、尾根を外すとハマるので黙々と登り下りを耐える。この区間もCT53%でクリア。

19:55 槍(標高1720m)

ここから三ツ沢ノ頭までは頭くらいの高さの藪。月明かりもなく真っ暗で地図と見える範囲の地形が頼り。

三ツ沢の大ダワからバラ線に出るまでは手がかりも難しかったですが何とか迷わずクリア。

21:03 ハイキングマップの看板辺りでバラ線の右側に移動。短い登りを何度か越えて飯盛山分岐。

槍からの区間はCT53%でクリア。

21:30/21:36 飯盛山分岐(1回目(笑))

本部へメール連絡と電話。遅い時間にすみません。

残りCTで45分。藪こぎ対策のレインウェアを脱いで道なりに階段を下っていくが何か様子が変。。。

10分ほど下って平沢山の東側の谷に下りてしまっていると思われたため、悩みましたが再び分岐まで戻ることにする。旧野辺山スキー場のゲレンデだったようです。

登り返しながら階段を下りる手前に細い道を発見。これかなと思うものの念のため分岐まで戻ることに。

22:00 飯盛山分岐(2回目)

ロスタイム30分。勿体無かった。

ちょうど後方から2つのライトが見えてきたので待つ。横尾山で追いつかれたBソロとAソロの2人組でした。

状況を話し、登り返しで見つけた細い道を一緒に行ってみることに。しばらくして大きな登山道に合流できました。案内板にも「しし岩」の文字が出てきて一安心。

Bソロの方とお話しながら最後のガレた坂を下りて、スタッフの待つ獅子岩ゴールへ。

22:31 しし岩、ゴール!

速報では20:31となっていましたが、本部メールや写真のタイムスタンプを見る限り20時ではなく夜10時の間違いであったようです。

スタッフの皆さんに写真を撮っていただき、金麦をいただいて乾杯!
富士見平小屋でも力をいただいたAさんが、体調悪い中ココにも応援で駆けつけてくださり嬉しい再会となりました^^

トイレで着替えてツエルトを張って、長い一日が終了。あっという間に眠りにつきました。

翌朝は5時前に起床。なんかシェルターが増えてる(笑)

ゴール地点。ゴールの度にゴールゲートを設置しているようで、この時間は設置されていませんでした。

始発に間に合うよう、スタッフのKさんがBソロ(昨夜の方)とAソロ(昨夜の方ではない方)の方々と一緒に野辺山駅まで送っていただきました。

清里と野辺山はSuicaが使えるようになっていて便利になりました。

05:34 野辺山 - 06:05/06:33 小淵沢 - 07:12/07:14 大月 - 08:52/08:56 高尾 - 09:31 三鷹

楽しい山旅になりました。スタッフ&応援の皆さまありがとうございました。

■GPSデータ

2 件のコメント:

  1. 調布市在住の者です!たまたま高尾山のトレイルランの情報を探して、このページを見つけました。よういちさん、凄いです。いつかお会いできると嬉しいです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます^^
      昨年から長引いていた故障もようやく回復の兆しが見えてきました。
      調布市在住ですとどこかですれ違っていたかもしれませんね。
      機会があれば是非ご一緒したいですね。

      削除