2013年2月4日月曜日

調整期(1週目)

いよいよ調整期(2週間)に入りました。先週末のトレイル駅伝でのダメージが予想以上に大きく故障スレスレでしたが何とか回避できた模様です。

28日(月) 休み
29日(火) 朝 10km jog
30日(水) 夜 ペース走、15km、1:01'55(4'08/km)
31日(木) 休み
01日(金) 休み
02日(土) 夕 90分LSD、11.87km(7'35/km)
03日(日) 朝 ペース走、10km、38':54(3'53/km)

先週のスピード練習の効果か火曜日は脚が軽く感じたのですが、体の芯にダメージが残っていました。

1/30(水)は、2.5kmアップ、15kmペース走(20'39-20'32-20'44)、2kmダウン。走り始めるとふくらはぎがガチガチ。後半良くなるかと我慢しましたが、徐々に悪化してふくらはぎやアキレス腱が痛くなってしまいました。風も強かったのと、サーマルロングタイツも走り難かった。

左膝周りにも軽い痛みが出てしまい、思い切って2日間オフにしました。1月のランの走行距離は、327.6km。バイクは1回で120.7kmで終わりました。

2/2(土)は、味の素スタジアム西競技場で開催された『 親子ランニング教室 』に子供と参加してきました。午前の部のゲストは世界陸上金メダリストの谷口浩美さん。エアラン東京のコーチ陣から子供への教え方や教えるポイントを教えていただきました。

小学校低学年のうちに運動神経に刺激を与えることは重要なことのようです。学校では泳ぎ方を教えるのに何故走り方や投げ方を教えないんでしょうね。ランニングも技術なのに。ちょっとしたポイントを教えるだけで走りが良くなっていました。

午後の部(上級生向け)の講師は五輪メダリスト室伏広治選手や末續慎吾選手を始めミズノ所属選手達。少しだけスタンドから見学しました。一流選手の動きを見せるのも効果的だと思いました。子供は真似が上手ですからね。特に短距離選手はドリルをやっているせいか動きが洗練されていて美しいなと思いました。

夕方、LSD(時間の都合で90分で終了)で脚の回復具合を確認。この時期44年振りの暑い一日。夕方でも18℃もあり後半は少し動くようになりました。

2/3(日)は、2.5kmアップ、10kmペース走(19'43-19'11)、3kmダウン。
3'58 - 3'59 - 3'57 - 3'56 - 3'52 - 3'51 - 3'51 - 3'50 - 3'51 - 3'46

水曜日よりは脚の硬さも解れていましたが、バネが無くて重く感じました。ラップも4kmくらいまでは上がりませんでしたが、後半少しだけ戻せたのは良かったかな。両足底に軽い痛みが出たのでしっかり張りを解したいと思います。

午後は別大マラソンをテレビ観戦。川内選手と中本選手の歴史に残る激闘を見ることができ感動しました。最後は気持ちだな。今年も多くのラン仲間がベスト記録を更新して刺激になりました。別大は自分の中では以前の参加標準記録2時間50分を切ってからと思っていました。昨年末の防府で2時間50分を切り、来年以降は参加を検討したいと思います。

残り一週間、今回はあまり極端なカーボローディングはせず、直前のはちみつロードだけにして体重増に注意したいと思います。

  • 今月 27.4 km
  • 今年 355.0 km

0 件のコメント:

コメントを投稿