2013年3月4日月曜日

長野マラソンに向けて

長野マラソンまであと7週間。これから急激な走力アップは望めないと思います。延岡の反省点を考慮してこの短期間で出来ることを考えてみました。

  • インターバルトレーニング
  • 減量
  • コンディショニング

インターバルトレーニングは故障のリスクが高まりますが即効性もあるトレーニング。残りの日数を考えるとこれしかないだろう。延岡ではスピードに対する余裕度が低かったのだと思う。3'45/kmのスピード感に慣れて、3'45/kmの体の動きを効率的にできるようにすることがポイントになると思う。

スタミナの土台はすり減って来ているかもしれないがLSDで疲労抜きを兼ねて最低限のスタミナはキープしたい。

延岡は防府より減量できたが結果につながらなかった。直前までの減量が良くなかった。3月末(3週間前)までにどこまで落とせるかがポイント。この一ヶ月が勝負。食事制限はやりたくないが、この一ヶ月は夕食を制限して減量につなげたい。たった一ヶ月だ。

延岡では直前3週間のコンディショニングの難しさを痛感した。特に週末のポイントの負荷と疲労度をしっかり感じて、スケジュールを追わず体調を追うようにしたい。4月に入ったら休むことを恐れずにコンディションを上げていきたい。

今シーズンもあと48日で終わり。後悔を残さないよう『一日一生』の気持ちで過ごしたい。


今年も延岡西日本マラソン大会事務局から記録証と写真を送っていただきました。ありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