2015年6月24日水曜日

いわて銀河100kmチャレンジマラソン前日

6/14(日)、岩手県で行われた『 第11回いわて銀河100kmチャレンジマラソン(100kmの部) 』に参加してきました。

結果は、10時間47分48秒。レース2週間前にトリプル故障(両足足底筋膜炎、右膝打撲、右肩打撲)となり、完全休養で回復を図りましたが間に合わず、前半は誤魔化しながら走れたものの、後半は歩け歩け大会という残念な結果に終わってしまいました。。

レース後10日ほど経ちますが復帰の目処が立たずテンションがた落ち。右膝、右肩の痛みは単なる打撲ではなさそうです(苦笑)


■エントリーから大会直前まで
12/2 ... ランネットから大会エントリー(10/7~1/27で定員締切)、宿予約
5/26 ... 参加案内はがき届く

4/19のかすみがうらマラソンのあとは10日ほど休んでからラン再開。ウルトラを意識して1回の距離や1日に走る距離を多めにしたら左足底に痛みが出て5/12~14まで3日間休み。ここで体からサインが出ていたんだよなあ。。

一旦痛みが弱まったため週末から再び40~60km/日を走り込んでしまい、5/31の転倒による右膝と右肩の打撲も加えて完全に故障者リスト入りとなってしまいました。

6/6の雲取山ハイクでも足底と右膝に痛みが出てしまい、完全休養で回復を図りましたが走れる状態ではありませんでした。


■6/13(土)大会前日

午前中に娘の日舞の発表会があったので、昼から移動開始。

12:19調布~13:03東京
13:36東京~16:33北上 やまびこ53(新宿から7,880+4,960)

新幹線の早割予約を忘れていたので自由席で節約。在来線通路を通って駅西口から外へ。

徒歩で受付会場の北上勤労者体育センターへ。Tシャツでも暑いくらいの日差し。

受付時間(13~18時)の終了も迫り閑散としていました。今年から前夜祭がなくなったそうですが早い時間には日本酒の試飲などができたようです。開会式(15時~15時半)に合わせて来るのがいいんでしょうね。

日本酒もなく、販売Tシャツもサイズがなく、缶バッヂだけ購入しました。

ホテル(モンテインホテル)は北上駅から20分ほど。車での送迎もありましたがお天気も良かったので、翌朝の朝食をコンビニで買いながら歩いていきました。

17:45 チェックイン。トイレと洗面台が部屋の中にある部屋。1人だと動きやすくて便利。

18:00 ホテルの近くのアメリカンワールド内にあったバンビーノというお店で夕食。

これで1000円。レース前日に食べ過ぎてしまう悪いくせが出てしまいました(汗)

19:00 部屋に戻って準備。

参加賞は岩手山がデザインされたBuffでした。

お風呂は屋上に露天風呂があり夜空を見上げながら夜風がとても心地よかった。

21:00 ... 就寝

大会当日へつづく ...







2 件のコメント:

  1. 私、殆どブログとか見ないのですが、かつてスペシャルドリンクの件で貴殿のブログを読ませていただき、延岡等での臨場感たっぷりなレポに心底感心し、以降たまに覗かせていただいております。心配なのは最近の貴殿のテンションで、Road to Fukuokaから徐々に離れつつあるように感じます。私は55歳、今年サブ3達成に背水の陣で臨みます。レヴェルは違いますが、高みを目指し頑張りましょう!

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん
      コメントありがとうございます。
      ここ数年思うような走りができず、正にご指摘の通り、限界かなという気持ちと、まだ諦めるほどやってないだろという気持ちで揺れることが多いです。練習方法もいろいろ迷いが多い。
      今シーズンはバイクもトレイルもレースにはエントリーせずロードにかける予定です。
      やはり自分には距離よりスピード中心の練習が合っているように思えるので、故障から復帰後はトラック中心の練習でもう一度体に刺激を入れてみようと思っています。
      55歳でのサブ3も十分可能性ありますよね。頑張ってください。
      私も少しでも刺激になれるようもうひと頑張りしたいと思います!

      削除