2014年8月1日金曜日

赤城山(ビジターセンター~赤城神社~黒檜山~駒ヶ岳~ビジターセンター)

7/30(水)、自転車の赤城山ヒルクライムの試走後、『 赤城山 』に登ってきました。
赤城神社と黒檜山

赤城山(あかぎさん、あかぎやま)は、上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)の一つ。赤城山という頂きは無く、カルデラ湖である大沼(おの)や覚満淵(かくまんぶち)の周りに、複数の外輪山や側火山が連なっています。

主な山頂

黒檜山(くろびさん)・・・ 1,827m
地蔵岳(じぞうだけ)・・・ 1,674m
鈴ヶ岳(すずかだけ)・・・ 1,565m

地元の埼玉からも広い裾野の赤城山はよく見え、小学校の林間学校で登ったり、冬期は赤城おろしで寒かったりと、最も馴染みのある百名山です。

コースも沢山ありますが(小学校の時は地蔵岳に登ったみたい)、時間も少なかったので最高峰の黒檜山駒ヶ岳を縦走する短いルートを選択しました。

ビジターセンター(15:11)-駒ヶ岳登山口(15:13)-赤城神社(15:19)-黒檜山登山口(15:25)-駒ヶ岳分岐(16:04)-黒檜山(16:06/16:11)-展望台(16:13/16:18)-黒檜山(16:20)-駒ヶ岳分岐(16:21)-黒檜大神石碑(16:22)-大タルミ(16:24)-駒ヶ岳(16:43/16:50)-下降点(16:56)-駒ヶ岳登山口(17:10)-ビジターセンター(17:13)

(CT 3時間51分、行動時間2時間2分(CT53%)、累積上昇561m、累積下降569m)
 ※ビジターセンター<=>駒ヶ岳登山口間は200m、CT 3分で計算
 ※CTは赤城神社への寄り道は含まず

15:11 赤城公園ビジターセンター(標高1360m)スタート!

まずはロードで赤城神社を目指します。すぐに駒ヶ岳登山口の駐車場。

15:13 駒ヶ岳登山口(標高1360m)

さらに下って、赤城山ヒルクライムの時には荷物受け渡し会場となる おのこ駐車場(標高1345m)

おのこ駐車場から赤城神社まで、大沼湖畔に歩道が整備中でした。

15:19 赤城神社で安全祈願してからコースに復帰。

15:25 黒檜山登山口(標高1360m)

湖畔の道と沼田市へ抜ける道の分岐の右手に登山口がありました。荒れ気味で不安になる登山口。

いきなり壁の様な岩の急斜面が始まります。どこまで続くんだ~と思いましたが、最後までこの調子でした(苦笑い)。

猫岩付近から大沼と地蔵岳の眺め。青い空と湖が綺麗!

15:33 猫岩
登山口から8分ほどで猫岩。ひと段落~と思いきや、まだまだ登りは続きました。

一面岩だらけ。リボンや岩や木に書かれたマークを見失わないように注意して登りました。

この岩が見えたらもう少し。

緊急時に現在地を知らせるためのポイント番号が時々ありました。

登山口から約40分ほどかけて登りきりました。下りにしなくて良かった^^;

16:04 駒ヶ岳分岐

左手に進むとすぐ黒檜山山頂に到着。

16:06 黒檜山(標高1827m)

三等三角点が設置されていました。

ご褒美のコーラを飲んでから尾根沿いに北へ数100m進んで展望台へ。

16:13 展望台

北西から南西の方角が開けて爽快感のある斜面。晴れてはいたものの残念ながらモヤっていて遠くまで見えませんでした。空気が澄んでいる時は谷川岳、八ヶ岳、富士山まで見えるそうです。

黒檜山山頂に戻り南下開始。駒ヶ岳分岐を過ぎて1分ほどで南峰の石碑に到着。
16:22 黒檜大神石碑

更に少し下った先が花見ヶ原キャンプ場への分岐点。登山の方2名とお会いしました。

木段が整備された道で一気に高度を下げていきます。

途中、地蔵岳や小沼(この)がよく見えました。

16:24 大タルミ
このコースはあまり走れる場所がありませんでしたが、ここから駒ヶ岳の間と駒ヶ岳から鉄階段までの間は走れる区間でした。木段を登って駒ヶ岳山頂に到着。

16:43 駒ヶ岳(標高1685m)

あまり広くない頂上でしたが南東方向が開けて気持ちのいい風が吹いていました。おにぎりが美味しかった。最近はカリカリ梅の混じったおにぎりがお気に入り^^

だいぶ日も傾いてきたのでさっさと下ります。駒ヶ岳からの尾根道はなだらかな下りで走れました。

このイスの先で尾根から右に外れて下降していきます。鉄の階段が2箇所ありました。

黒檜山登山道に比べれば整備されていて走りやすかったかな。15分ほどで登山口に到着。登山口の手前で親子の登山者に追いつきました。

17:10 駒ヶ岳登山口

覚満淵にも寄ろうかと思っていましたが、だいぶ日が暮れてしまったので、200mほどロードを走ってそのままビジターセンターに戻りました。

17:13 赤城公園ビジターセンター、ゴール!

