2014年4月16日水曜日

第6回ハセツネ30K

4/13(日)、『 第6回ハセツネ30K 』 に参加してきました。初参加です。

今年のハセツネ30Kは男子1,000位以内、女子100位以内に入ると秋の本戦の優先エントリー権を獲得できるという特典が付きました。昨年コテンパンにやられたハセツネのリベンジは今年のハセツネで返すしかありません。例年この時期は青梅高水山に参加していましたが、今年はこちらに参加することにしました。

前回の投稿に書いた通りここ2ヶ月全く練習できていないので、唯一の目標は1000位以内で完走すること。普通に走れれば1000位以内に入ることは難しくないと思いますが、痙攣や捻挫で走れなくなることが一番怖い。

息が上がらないようペースに注意し、時々写真を撮りながら楽しく走りました。それでも第1CPから攣りまくりでしたが...(苦笑)

第1CP 52分02秒
第2CP 1時間45分13秒 (Lap 53'11)
第3CP 3時間01分53秒 (Lap 1:16'39)
ゴール 3時間41分39秒 (Lap 39'51)

男子146位。何はともあれ1000位以内でゴールできてホッとしました。

では、レースを振り返ります。

04:30 ... 起床。睡眠4時間半の割にそれほど眠くない。90分の法則か。駅に向かう途中で朝食、補給食、水などを購入。

06:30 ... 調布駅~分倍河原~立川~武蔵五日市。朝食は、いちごサンド238kcal、おにぎり(2個)190kcal、173kcal、オレンジジュース(395ml)51kcalで合計652kcal。

07:34 ... 武蔵五日市駅に到着。駅コンビニでゴール後に摂るアミノ酸を買い足したりトイレに寄ったりしながら会場に向かう(徒歩25分くらい)。小和田橋の右手前に選手駐車場がありました。他にも1日1000円の駐車場などもありました。2週間後に行われるUTMF/STYの練習として参加している選手も多く、前日もしっかりトレーニングした上でランや自転車で自走して来ている人もいたようです。

08:08 ... 会場の秋川リバーシオ(あきる野市旧青少年旅行村)入口に到着。が、いきなりの受付渋滞!間に合うか焦りましたが意外とあっさり10分ほどで受付できました。受付の前に装備チェックがあり、「山岳保険」「雨具」「防寒着」「水1.5L」「行動食」を見せて確認済の紙札を渡されて受付でゼッケンとRCチップを受け取りました。

適当なスペースでゼッケン(前のみ)を付けて、テーピング(足首)をして着替えて荷物預けと思ったら、今度は荷物預け渋滞!!

8:40 ... 流石にこれは無理だと諦め。貴重品だけザックに入れて、残りの荷物は持参した大きなビニール袋に入れ、同じように置いていく人たちの荷物の近くに置いてスタート地点へ向かいました。が、ホッとしたのもつかの間、RCチップの付け忘れ!!!に気づくorz。まあ、スタート前でよかったか。

「 8:50を過ぎたら最後列からのスタートとなりま~す 」 などという放送が流れていたので、大慌てで戻ってRCチップを握りしめてスタート地点へ急ぎました。

スタート5分前。何とか3時間台のエリアに戻ってRCチップを装着し始めたら「余裕ですね~」と声をかけられる。ユタカさんでした(笑)ようやく落ち着いたところでスタート1分前。何とか間に合いました。

エントリーは2,003名、出走者数は1,790名(男子1,573名、女子217名)。

コースは16.9kmの第2CPまでほぼロード、後半はハセツネ本戦のコースを逆走するトレイルで合計距離32km(GPS計測では30.87km)。ロードでのダメージを最小限にして市道山分岐から始まる峰見通りまで脚を温存したいと考えていました。



9:00 ... 秋川リバーシオスタート!

