2013年2月16日土曜日

延岡西日本マラソン翌日

レース後は宮崎市内に移動して宮崎駅前のホテルに宿泊しました。

翌朝2/11(月・祝)。ここから再スタートの朝ラン。

昨年は腸脛靭帯炎が悪化してほとんど走れませんでした。今年はふくらはぎはガチガチでしたが、レース後のアイシングや栄養補給のお陰か筋肉痛はありませんでした。

宮崎市内は12月に開催される青太(青島太平洋マラソン)のコースの一部(10km過ぎから20km過ぎ)を走ってみました。青太もいつか走ってみたい大会の一つです。

国道220号。メインストリートの橘通り。南国気分になれる解放感のある大通り。

県庁前交差点から県庁前を通る緑豊かなクス並木通りWBC日本代表が2/15(金)~21(木)まで合宿を行うという事で、市内のあちらこちらにペナントが掲げられていました。

宮崎県庁。地上3階、地下1階。1932年完成。現役の県庁・本庁舎としては日本で4番目に古い建物だそうです。

宮崎八幡宮。平安時代に創建された古社だそうです。

一旦、大淀大橋で大淀川を渡って遡り、再び国道220号線(青太コース)へ復帰。

橘橋。長さは389メートル。広い歩道で走りやすい。

橘通3丁目を過ぎると国道10号。しばらく進むと左手に宮崎神宮への入口が現れます。レースでは15km過ぎ。

宮崎神宮一の鳥居。初代天皇の神武天皇とその父母を祀る宮崎の象徴。


市民マラソン大会が開催される日だったようでランナーや係員が集まっていました。


2/11は建国記念日。神武天皇が初代天皇として即位された日ということで紀元祭の準備が行われていました。

一時間ほど走ってふくらはぎもだいぶ解れました。

朝食を食べて、10時にチェックアウト。

定刻通り、11:30の飛行機で帰路につきました。

ANA 608 宮崎(11:30) - 東京(羽田)(13:00)


0 件のコメント:

コメントを投稿