帰りはいつもの「富士見温泉」に寄ってサッパリしました。水曜日は通常510円が50円引きの460円。ちょっとお得でした^^

マッサージ椅子は15分200円。いい一日になりました。

他にもいろいろなコースがあるようなのでまた登りに行きたいなと思います。


■ウェア、シューズ
サンバイザー/OR
ウェア/STY2014 Tシャツ
パンツ/adidasランパン
ソックス/RxL TBW-900
シューズ/inov-8 TrailRoc 245
テーピング/New-HALE(足首)

(未使用)
レインウェア/finetrack エバーブレスフォトン
ウィンドブレーカー/mont-bell EXライト ウインドジャケット
グローブ/ORバーサライナー

※下山時は気温20℃くらいまでに下がっていました。

■装備
バックパック/TNF SHRIKE 12L
防水バッグ/SEA TO SUMMIT 5L
ヘッドライト/PETZL ティカXP2(+予備電池)
地図/山と高原(赤城・皇海・筑波)
コンパス/SILVA No.3R
GPSウォッチ/Garmin Forerunner910XT
エマージェンシーキット、熊鈴、ホイッスル、細引き(3mmx5m)、ダクトテープ、トイレットペーパー、テーピング、保険証、防水マップケース、携帯電話、充電池、デジカメ(+自在三脚)、速乾性タオル

■水、食料(消費したもの)
ポカリスエット 500ml/125kcal
コカ・コーラ 500ml/225kcal
おにぎり1個/178kcal

■GPSデータ
上り:561m、569m。

4 件のコメント:

  1. 赤城山ヒルクライムと登山お疲れ様でした。赤城山の宣伝ありがとうございます。

    平日でも朝8時ころから登ると下山して来る自転車(老人ライダー中心です)はもっと多かったかと思います。山屋はニワトリのように朝が早い人が多いですよね。

    自転車で登った後の黒檜山登山でも40分程度で登頂とさすがに速いですね。
    先週の日曜日に私も黒檜山に登りましたら頂上で富士登山競走2連覇の松本大さんに会いました。30人くらいのスカイランナーの初心者らしき人たちを連れて講習会をやていたようです。元教師らしく、いい年の大人たちを子供のようにあしらっていました。
    5月ころまでは富士山もよく見えていましたが梅雨以来まったく見えなくなってしまいました。他の登山者に筑波山などが見える事を教えても大した反応もありませんが、富士山が見えることを伝えると非常に喜ばれて、やはり富士山は特別な存在なんですね。

    ヒルクライム大会の当日の朝は先頭の選手がゴールするまでに時間もあり、寒いので地蔵岳に登ると時間調整にちょうどいいようです。往復1時間くらいです。天気が良ければ富士山も見えます。

    返信削除
    返信
    1. >前橋庶民さん、こんにちは!
      そうですね、山の朝は早いですね^^;
      松本大さんも赤城山で練習会をされているのですね!こんなにトレイルがあるとは知りませんでした。
      この夏は雨が多くて山にもあまり行けませんが、ヒルクライム当日はいい天気になって欲しいですね。
      大会までにもう一回は訪れて地蔵岳にも登ってみたいと思います!

      削除
  2. こんばんは。
    地蔵岳登山でしたらゴール地点の売店前に自転車を置かれて、ゴールの南側の新坂平駐車場登山口から登られれば、よういちさんでしたら15分前後で登頂できると思います。
    走られるのでしたら鍋割山もおすすめです。
    姫百合駐車場の所に登山口があります。山頂までの中間地点くらいにある荒山高原の手前付近は岩が多く走り辛いですが、ここ以外は傾斜も手ごろでアップダウンもありまして、距離は余り長くありませんが面白いかと思います。
    荒山高原(ここに出てから右に曲がりますが、やや道の方向が分かりにくいので注意が必要です)までは林道でそこから徐々に高度を上げながら関東平野の眺めがよくなります。天気次第では谷川連峰・浅間山・富士山・新宿ビル群・スカイツリーなども見えます。
    もし気が向かれるようでしたら行かれてみてください。

    因みに元旦の初日の出は毎年ここで見ています。

    返信削除
    返信
    1. >前橋庶民さん、こんにちは!
      詳しい情報ありがとうございます。地蔵岳は手軽に登れそうですね。
      鍋割山は展望が素晴らしいようですね。初日の出も綺麗なんでしょうね。
      晴れの日を狙って、是非、行ってみたいと思います!

      削除