スタートは写真の位置(GPSでは30m)でしたがスタートロスは34秒。スタート後も混んでいてペースは上がりませんでしたが焦らず流れに任せて進みます。

小和田橋を渡り急坂を登って檜原街道へ。檜原街道も一車線がカラーコーンで仕切られたコースで混雑していたので流れに任せて進みました。

小中野 9'14 *GPS2.0km

ここまでペースが速いのか遅いのか分かりませんでしたが、どこかのブログで刈寄山の渋滞回避のためにはここを10'00以内で~と書かれていたので少しほっとしました。

沢戸橋を渡り刈寄林道に入ります。ようやくバラけてきました。約5kmで500m弱の登り。富士山の中ノ茶屋から馬返し間を思い出すようなロードの登りが続きます。結構抜かれましたが気にせず息が上がらないよう注意しながらマイペースで走りました。

5km付近で採石場の砂利道に入りました。所々で桜が咲いていて綺麗でした。

段々と走り難くなる砂利道。徐々に歩きも入る。

何やら前方に怪しげな列が・・・。

木段渋滞でした。ゆっくりでも進んでいただけマシかな。後方では30分くらい動かなかったようです。

少しだけシングルトラックを走って刈寄山(かりよせやま)に到着。木段の登り始めから12分ほどでした。

刈寄山(標高687m) 48'21 *GPS7.1km

この先の下りもシングルトラックのため前の人のペースに合わせて一列で下っていきます。

入山峠(第1関門:6.9km、標高600m) 52'02 *GPS7.7km

スタッフや応援の方々が数名で声援を送って下さいました。ここから長~い下り坂のロード(盆堀林道)。得意のロードで少し挽回したいなと思った矢先、ふくらはぎが痙攣しそうになる・・・えっ!もう?!

ここまで抑えてきたつもりでしたが、こんな早い段階で攣るとは自分の衰えっぷりにびっくり。

ガンガン抜かれましたが目標は完走なので焦りもなく、ペースを落として水分を多めに摂るよう意識して様子を見ることに。スニッカーズミニも補給しました。

開放感のあるいい眺めに思わず撮影。すると後ろから「余裕ですね~」と声をかけられました。

雑談しているうちに、なんと!お互い共通のラン友さんから間接的に知っていたハットリさんと分かり走りながら握手(笑) 練習不足でSTYにも参加されるという同じ状況でお話しながら楽しく走ることができました^^ ちなみに練習兼ねて自宅から自転車(片道90分)で来られたそうです。

森久保分岐 1:11'13 *GPS12.2km

森久保分岐も桜が綺麗でした。ここでもスタッフや応援の方々の声援を受けて長~い登りのロード(醍醐林道)に入ります。この区間も走れる斜度でした。

途中順位が分からず不安でしたが、応援の方が130番前後と教えて下さいました。1000位以内が安全圏と分かり少し安心しました。

この辺りは桜のトンネルが綺麗。

篠窪峠仮設登山口(第2関門:16.9km) 1:45'13 *GPS17.4km

第2CPを通過して右斜面の急登にとりつきます。この辺りから再びふくらはぎが攣り始め、徐々に攣る間隔が短くなってきました。下りに備えてグローブを装着。ウィダーinゼリーも補給しました。

醍醐丸15kmポスト(18km) 1:58'03 *GPS18.5km

気持ちよく走りたかった吊り尾根でしたが、攣り尾根となってしまいましたorz。特に登りから下りに変わる瞬間は確実に攣る。

ペースを落として走るものの20km標識付近で限界に。ここで、今までお守り代わりで一度も使ったことのなかった芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)があることを思い出し、飲んでみました。

効果あり。一瞬で何かが変わる感じがしました。その後も時々攣りましたが発生頻度は落ちてくれました。足の着き方もいろいろ試したりしながらペースを落としてしのぎました。踵着地を意識したのが効果的だったかな。前足部で強く接地し過ぎなのかもしれません。

