2013年4月14日日曜日

第15回Lafuma青梅高水山トレイルラン

4月7日、『 青梅高水山トレイルラン(15kmの部) 』に参加してきました。2年ぶり、3回目の参加です。

30kmの部と15kmの部がありますが、長野マラソンまで2週間のため今回も15kmの部。筋力と筋持久力に刺激を入れる目的で参加しました。3/29にぎっくり背中(腰ではなく背中)をやってしまい、レース2日前まで一週間走れなかったため、前日のトラック5000mレースは回避して臨みました。

05:30 ... 起床。テーピングしつつ朝食(餅3個、エナジーゼリー1個)
07:18 ... 三鷹駅発、各駅停車青梅行(途中、エナジーゼリー1個)
08:12 ... 青梅駅到着。前夜に爆弾低気圧が通過するとあって心配された天気ですが問題なしでした。

08:40 ... 永山公園でトイレに寄ってから、青梅市風の子太陽の子広場に到着。広場は日陰のためぬかるんでいましたが、谷間のため風もなく暖かく感じました。

まずは、こあしす山民会の皆さんにご挨拶の後、受付でゼッケン(前1枚)と安全ピンを貰いました。

9:30になり30kmの部(10:00スタート)の皆さんがスタート地点へ移動してから、ウォーミングアップ開始。下の平らなロードで2.4km jog、WSx2本で一汗かきました。着替えてスタート地点へ。今回は広場内がスタート地点なので移動も楽で助かりました。

スタートライン近くに、まらそんもんくさん、山民会のけいこちゃん、応援のめいさんご夫婦がいらっしゃったので、スタートまでリラックスしてすごせました。

コースは昨年からスタート・ゴール地点が広場内に変わりました。さらに今回は栗平地区を反時計回り(2010年、2011年は時計回り)でした。特に目標タイムなどはありませんでしたが、昨年(2012年)の上位の記録を見るとに一昨年(2011年)から+4分くらいのようなので、1時間15~16分くらいで走れたらいいかなと考えていました。

2011年大会 1:12'05、21位、年代別3位
2010年大会 1:15'36、26位、初トレイルレース

10:00 ... 15kmの部スタート!

スタート直後から緩い登りが始まります。慌てず徐々にポジションを上げていきます。

長い階段に入るところでざっと数えると20~25番手くらいの位置。階段を登りきって左折、すぐに右折して青梅丘陵ハイキングコースに入ります。ここからは一昨年までと同じで気持ち良く走れるコース。

尾根の上はやや冷たい風が吹いていましたが走るには心地よい風でした。前後もバラけて走りやすい。

しばらくすると急登が現れます。ここは歩き。今回、歩きの登りでは『 RUN+TRAIL vol.3 』の宮原さんの記事にあった、「足首の角度」と「肩、肩甲骨の使い方」を意識して実践してみました。坂の上ではちえぞーさんの応援をいただきました。

シングルトラックに入ってからは前後のランナーも疎らで、コース標識も少なめなので前のランナーが見えるとホッとしました(^^;

途中、森が開けて都心の高層ビルまで見渡せるポイントがありました。雨上がりで風も強かったおかげで空気が澄んで素晴らしい眺めでした!

4.5kmくらいで以前の分岐を通過(25分くらい?)。今回は少し進んでから右折(29分くらい?)して狭い急坂を下ってロードの林道に降りました。

過去の大会では登りだったロード。1kmで150mほど一気に駆け下ります。事前にめいさんから聞いていた通り、道路の両端に苔が生えていたので滑らないように道路の真ん中を通りました。

駆け下りたところで左に急カーブして栗平への山道を登り返します。Garminによれば35'30くらい。ここからの登り返しはしんどかった。結構歩きが入りました。

白く大きな一本桜?が見えてきて栗平地区に到着。待望の給水所。紙コップ一杯の水を美味しくいただきました。美味しかった~。

尾根までの登りは歩きが多かったですが平坦になったらできるだけ走りに切り替えました。8kmあたりのロープの登りは上半身に頼って何とか登りきりましたが、結構脚にきていました。

尾根に復帰(50分くらい?)して下り基調に入ります。急坂で根っ子が多い路面ではどうしてもつま先でふくらはぎに頼った着地になってしまいます。このあと3回くらいふくらはぎが攣りそうになり、止まってふくらはぎを伸ばして何とかゴールまでもたせました。

分岐を過ぎると15kmの部の往路のランナーとすれ違いになりました。このあたりは前を走っていたランナーが怒鳴り気味に突っ込んで走っていました。狭いトレイルなので譲っていただく事が多くて申し訳なかったです。お互いに上手に譲り合えればいいのですが。ちなみに譲る方は山側に避けた方が安全でいいですね。

森が開けた場所では沢山のランナーが立ち止まって綺麗な風景を写真に収めていました。しばらく混雑が続きましたが往路のランナーもひと段落。広いハイキングコースに出てからは走りやすくなりました。

ただ、ここでも別のランナーが一般ハイカーの子供に怒鳴り気味に声をかけていて、私が「ごめんね~」って謝りながら走るという・・・。トレイルランナー嫌われるは~と思いました。あれじゃ暴走族とか言われても仕方ない。貸し切ってる道ではないので、むしろこちらが気を使わなければいけないのに。このあとは走る気が失せてしまいました。

やっぱり、トレイルはのんびり一人で走るのがいいな。

最後の急な階段を降りて(このあとのぬかるみが一番危なかった)、遠くからめいさんご夫婦が手を振っているのが見えたので手を振って応え、ゴールへ駆け込みました。

ゴール後は美味しい水とオレンジ、ゼッケンのチップと交換で参加賞のグローブをいただきました。

サンダルに履き替えて脚を洗っていると、まらそんもんくさんと再会でき健闘を称えあいました。

一旦、めいさんの所で30kmの部の入賞者の走りを応援観戦してから、荷物に戻ったところで、15kmの部入賞のねぎぼうずさんとお会いすることもできました。トレーニング方法や近況など楽しく長話させていただきました^^

その後、めいさんご夫婦、応援ランのとやさん、けいこちゃんと共に30kmの部の応援。わださん、ロータスさんのゴールを見届けたあと、けいこちゃんの表彰式を皆で撮影会(笑)

かすみさんは怪我でDNFとなってしまったようですが、さく蔵さん、あうとさいどさん、少ししてからキキさんも無事にゴールされました。

帰りはニワカ雨が降ってきたので建物の中で雨宿り。通り雨だったようですぐにいい天気に戻りました。青梅駅でビールで乾杯♪ 立川のエキナカであうとさいどさん推奨のオムソバをがっつり食べて帰りました。

後日発表の正式タイムは、1:17'29、18位、年代別2位でした。15kmの部のエントリーは男女合計で1105名、出走686名(男子496名、女子190名)、DNF1名。ちなみに年代別1位は1:17'00でした。

4/10に賞状が送られてきました。別の年代1位のまらそんもんくさんに聞いたところ賞品はソックスだったそうです。惜しかった。

関係者の皆さん、応援の皆さんありがとうございました。

■ウェア、シューズ
サンバイザー/OR
ウェア/山民会Tシャツ
タイツ/SKINS スポーツハーフタイツ
アンダー/CW-X スポーツショーツ
グローブ/パールイズミ バイク用指出し
テーピング/New-HALE(自作足首)
ソックス/X-Socks Run Speed One
シューズ/adizero XT3

■補給
水: 給水所で紙コップ一杯

■GPSログ

0 件のコメント:

コメントを投稿