2012年10月3日水曜日

第2回まえばし赤城山ヒルクライム


■9/29(土)大会前日
前日受付

■9/30(日)大会当日

4:00 ... 起床。起床時心拍数は38、疲れは抜けたようだ。

朝食はエネルギーゼリー、おにぎり2個、バナナ。やや食べ過ぎたかな。

5:30 ... 車は家族に任せ会場まで自走でアップ。タイヤは8気圧にセット。

90回転で約12kmを30分。まだ暗く、テールライトを持ってきて正解でした。

台風の接近が心配されましたが、無風の穏やかな天気。赤城山も綺麗に見えてテンション上がります。

6:10 ... 山頂行き荷物預けギリギリで到着。もう少し余裕もたないと...(--;

背負ってきた下山用バックパック(Gregory Miwok 18)を丸ごと下山用荷物預け袋に押し込み荷物預け完了。

スタート地点で試走をご一緒したジャーさん(エキスパートの部で出場)とお会いでき健闘を誓いました。

今回のスタート順は年代の若い方から第1~第10グループに分けられ5分間隔でのスタートでした。

ちなみにエントリー数は、

エキスパート男子 ... 151人
エキスパート女子 ... 7人
一般男子A(29歳以下) ... 287人
一般男子B(30代) ... 760人
一般男子C(40代) ... 1,013人
一般男子D(50代) ... 451人
一般男子E(60歳以上) ... 141人
一般女子A(29歳以下) ... 22人
一般女子B(30代) ... 42人
一般女子C(40代) ... 49人
一般女子D(50歳以上) ... 17人
ジュニア(中学生) ... 25人
オープン(招待) ... 3人

男子2831人、女子137人(女子少なっ)。40代は激戦区。

7:00 ... 第1グループ(エキスパートの部)がスタート!

会場がコンパクトなのでこれからスタートする選手も沿道で応援できるのがいいですね。

7:20 ... 第5グループ、スタート!

集団の真ん中あたりでスタート。上細井町交差点まではパレード走行。接触しないように注意して県道4号線に出ます。先頭は既に数百メートル先の記録計測開始地点を越えていました。

記録計測開始地点(上細井町交差点50m先)(距離0m、標高123m)

今年も早朝にもかかわらず沿道には沢山の応援の方々で感激。

スタート後ペースの合いそうな方が2人いたので反応。しばらくすると1人千切れて2人でのローテで進みました。

大鳥居(距離3.3km、標高244m)、7'17

少し速いかなと感じ、風もなく、まだ序盤ということもあり、畜産試験場の手前でややペースを落として単独走に切り替えました。

畜産試験場交差点(距離5.6km、標高361m)、14'03

第5グループということで混雑が心配でしたが適度にバラけていてスピードを緩めるような場面もなく問題ありませんでした。

旧料金所(距離:8.9km、標高:545m)、24'56

昨年より2分30秒速いタイムで通過。本格的な登りが始まります。

フロントを50T→34Tにシフト。リアは21T前後を多く使いました。

気を緩めるとペースが落ちるので前を走る人一人づつ目標に抜いていきます。

いつもはダンシングに頼ってしまうのですが、ポジションを変えた(サドルを1.5cm前に移動)効果かシッティングで楽に回せたので、勾配が急なところはダンシング、緩やかなところはシッティングとメリハリをつけて登れました。

しかし、姫百合手前の長い直線坂に入る手前で一人ぶち抜かれハッと気がつきました。

順調に前の人を抜いているので安心していましたが、全体のペースにつられていつの間にかペースダウンしていたようです。どうりで呼吸も楽な訳だ。。。

直線坂の途中では昨年同様の熱い応援に元気をいただきました。

姫百合駐車場(距離:15.1km、標高:1,017m)、50'27

旧料金所から25分32秒。昨年より4分15秒リード。試走の時はここからゴールまで23分かかっているので、目標の75分切りにはまだ安全圏とは言えないタイム。

更にここで二人にぶち抜かれましたがここは反応。辛抱してペース維持。

一杯清水バス停(距離:18.7km、標高:1,308m)辺りでジワジワと離される。

く、苦しい、、、けどこの限界ギリギリの状況、楽しい(笑)

トナカイの頭でも昨年同様の熱い応援!

