2015年3月7日土曜日

静岡マラソン2015

2015年3月1日に参加した『 静岡マラソン2015 』大会当日編。

■2/28(土)大会前日(移動、下見)

■3/1(日)大会当日

04:20(4時間前) ... 起床。やや寝不足のためか起床時心拍数は47と高い。すぐ朝食。最近定番メニューの、おにぎりx2、塩豆大福x2、バナナ、グレープフルーツジュース。ただ、前日の夕食が消化しきれていない感じでお腹に張り。アオタイの時と同じまずいパターンだ。

天気予報は変わらず雨。気温も上がらず、風も後半になるにつれ強く北東風(海岸線が向かい風)になることが予想され、最後までウェアに悩みました。

結局、レインキャップ、ネックウォーマー、
勝田マラソン長袖Tシャツ+ランシャツの重ね着+透明ビニール袋、
グローブ+ポリ手袋、
脚はウォームアップジェルを塗った上に雨弾き用のオリーブ油を重ね塗り、
腰(Tシャツの上)に貼るホッカイロ、

ランシャツだけにしようか迷っていたので肩や腕にオリーブ油、
ゼッケンは前側はビニールに入れたまま安全ピン止め、

ネックウォーマー以外はゴールまで着たままでした。


06:20 ... 出発。ポツポツ降り始めました。

清水から静岡へのルートは2つ。
ルートA: JR清水→(11分@240)→静岡→(徒歩10分)→駿府城公園
ルートB: 静鉄新清水→(21分@300)→新静岡→(徒歩5分)→駿府城公園

始発で本数もあるルートBで行くことにしました。3両編成でしたが長椅子に半分くらいの乗車率。ゆったり座って行けました。踏切で同じく3両編成のJR(ルートA)を見ましたが、混んでいたもののすし詰めという程ではありませんでした。前日受付がなくなった効果かもしれません。

06:30 ... 新清水駅発 → 06:51 新静岡着(300円)。レース用シューズ(初代ren+tabioタビ)に履き替え。他にもここで着替えて荷物を纏めている人が沢山いました。スーパーヴァーム50kcal、アミノバイタル赤180kcal投入。

07:20(1時間前) ... 会場の駿府城公園に到着。整列(7:00~8:00)が始まっていて、Aブロックは2~3人、Bブロックは30人ほど並んでいました。写真はAブロックとBブロック。ちなみにA~Gまでありエントリーは1万2000人。

手荷物預かり(6:30~7:50)はスタートブロック別に違う場所となっており、事前送付されていた手荷物袋(シールに預けるトラックの番号が書いてある)に入れて預けました。

最後にトイレへと思いましたが、混み合っていて時間もかかりそうだったので諦めて整列ブロックへ向かいました。ブロック最後尾に入口があり、Aブロックの真ん中くらいに並びました。ブロックの先頭と最後尾だと50mくらいの距離がありそうでした。ただ、整列ブロックの道路よりスタート地点の道路は道幅が広いので、慌てる必要はなかったかもしれません。

08:00 ... スタート地点の県庁前へ移動。ちょうど、増田明美さん、勝俣洲和さんの目の前で面白いトークを聞けたのでスタートまでの時間が短く感じられました。また、ご近所ランナーのそらまめさんに声を掛けていただきました。びっくりして気の利いた対応ができなくてすみませんでした(汗)

08:20 ... スタート!

ロスタイムは、11秒

道幅が広いためスムーズなスタート。ここからゴールまでの写真は前日の下見で撮影した写真(前日はいい天気でした)

いつもジェル類はアームウォーマーに挟むのですが、今回は長袖にしたため挟むところがなく、ランパに挟んでみましたが、ランパンの紐の結びが緩くて下がってくる。。

紐を締め直すのに手間取ってるうちに1km地点を通過していたようです。距離表示は1kmごとと中間点。RCチップによる計測は5kmごとと中間点とゴールでした。

この右カーブの先、1.8km地点の妙見下の陸橋が第1折り返し。そこまでは微かに登り。ゲストランナーらの先頭集団が折り返して来ました。

第1折り返しから第2折り返しまでは緩やかな下りのはずですが、バネが全くなく、脚が鉛のようでペースが上がらない。いきなり35km過ぎの感覚。。。

片羽町の交差点を左に入り浅間神社を左手に麻機街道を一直線。高低図ではかなり下っているように描かれていますが、実際はフラットにしか感じませんでした。

寒さのせいか、城北公園の仮設トイレに駆け込んでいくランナーが多かったですね。国道1号との立体交差手前で第2折り返し

5kmの通過、20'49 (ロスタイム11秒含む)

