2015年5月16日土曜日

大菩薩嶺

5/10(日)、丸川峠入口からの周回コースで『 大菩薩嶺 』に登ってきました。

丸川峠入口(08:50)-千石茶屋(08:57)-上日川峠(09:34/09:39)-福ちゃん荘(09:50)-大菩薩峠(10:12/10:18)-賽ノ河原(10:32)-雷岩(10:49)-大菩薩嶺(10:56/11:03)-丸川峠(11:34)-丸川峠入口(12:14)
※CT 6時間20分、行動時間3時間25分(CT53%)、1100mD+、1089mD-

素晴らしい晴天に恵まれ大菩薩峠から大菩薩嶺までは写真撮影しながらのんびりウォーク。

南アルプスから富士山までの大展望を楽しむことができました^^


06:50調布~08:20裂石

中央道で渋滞もなく到着。実は自宅からだと一番アクセスのいい百名山かも?

大菩薩ラインから登山口を右折してすぐのトイレは鍵がかかっていて入れなかったので、大菩薩ラインを少し登った先にある駐車場のトイレを利用しました。再度登山口へ戻って上日川峠への林道へ。雲峰寺の前にもトイレがありました。

丸川峠入口の駐車場は、手前の駐車場(定数15台)に2台駐車、奥の駐車場(定数15台)に12台駐車していました。奥の駐車場に駐車。

08:50 丸川峠入口(標高1030m)スタート!

舗装道路を登るとすぐにショートカットの土の道。再び道路に戻ってすぐに千石茶屋への分岐。

08:57 千石茶屋

しばらく林道を登ると左手に登山道が始まります。

序盤はやや急。深くえぐられた道で石ころが多かった。

右手には南アルプス(白峰三山)が見えてテンションが上がります^^

登山道が崩落している区間は一旦車道に出て迂回。

新緑が素晴らしい。登山者は少なくブナはカエデの静かな森をゆく。

09:34/09:39 上日川峠(標高1580m)
ロッヂ長兵衛のある上日川峠に到着。ピンバッジやお土産物なども販売していて明るいテラス。

ほとんどの人がここから登り始めるので賑やかな雰囲気になりました。

登山者とのすれ違いでは歩きながら傾斜の緩い明るい山道をのんびり進みます。

09:50 福ちゃん荘(標高1700m)
ここも沢山の人が休憩していて明るい雰囲気^^

唐松尾根で雷岩へ直登するルートと大菩薩峠へ向かうルートの分岐点。唐松尾根ルートへ向かう人も多かったです。右手の砂利道の林道で大菩薩峠へ向かいます。

すぐ右手に富士見山荘(休業中)越しに富士山が見え、更にテンションが上がります(笑)

綺麗な水が流れている勝緑荘前を通過してさらに林道を登ります。

歩きやすい林道で富士山を横目に登っていくと草原が広がり山小屋が見えてきました。

10:12/10:18 大菩薩峠(標高1897m)

大菩薩峠にある介山荘。お土産物も沢山販売されていました。

それにしてもすごい人出でなかなか写真も撮れず^^;

稜線は冷たい風が強く吹いていました。ウインドジャケットを着こみます。

前方に見える親不知ノ頭へ。徐々に眺めが開けて同じような写真を何枚も撮りながら(笑)

甲府盆地と南アルプス。甲斐駒から塩見岳までハッキリ見ることができました^^

しばし風景を楽しんだ後、賽ノ河原へ軽く下ります。右が妙見の頭、左奥が雷岩と大菩薩嶺。

10:32 賽ノ河原
明治時代まではここが大菩薩峠だったそうですが遭難が多かったため現在の峠に付け変えられたとのこと。小さな休憩小屋が建っていました。妙見ノ頭には登らず雷岩へ。

10:49 雷岩
ここも風が遮られて暖かく、休憩している方が多かったです。

足元は唐松尾根。最後は結構な急登な感じですね。

雷岩から森の中へ3分ほどで山頂に到着。

10:56/11:03 大菩薩嶺(標高2056m)
展望はないけど風が遮られて明るい空間。逆回りのトレイルランナーがちょうど登ってきて少し会話させていただきました^^ この日は登山者は多かったですがトレイルランナーは3人くらいだったかな。

少し休憩して下山開始。ここから丸川峠側へ下る人は少ないので再び静かな時間。

序盤は急斜面で高度を下げます。苔むした静かな針葉樹林帯。

シングルトラックのガレた道が徐々に緩やかになり明るい草原に飛び出しました。

11:34 丸川峠

峠には丸川荘が建っていました。ここから柳沢峠経由で笠取山へのルートも歩いてみたいな。

丸川峠からの下りも結構な急坂。逆回りはすごいな^^;

この看板まで下りるとあとはみそぎ沢とミゾ沢の間の林道歩き。石ころが多くて歩き難い林道でしたが。

12:14 丸川峠入口(標高1030m)

雲峰寺にちょっと寄ってから渋滞が始まる前の14時半には帰宅。

写真は牛奥みはらしの丘からみた奥秩父の山々。大菩薩嶺は自宅からも近いし地図を見るといろいろなルートが考えられそう。

山から帰っての昼ビール。美味しかったです^^

■ウェア、シューズ
サンバイザー/OR
サングラス/SportEYZ
ウェア/STY2013 Tシャツ
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
アームカバー/finetrack フラッドラッシュアクティブスキン アームカバー
パンツ/mont-bell トレール ランニングショーツ
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュボクサーショーツ
ソックス/drymax LITE TRAIL RUNNING 1/4 CREW
シューズ/inov-8 TrailRoc 245
レインウェア/finetrack エバーブレスフォトン(未使用)
ウィンドブレーカー/mont-bell EXライト ウインドジャケット
グローブ/ORバーサライナー

■装備(約2kg)
バックパック/TNF SHRIKE 12L
地図/山と高原(大菩薩嶺)
コンパス、ヘッドライト、エマージェンシーキット、熊鈴、ホイッスル、細引き、ダクトテープ、トイレットペーパー、テーピング、三角巾、保険証(山岳、健康)、GPSウォッチ、携帯電話、充電池、デジカメ、速乾性タオルなど

■水、食料(消費したもの)
ポカリスエット 300ml
スニッカーズ 1本/247kcal

■GPSデータ

0 件のコメント:

コメントを投稿