2013年4月19日金曜日

STYの装備計画

明後日には長野マラソンですが、『 STY 』もあと一週間。4/2に書類一式が送られてきています。必携品リストを確認しながら準備しました。

【UTMF/STY必携品リスト】
----------------------------------------------
1. コースマップ(大会公式サイトで公開される「全体図」、あるいは「詳細図」)
2. エントリーの際に番号を届け出た携帯電話
3. 携帯コップ(150cc以上)
4. 1L以上の水(スタート時および各エイドステーション出発時)
5. 食料
6. ライト2個、それぞれの予備電池
7. サバイバルブランケット(130cm以上X200cm以上)
8. ホイッスル
9. テーピング用テープ(包帯、ストラップになるもの。80cm以上X3cm以上)
10. 携帯トイレ
11. 保温のためのフリースなどの長袖シャツ。綿素材は認められません
12. 保温のための足首までを覆うズボンあるいはタイツ。または膝までを覆うタイツと膝までを覆うハイソックスの組み合わせ。いずれも綿素材は認められません
13. 保温のための手袋、耳までを隠す帽子
14. 雨天に備えてフードつきレインジャケットとレインパンツ。どちらも<ゴアテックス>あるいはそれと同等の防水、透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの
15. 熊鈴
16. ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)
17. 保険証
18. 配布されるナンバーカード、ICチップ
19. 配布されるフラッシュライト
----------------------------------------------

必携品については【補足説明】がされています。
----------------------------------------------
A 保温のための下半身の衣料は=1 足首までを覆うズボン、2 同じ足首までを覆うタイツ、3 丈の短いタイツとハイソックスの組み合わせ。いずれかが必携です。

B 保温のための上半身の衣料は=「暖かい空気の層」を作ることができる起毛した素材のフリースやウール、薄手のダウンなどのことです。

これらA、Bとは別に、
C 雨天に備えて=フードつきのレインジャケットと、レインパンツが必要です。
レインジャケットとレインパンツに保温性はないので、A、Bとの兼用はできません。

さらに
D 保温のための手袋
E 保温のための耳までを覆う帽子(ウール、ポリエステル製のニットキャップなど)が必要です。(BUFFは必携品として認めません)
----------------------------------------------

欲しい物はいろいろあったのですが、予算の都合上、伊豆トレイルジャーニー(ITJ)の装備をベースに、反省点を盛り込みながら有り合わせで揃えました(^^;  ●は必携品

■ウェア

サンバイザー/OR
●ニット帽/asics アウトラスト ニットワッチ
ネックウォーマー/asics ノーズフィットネックウオーマー
ウェア/山民会Tシャツ
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
アームウォーマー/asics アームウォーマー
パンツ/mont-bell トレール ランニングショーツ
●タイツ/C3fit サーマルロングタイツ
アンダー/CW-X スポーツショーツ
●グローブ/OR バーサライナー
●レインウェア/finetrack エバーブレスフォトン上下
●防寒着/TNF ライトヒートジャケット
ウィンドブレーカー/mont-bell EXライト ウインドジャケット
ソックス/X-Socks Running Short
スパッツ/mont-bell ストレッチ セミロングスパッツ ※砂礫対策
テーピング/New-HALE(膝、足首、腰/背中)

最高標高地点となる富士山中腹の四辻は標高1800m。気象庁観測21年間のデータによれば、4月の平均気温は3.12℃、最低気温はマイナス0.28℃とのこと。STYは昼間に通過できるとはいえ、その後の夜間走行なども考慮すると寒さ対策が鍵になりそうです。

ITJでは体温調節が上手くいかず着脱を繰り返したので、今回は着脱が少なく済むようなウェアリングで臨みたいと思います。

■雨天予報時は以下を追加・変更

キャップ/CW-X レインキャップ
グローブ/TNF レイングローブ
アームウォーマー/finetrack フラッドラッシュアクティブスキンアームカバー
ソックス/drymax LITE TRAIL RUNNING 1/4 CREW
             finetrack フラッドラッシュスキンメッシュソックス
ザックカバー/Berghaus RUCSAC RAIN COVER DAYPACK 15~20L

■シューズ
シューズ/adidas adizero XT3

■ザック
ザック/THE NORTH FACE SHRIKE 12L

■その他必携品

●コースマップ ※地点名、距離、高度情報を大きく記入
 防水マップケース/クラレファスニング防水マップケースM
●携帯電話/iPhone4S
 携帯バッテリー、充電ケーブル
●カップ/SEA TO SUMMIT XCUP 250ml 44g ※埃で汚れないようジップロックに収納
●水/※下記
●食料/※下記
●ハンドライト/GENTOS 閃 SG-325(単4×3本) 102g ※150lm、10時間
グリップバンドセット
●ヘッドライト/PETZL ティカXP2(単4×3本) 88g ※60lm、80時間
●ヘッドライト(予備)/mont-bel マイクロヘッドランプ(CR2016×2個) 32g ※11lm、12時間
●ライト予備電池(単4×6本、CR2016×2個)
●サバイバルブランケット
●ホイッスル/ヘッドライト付属
●テーピング用テープ
●携帯トイレ/BIGWING モシモノ水なし衛生トイレ 70g
●熊鈴
●ファーストエイドキット
●保険証
予備メガネ
コンパス/SILVA No.3R
GPSウォッチ/Garmin Forerunner910XT
デジカメ/OLYMPUS Tough TG-620 167g