無理にペースを上げても撃沈するのがマラソンなので、この時点で完走目標に切り替えました。

5.2kmで最初の給水所。以降、約2.5km間隔で水・スポーツドリンク、21km、24.6km、32.1km、35kmに給食、17.2km、35kmにスポンジ。給水は多かったですね。奇数番号の給水所だけ寄りました。

浅間神社前まで戻って石の鳥居を左折。道幅が狭くなります。雨でしたが沿道の応援も近くてありがたかったです。

駿府城公園に戻り、お濠の周りをぐるっと一周して10km地点。

10kmの通過、41'30(20'41)

相変わらずペースは上がらないけど無理のないペース。安倍町交差点を左折して再び大通りに戻り、中町交差点を左折して本通りへ。ここも全面通行止めで爽快な一直線。

下り基調なはずですが感覚的にはフラット。若干向かい風を感じたので、ひょっとして海岸線は追い風か!?と期待させられました。

安倍川橋を渡り左折して下り坂。国道1号、東海道線、新幹線を潜り、東新田北の五差路を左折。ショーウィンドーに写るフォームは悪くないのにペースが上がらないのがもどかしい。

静岡大橋の下をシケインのように潜って、15km手前で土手に上がる。登坂でガクッとペースが落ちる(情けない)。

15kmの通過、1:02'14(20'44)

ビューポイント。前日は左手に富士山の眺めが素晴らしかったです。

ジェル補給。今回はメダリストジェルを15kmと25kmに加えて30kmでも取得。アミノバイタル顆粒を20kmと30kmで摂りました。カーボローディングなしでもガス欠がなく、筋肉痛もこないことを見ると、この組み合わせは自分にはベストなようです。

15kmではゴミ箱を持ったスタッフが右手にいて紙コップが捨てやすかったです。今回は道路に落ちている紙コップが多く感じました。私は100%ゴミ箱に捨てましたが、給水テーブルの間に設置されたゴミ箱は捨て難かったです。ボランティア経験のある人は捨てないだろうなと思いながらも、ゴミ箱の配置などは改善の余地があるかもと感じました。

15kmを過ぎてからどんどん抜かれ始め、ペースが落ちているのかと焦る。

東名高速手前で土手を下りて、東名高速、R150を潜って回ってR150へ出る。この辺りは下見でも迷いそうな道。前日itosanに案内いただきイメージできていたので助かりました。

この辺りでネックウォーマーを外して右手首に巻き、ポリ手袋も外しました。ただ、手は急に冷えてきたので、すぐ再びポリ手袋を装着しました。

南安倍川橋は強い向かい風。やっぱり向かい風か~とガックシ。ここは集団で体力温存させていただく。トイレに行きたくなり始める。

大浜橋を過ぎた辺りが20km地点。

20kmの通過、1:22'50(20'36)

かなり抜かれた割に、ラップはキープできていたので少しホッとする。

20km過ぎのエイドには、少し入ったところに静岡おでんが提供されていました。ファンランなら確実に寄っていくところでしたが、トレーニングなので我慢。トイレも入り難い場所だったので我慢。

いよいよ海岸線(久能街道)に出て左車線に入る。写真のように晴れると前方に伊豆半島が見える爽快な道路です。

中間点、1:27'31

向かい風でしたが覚悟していた風に比べるとそれほど強くなく、雨もまだ小雨でそれ程悪い条件ではありませんでした。

22.8kmでトイレに入ろうか迷いましたが、脚の合う集団が出来はじめていたので我慢。

右手に太平洋を見ながら約10km一直線の平坦路。遥か先に見える久能山東照宮を目指します。

いちごロード」とも呼ばれるR150には、「石垣いちご」のビニールハウスが左手に立ち並んでいました。石垣を積み重ね、隙間にいちごの苗を植えるので石垣いちごと呼ばれているそうです。

24.6kmのエイドで我慢の限界、緊急ピットイン

ロスタイム約2分でリスタート。エイドで石垣いちごを食べそびれたことが唯一の後悔です。

25kmの通過、1:45'04(22'14)

