2013年1月23日水曜日

オアシスO2

先週、接骨院で高圧酸素カプセル『 オアシスO2 』を初体験してきました。

酸素カプセル」というと、2002年のサッカー日韓W杯前に骨折したベッカムが使用して脅威の回復で間に合ったというイメージが強く、疲労回復に効果があるものと思っていました。

4月は長野マラソン(4/21)の5日後にSTY(4/26)があるため、長野マラソン後に酸素カプセルを利用してみたいと相談したところ、疲労回復だけでなくレース前のコンディショニングにも効果的とアドバスを受けました。

気圧が高まると血液中に酸素(溶解型酸素)が溶けやすくなる。そのため通常の呼吸では不可能な量の酸素が細胞の隅々に行き渡るという仕組みだそうです。

延岡西日本マラソン前にも入ることを想定し、調整レースの千葉マリンマラソン前にも一度試してみることにしました。

カプセルに入ってみると意外と広い空間で圧迫感はなく、床も柔らかで快適でした。呼び出しボタンもあり安心。

気圧が高くなるので飴を舐めながら耳抜きをしていきます。気圧が上がりきったところで窓にタオルがかけられて薄暗くなります。少し顔がむくむ感じがしました。シューっという音を聞いているうちにウトウトして30分で終了。気圧が下がる時にも耳抜きが必要でした。

千葉マリンマラソンでは判定不能な結果となり効果が分かりませんでしたが、延岡西日本前にもう一度入ってみようかなと思います。ちなみにドーピングにはならないそうです(^^;

保険診療との併用で30分1050円でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