携帯電話については「電源が入っている状態で必携してください。」とあるので充電器を持つことにしました。低温では電池の寿命が短くなるので予備電池などと一緒に防寒着の間などに収納しておこうかと思います。

以上を詰め込んで重量を計測すると水抜きで3.5kg(食料0.9kg)でした。水入れると4.5kgか...。

レギュレーションでは、「装備の総量はスタートのとき、そしてエイドステーションを出るときに2㎏を超えること。そしてコース上すべての場所において1㎏以下にならないこと。」となっていますが下回ることはなさそうです(^^;

■水
ITJでは2.6Lの計画でしたが2.1Lしか補給できていませんでした。今回は4.8Lくらい摂りたい。ハイドレでの吸引量を測ってみたら2回で約50mlでした。1時間で400ml摂るとすると15分毎に4回吸って、2時間半で無くなる計算。

エイドの飲料(200ml*6箇所=1.2L)
ハイドレの飲料(1L*4=4L) ※3回補充(REPLENISH4袋、CCD4袋)

■補給食

ITJでは1800kcalの計画でしたが1200kcalしか補給できていませんでした。今回は3000kcalくらい摂りたい。あとはエイドで美味しそうな物があれば頂こうかな。

PowerBarジェル(120kcal*8=960kcal)
ジェルブラスト(200kcal*2=400kcal)
SNICKERS(263kcal*3=789kcal)
REPRENISH(125kcal*4=500kcal)
CCD(170kcal*4=680)
計:3329kcal

aminoVITAL顆粒(各エイド毎)

■目標タイム
STYは距離84.7km、累積標高4860m、制限時間24時間。特に目標はありませんが、目安がないとITJのようにペース配分を失敗して撃沈してしまうので、一応目安を決めておきます。入りが遅ければ無理せずその分下方修正しようと思います。

いつも通りトップ予想タイム8時間53分の1.30 倍とすると11時間33分。夜間走行もあり、長野マラソンから5日後という条件も踏まえて1.35倍で切りのいい12時間以内完走を目安にしたいと思います。

START:富士山こどもの国 13:00
A5:水ヶ塚公園(12.5km)トップ予想...14:07(1:07), 目標...14:30(1:30)
A6:太郎坊(19.6km)トップ予想...15:09(2:09), 目標...15:54(2:54) ハイドレ補給
A7:すばしり(29.0km)トップ予想...16:01(3:01), 目標...17:04(4:04)
A8:山中湖(45.4km)トップ予想...17:41(4:41), 目標...19:19(6:19) ハイドレ補給
A9:二十曲峠(51.3km)トップ予想...18:16(5:16), 目標...20:06(7:06)
A10:富士小学校(66.5km)トップ予想...19:49(6:49), 目標...22:12(9:12) ハイドレ補給
GOAL:八木崎公園(84.7km)トップ予想...21:53(8:53), 目標...01:00(12:00)

日の入りが18:28なのでA7~A8でライト点灯になりそうです。A9:二十曲峠までは十分余力を残して走り、A10:富士小学校からの残り約18kmをしっかり走りたいと思います。

2 件のコメント:

  1. お邪魔します。こんにちは。
    赤城山ヒルクライム大会2013は、インターネット申込が5月24日(金)夜8時から、郵送枠申込は6月4日(消印)からです。定員は昨年同様3千人です。大会前日の9月28日(土)にはシクロクロス競技も予定されています。
    グーグル地図のストリートビューが前橋・赤城山地域でも見られる様になりました。宿泊施設・駐車場・店の確認、下山時の渋滞回避の迂回路探し、レース直前のウォーミングアップのコース探しなどに利用されると便利です。
    クルマで試走に来られる場合、市立前橋高校駐車場(スタート地点近く)が今年も使えそうです。高校の行事等での混雑時は、敷島公園ばら園駐車場(5月下旬頃は、ばら祭りの為混雑します)又は、道の駅・赤城の恵み駐車場(十分なスペースが有ります。温泉付〈毎月第一第三火曜日は休館日〉です)での駐車がお勧めです。JR前橋駅付近にも激安パーキングが有ります。

    今年もエントリーお待ちしています。

    返信削除
  2. > 前橋庶民さん
    ご連絡ありがとうございます!
    申込情報ありがとうございます。しっかり仕事の調整しておきます^^
    駐車場情報も大変ありがたいです。
    STYが終わるとバイクシーズンに入ります。試走にも行きたいと思っています。
    今年もよろしくお願いします!

    返信削除