市道山分岐 2:20'43 *GPS21.0km

ここからアップダウンの連続する難所、峰見通りに入ります。ロードが多いコースと聞いていたのでトレイルシューズ(inov-8 TrailRoc 245)とランシューズ(adizero Japan2)で迷いましたが、今回はランシューズで走りました。この写真の急激な下り坂以外は何とかなりました。後半重視であればinov-8の方が楽しめたと思いますが。

入山峠(第3関門:26km、標高600m) 3:01'53 *GPS25.2km

ここまで来ると標高も下がり暖かくなった春のトレイルをのんびり楽しみました。

今熊山(28.5km、標高505m) 4:56'33 *GPS27.7km
素敵な参道だな~と写真撮影。あ、ツダミツさんだ!さらにこの先でヨシエさんに発見していただきました。応援ありがとうございました!

本戦では通らない今熊山山頂には今熊神社の奥宮があります。桜が綺麗でした。カメラマンと撮り合い(笑)

ここからの下りは狭く急なトレイルでした。ハイカーの方も多かったのですが道を譲っていただいた上に応援までして下さる方々ばかりで大変恐縮でした。

変電所の手前で残り2km。再び本戦のコース(逆走)に戻ります。

脚も持ちそうだったので少しだけペースアップして気持ちよく駆け下りました。

廣徳寺で本戦のコースと別れ、境内を抜けて裏山を通ってゴール裏から一気に駆け下りて、
ゴール!(秋川リバーシオ、32km) *GPS30.87km

ゴール地点は応援の方々が多くて盛り上がっていました。ゴール後にかすみさんに声をかけていただきました。

RCチップを外して参加賞の「のらぼう」、手ぬぐい、Tシャツをいただきました。ボランティアで参加されていた、ちえぞーさん、しおりんさんにもお会いできました。

完走賞をもらいに行く途中でヤマタカさんと少しお話しできました。着替えながらハットリさんと再会。ゴール手前で攣ってしまったとのこと。STYではお互い無事に完走したいですね。オノくんも全然練習できてなかったそうですが、それでもあれだけ走れてしまうのは流石だなあ。体はしぼれているように見えました。見習わなきゃ。マツモトさんは脚に痛みが出てDNF。第1CPから歩いて下山したそうです。脚痛いのにあの距離を歩いて戻るのは大変だよな。。。お疲れ様でした。

けんちんうどん(300円)を食べながら大失速したイケさんと反省会。イケさんも全然練習できていなかったとか。練習しないとダメだね~という当然の結論に(笑)。

スタート地点の近くにあった枝垂れ桜が見事でした。

ボランティアや応援、関係者の皆さんありがとうございました。本戦には万全の状態で臨めるよう、あと半年しっかり準備したいと思います。

■ウェア
サンバイザー/OR
ウェア/asics ノースリーブシャツ
パンツ/adidas ランパン
グローブ/パールイズミ バイク用指出し
ソックス/drymax LITE TRAIL RUNNING 1/4 CREW
シューズ/adidas adizero Japan2
テーピング/New-HALE(足首)

レインウェア/finetrack エバーブレスフォトン
ウィンドブレーカー/mont-bell EXライト ウインドジャケット

※ウェアは特に問題なし。
※ウィンドブレーカーとレインウェアは未着用。

■装備
バックパック/GREGORY Tempo 5
ボトル/Salomon Soft Flask 500ml
GPSウォッチ/Garmin Forerunner910XT
エマージェンシーキット

※Tempo5はデビュー戦。ソフトで背負い心地がとても良かったです。物も入るし携帯を入れるポケットやハイドレのホースを収める場所なども機能的で使いやすかったです。気に入りました。

■水、食料
REPLENISH(ハイドレ1L)/1L消費
ポカリスエット(ソフトフラスク500ml)/未消費
ウィダーinゼリーゴールド/180kcal
スニッカーズmini/96kcal

■GPSデータ
距離:30.87km、累積標高:1,829m

0 件のコメント:

コメントを投稿