ロスタイムを引けば、向かい風にも関わらず悪くないペースで走れていたことが判明。

2週間前の多摩川の風に比べれば楽。体も軽量化されて少し動くようになり、機関車となって前を走るランナーを抜いていきました。

インプラントの看板(itosan曰くイケメン歯医者の看板)が27kmで第4折り返しにもなる場所。ここから右車線に入り、左車線を半分に割った3列の走路で約2kmを1往復半します。アオタイの県庁前の大型版。

28km付近で富士山ハット(風の中、すごいな)の集団に追いつき、少し休ませてもらってから再び前へ。

前日下見したすき家の看板を目標に走り、29.1kmのエイドの先で大型モニターと元気のいい実況アナウンスが流れる第3折り返しをUターン。

30kmの通過、2:05'43(20'39)

この区間も雨風の影響もなくほぼイーブン。

上半身はゴミ袋を着たままでホッカイロもあり暖かかったのですが、少し脚の冷えを感じ、動きも鈍ってきたなと感じ始めました。

スライドで見た4km先を行くランナーは、ほぼランシャツ+ランパン。寒くないのかなあ。

第4折り返しをUターンする頃から、雨と風が強まってきました。いよいよ来たか~。

ペースは落ちたと感じましたが、まだ抜く一方なのが気持ち的に救い。集中を切らさないようにしました。

前日は正面に富士山が見えた左カーブを抜けると35km。

35kmの通過、2:26'43(21'00)

鋭角に左折していちごラインへ。ここのエイドは大声援で力をいただきました。

高低図では壁の様な標高差9mの登りですが、実際は緩い坂を登りきり、右の側道へ下りて清水市内へ。

天王山遺跡を右折して2段坂で勢いをつけていよいよラストだという気分に。ここのエイドには寄りませんでしたが、パンパンと鳴るスティックを使っての声援で最後の力をいただきました。

柳宮通りを北上して清水の市街地へ。雨の中でしたが沿道の応援も増えてきて本当にありがたかったです。

40kmの通過、2:48'09(21'26)

あっという間に40kmという感じ。風さえなければいいコースですね。

上清水町の交差点を右折し、橋を越えて入船町交差点の一本手前の細い路地へ左折。あまりに裏道的な道だったので、一瞬、間違ったかと思った(笑)

再び広い道に戻り、応援の人たちとハイタッチしながらラストの緩やかな右カーブへ。最後、少しスピードを上げて、ゴール(写真のPの辺り?)へ。

ゴール!

42.195km、グロス 2:57'22、ネット 2:57'11

ロスタイム 11秒
05km、0:20'49(20'38)
10km、0:41'30(20'41)
15km、1:02'14(20'44)
20km、1:22'50(20'36)
25km、1:45'04(22'14)※トイレロス2分
30km、2:05'43(20'39)
35km、2:26'43(21'00)
40km、2:48'09(21'26)
GOAL、2:57'22(09'13)

前半 1:27:31、後半 1:29:51、前後半差 2'20

低空飛行でしたがほぼイーブンで走れていいトレーニングになりました。

フィニッシュ後はRSタグを外していただき、完走メダル、完走タオル、限定品ミートソースをいただきました。ミートソースは上位のランナーしか貰えなかったという噂。

つづいて完走証発行という流れでしたが、雨のため濡れてしまいました。

荷物は線路沿いにずらっと並んでいて、たくさんのボランティアの方々が寒い中、手渡しして下さっていました。ABブロックの人は更衣室(テント)横のロータリーの所でした。

雨が強くなっていましたが、更衣室(テント)が空いている中に着替えられたので助かりました。

着替えた後は、フィニッシュフェスタ第2会場のグルメブースへ。

先着1000名無料のマグロ汁(冒頭の写真)から始まり、とろま串(絶品!)、静岡おでん(具がデカくて熱々!)、〆には清水銀座で鉄火丼をいただきました。どれも美味しかった~。

雨も強くなったので観光は諦め、富士川SAでお茶やみかんなどいろいろ買い物して帰りました。

お天気は残念でしたが、また参加してみたいと思ういい大会でした。応援いただいた方、大会関係者の皆さん、雨の中、本当にありがとうございました。

■GPSデータ

0 件のコメント:

コメントを投稿