2014年8月25日月曜日

日向山

8/22(金)に『 日向山(ひなたやま) 』へ登ってきました。山梨県北杜市にある標高1,660mの山。山梨百名山の一つです。山頂の西に雁ヶ原(がんがはら)と呼ばれる白い砂浜が広がり眺望の素晴らしい場所があります。今回は小学生の娘、母、母の友人Iさんと登ってきました。

6:16 府中本町で母とIさんと合流して国立府中ICから中央道へ。高速は渋滞もなく順調。最初は雲がかかって山も全く見えませんでしたが、山が近くなると雲が晴れていい天気になってきました。

登山口にはトイレがないので「道の駅はくしゅう」に寄り道。天然水をボトルに入れていきました。地元の方々はポリタンクで汲みに来ていました。水質検査もされていて冷たくて美味しかったです。

道の駅はくしゅう(標高617m)から尾白川林道に入り標高を上げていきます。道幅が細く落石の形跡も多くて慎重に。途中、孔雀の雌が道を横断していました。

8:40 矢立石の登山口に到着。我々が到着した直後に車3台が次々と到着して車9台、バイク1台が駐車。ほぼ満車となりました。休日だともっと早い時間に埋まってしまうかもしれませんね。斜面側に沿って帰る方向に斜めに停めるように看板が立てられていました。

車の外には大きなアブ?が沢山寄って来たので車内で準備。車外に出る時は虫除けスプレーを噴射しまくりました。虫除け必携です。

9:05 矢立石(標高1120m)、スタート!

コースは矢立石から稜線を登るルートと、尾白川林道を進み錦滝付近から雁ヶ原へ直登するルートがありますが、雁ヶ原から錦滝への下りは通行禁止の看板が出ていました。

今回は子供もいるので無理せず稜線のハイキングコースを往復するコースとしました。スタート地点には「0/10」(表記は左右逆)の看板があり頂上までの目安となりました。

登り始めてすぐの所に炭焼釜?この辺りの斜面には巨大な岩が何個もありましたが、矢立石だったのかな?

9:18 一合目。小さな花を見つけながらハイキング。
ホトトギス

フシグロセンノウ


9:31 二合目。登山道の整備で古タイヤが使われていました。よく整備された登山道で歩きやすかったです。

傾斜の緩くなった所で右手の木々の間に八ヶ岳が見えてホッと一息。

9:49 三合目。天保十三年と刻まれていました。1842年というと江戸時代、水戸の偕楽園が造園された頃の物のようです。

10:00 四合目。ふさふさの苔。

10:11 五合目。左手に黒戸尾根がチラチラ見えて山頂からの眺めに期待が膨らみます。

10:17 六合目。気温は暑くもなく寒くもなくちょうど良い登山日和。

10:24 七合目。ここから八合目までの登りが一番急だったかな。

10:36 八合目。ここからは傾斜も緩やかになります。この区間は走ると気持ちいいでしょうね。

少し下るとアメダスが見えてきました。

10:44 九合目(標高1650m)。日向山雨量観測所が正式名称のようです。

ひと登りで山頂への分岐。左:登山道(雁ヶ原)、右:三角点(山頂)。

10:51 日向山(標高1660m)、到着!樹木に覆われて眺望はないので写真だけ撮って分岐まで戻り雁ヶ原へ。

ここからはダッシュがおススメと聞いていたので娘とダッシュで砂浜へ飛び出しました!

突然視界が開け、予想以上の絶景に思わず奇声を発してしまいました(笑)

左手には甲斐駒ヶ岳!

右手には八ヶ岳連邦。さらに右へ回り込むと奥秩父の山々まで見えました。

正面には山梨百名山の雨乞山。

吸い込まれそうな砂の急斜面。

砂の斜面を少し下って見上げる。

日差しが強いので右手の木陰で休憩しているグループが多かったです。絶景を眺めながら味噌きゅうり、ミニトマト、おにぎり。南アルプスの天然水で入れたコーヒーが美味しかったな~。

休憩の後は左手の先まで行ってみました。砂の斜面をトラーバスすると先日登った鳳凰三山富士山も見えてきました!

地蔵岳のオベリスクも肉眼ではっきり見ることができました。

日向山山頂を振り返る。

砂浜の先端をよじ登った先には石碑がありました。

南側も砂の斜面。看板が見えたので駆け下りてみると錦滝への下山道でした。

坂道ダッシュで戻る。一気に心拍数が上がりました(苦笑)

12:50 下山開始。何やら珍しい植物が咲いて?いました。
オヤマボクチ

サルオガセ

登りと同じ道なので安心して下れました。矢立石登山口の駐車場が空くのを待ってこの時間から登ってくる方々もいました。

14:17 無事に下山!

尾白川駐車場まで40分の標識がありました。今回は子供もいたので矢立石からでちょうど良いボリュームでしたが、トレーニングだったら尾白川駐車場の方が駐車場も広いし良いでしょうね。

下山後は、「白州・尾白の森名水公園べるが」内にある「甲斐駒ヶ岳温泉 尾白の湯」でサッパリしました。入園料が200円。温泉は大人720円、小学生420円。綺麗な施設で、露天風呂の超高濃度温泉の赤湯に編み笠を被ってのんびり入れました。男性用の風呂からは八ヶ岳が木の陰になってしまっていましたが、女性用からは良く見えたようです。キャンプ場などもありまた来てみたいなと思いました。

帰りもお土産を買いに「道の駅はくしゅう」に寄り道。八ヶ岳の天然氷で作ったかき氷をいただきました。白州の桃を丸ごと一個使ったかき氷が甘酸っぱくて美味しかったな~。

お天気にも恵まれて大満足の登山となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