2014年7月20日日曜日

沖縄シリーズ4(名護市内 朝ランコース)

沖縄シリーズ第1弾(古宇利島観光ラン)
沖縄シリーズ第2弾(本部半島観光ラン)
沖縄シリーズ第3弾(那覇市内観光ラン)

沖縄シリーズ第4弾!(最終回)
ひんぷんガジュマル

書きかけのブログが消えてしまったり、仕事で遅かったりでちょっと間が空いてしまいましたが最終回は名護市内で気に入ったコースをご紹介します。

21世紀の森公園

ラグビー場、名護市営球場、人工ビーチ、200m土トラックなどがあり、朝はジョギングや散歩をしている人も多く見かけました。

名護市営球場は1978年からプロ野球・北海道日本ハムファイターズが春季キャンプを行うそうで、2006年の三冠(アジアシリーズ、日本シリーズ、パ・リーグ)達成記念の碑が建っていました。

一周2kmのジョギングコース(距離表示なし)がありましたが、鋭角カーブや道幅が狭くてペース走には不向き。

芝生が多いのでのんびりジョグするのに最適でした。

R58
沖縄の大動脈、国道58号線。実は鹿児島から繋がっていて、海上部分も含めると国内最長の国道なんだそうです。

名護市内は2車線のバイパスになっていて歩道も広くて夜も走れました。タクシー運転手の話では昔はここまで海岸線でしたが、海洋博の時に海岸線を埋め立てて今のバイパスが造られたそうです。

朝(明るい時間)であれば、ブセナまでの海岸線は信号もなくフラットでペース走には最適。海風の影響はありますが開放感があって気持ち良かったです。


名護からブセナの中間あたりには、沖縄県第1号店の道の駅 許田。

許田ICとの立体交差付近にヘリオス酒造の入口がありました。

許田漁港を過ぎると、幸喜ビーチ沿いの海岸線。ホテルもありリゾートな雰囲気に変わります。幸喜公園に車を止めて海岸線をジョギングしている方もいました。

ザ・ブセナテラスの入口、喜瀬交差点で折り返し。往復約18kmくらいでした。

名護城(なんぐすく)公園

正面から登れば階段トレーニング、右から登れば坂道トレーニングになるコース。

階段コースは一直線の登りで足元に段数が書かれていました。合計458段(青字)。途中で坂道の道を渡るところから135段(赤字)。

坂道と交差するところは名護市内が一望できるお気に入りのビュースポットでした。

名護城跡は樹木に覆われて展望がないので、坂道に戻って上を目指します。小さな公園が点在しています。

街中に近い所にもいるんだ。。。

ここから斜度がさらに急に。

ゴールの展望台。標高差150mくらいかな。今年はエントリーしていませんが富士登山競走前だったらいい練習コースになりましたね。

名護市営陸上競技場

朝晩は近所のお爺さんお婆さん達がラジオ体操していたりウォーキングしていたりお喋りしていたりとのんびりした雰囲気。綺麗なトラックで走りやすかったです。

日本陸連第二種公認。

入口に自販機がありましたがやっぱり空き缶を捨てるゴミ箱がない。。ランニングの途中では買えませんね^^;

以上、名護市内のお気に入りコースでした。




0 件のコメント:

コメントを投稿