2014年1月15日水曜日

第56回葛飾柴又ロードレース大会(5kmの部)

2014/1/12(日)、『 第56回葛飾柴又ロードレース大会 』の5kmの部にスピード練習の一環で参加してきました。年末の10kmレースにつづいて久しぶりの5kmレースです。一向にスピードが上がって来なくて困っており、競走相手の力を借りることにしました。

最寄駅を9:56に出発して11:09に柴又駅に到着。ふうてんの寅(寅さん)がお出迎え。

柴又駅からは徒歩で11:20に矢切の渡し公園(柴又公園)に到着。

暖かくていい天気のため芝生の上で着替えている人も多かったです。

受付を済ませ、ランシャツにゼッケン(前後。前にチップ付)を付けた後、W-upで2km jog。貴重品預けはなし。スタート10分前に招集場所へ移動しました。

12:05 ... 5kmの部スタート!

5kmの部は男子が一般(高校生含む)、30~39歳、40~49歳、50歳以上の部に分かれており、女子は一般、40~49歳、50歳以上の部に分かれていました。

コースは、江戸川河川敷を上流へ2km過ぎまで行き、葛飾橋の手前で土手の上に上がって下流に向かいます。3km過ぎで再び河川敷に降りて、スタート地点を通り過ぎて300mで第2折り返し。ラスト300mというコースです。河川敷はほぼ砂利道。距離表示はありません。

スタートして500mくらいでバラけて10番手くらい。砂利道で走り難い。滑らないようにできるだけ蹴らないように走りました。葛飾橋の手前で土手に上がるところでトップとは100mくらいの差。年代別では50m差の2番手でした。土手の上はやや向かい風の舗装路。一人に抜かれましたが大きくタレることなく走れました。やはりレースだと目標があるのでいい練習になりますね。

3km~4kmでは年代別1位のランナーが徐々に近づいてきたので粘ることができました。この辺りで1~2人抜いたかな。

残り1kmを過ぎ、スタート地点を通り過ぎる頃には年代別1位のランナーまで5mくらい。残り300mの第2折り返しを回って追いつきました。相手は気がついていない様子。

第2折り返しの前後20mくらいだけ舗装路になっており、ここで加速をつけて一気に勝負を仕掛けました。一瞬、離れたかなと思いましたが、相手もゼッケンで同年代ということが分かったのか再びペースアップしてきて壮絶な叩きあい。最後は自分の脚が空回りしてしまい突き放されてゴール(残念)。もう少しためてから仕掛ければよかったなあ。

Garminの計測では 5.05kmで 17'59(3'33/km)。ラップは、3'24-3'33-3'43-3'37-3'30-10" でした。2~3kmは坂道もあったのでペースが落ちていますが、ほぼ砂利道であることを考慮すれば、だいぶスピードは戻ってきたかなと思います。

ゴール直後に完走証を発行。40歳代2位。

ダウンjogをしていたら12:30から表彰式とのアナウンスがあったので急いで集合場所へ行ったら、富士登山駅伝で襷をつないだマッキーがいました。練習ができていないので流して走ったそうですが、それでも若い年代で入賞だったそうです。流石!

表彰は各部10位までで1~3位は賞状・盾、4~10位は賞状が授与されました。盾の大きさが1~3位で違いました。くやしい~(笑)

完走証と参加賞のタオル

レース後は、新春多摩川30kmに参加したランナー仲間との新年会で駒沢へ移動。

美味しいお好み焼きとビールをいただきました。

今年の初戦はまずまずの、、、と思いきや、翌日から風邪の症状が出始め、悪寒、咳(咳をすると肺が痛い)、熱と酷い風邪になってしまいました。冷たいビールで体を冷やしてしまったかなあ。。。ランナー仲間から咳、気管支系の風邪に対して市販薬最強と紹介していただいたパブロンAX(大正製薬)で何とか症状を押さえていますが、食欲もなくてまだ数日かかりそうです。

直前の風邪で別大での記録更新は難しい状況になりましたが、諦めずに戦いたいと思います。

ちなみに今回のレース前日はランオフにして、埼玉県の小川町へ家族で遊びにいってきました。天気も良く、全長203mのローラーすべり台など楽しむことができました^^

0 件のコメント:

コメントを投稿