「残り1.3km!」の路面のペイントが目に入り最後の力が湧いてくる。

最終右コーナーを回ってダンシングでスパート!

赤城山総合観光案内所(距離:20.8km、標高:1,436m)ゴール!

ゴールタイムは、1時間12分31秒!

姫百合から22分03秒。この区間で昨年より4分稼げ、トータル約8分短縮して目標達成できました^^

ゴールではジャーさんが出迎えてくれました。ジャーさんも75分くらいで走られたそうでお互いの健闘を称えました。


ゴール地点でもまんじゅうやみそこんにゃくが売られていましたがお金を持っていなかったので、無料の水、クッキー、スポーツドリンクのペットボトルをいただいて、荷物返却場所(おのこ駐車場)へ移動。3kmほどの下り坂ですが先導車によりスピードが安全にコントロールされていました。

計測チップ(足首に巻くタイプ)を返却してバイクはバイクラックへ。

今年はゼッケン毎に荷物が分けられ、すぐに受け取ることができました。

気温は15℃くらい。汗だくのアンダーシャツと半袖ジャージを脱いで、シューズカバー、レッグウォーマー、長袖ジャージ、ベスト、冬用グルーブを着用。シューズカバーは無くても良かったかな。

昨年は最終下山グループで下りたら渋滞で相当時間がかかったので、今年は早めに下山待機場所(ビジターセンター)へ移動。下山を待つ間、なめこ汁が振る舞われました。温かくて美味しかった~。

9:20くらいのグループで下山開始。途中、姫百合駐車場で一瞬休憩しつつ、10:15くらいにはスタート会場に戻ってくることができました。下山時の沿道も沢山の方が「お疲れ様ー」「来年も来てねー」と声を掛けて下さり、手を振りながらお礼を伝えて下りてきました。

それにしても下界は暑かった。台風の影響か気温は30℃を超えていたようです。

完走証の発行も改善されていて下山後すぐに受け取ることができました。

ジャーさんとは記念写真を撮ってここでお別れ。試走、レースと本当にお世話になりました。

その後、家族とお蕎麦を食べにいきました。

さらに、名物の焼きとうもろこし。味が濃くて美味しかった~。

会場に戻ったら13:45からの抽選会が始まっていました。どうやらツール・ド・フランス観戦券の抽選は終わってしまった模様...orz 結局、何も当たらずでしたが最後まで楽しめました。

もう少し前橋を楽しみたかったのですが台風の影響が心配だったので帰ることに(14:20)。同じように早い時間に帰ろうとする車が多くて渋滞。途中から台風の強い雨も降り出しましたが、暴風圏内に入る前(18:00)に自宅に帰ることができました。

今年も楽しくて思い出に残る大会になりました。関係者の皆様、応援の皆様、ありがとうございました。また来年も参加したいと思います。


■走行データ

7 件のコメント:

  1. こんばんは。家族サービスお疲れ様です。
    去年よりタイムが大幅に縮まりましたね。おめでとうございます。
    ツール ド フランス観戦ツアーは会場に居なかった人が当選しましたが、よういちさんの名前ではなかったような気がします。ドームでのホテル宿泊券の抽選は会場に居る人に当たるようになっていましたが、ツール ド フランス観戦ツアーの方は会場に不在でも当選となる事を知った山本市長が「来年からはこの会場に居る人にやるようにしましょうか」などと勝手な事を、あのクマのような市長が言っていました。こんどの市長は身勝手な言動が目立つ人なんですよ。このヒルクライム大会も自転車に理解があった前の市長が始めた大会なんです。
    ドームのころとんの中を覗いて見たら数人の子供が遊んでいましたので、みんな近所の子供たちだとばかり思っていましたが、よういちさんの子供もいたんですね。
    ファミリーロッジ旅籠屋・前橋南店の前の大通りを私は度々通りますが、ロッジがあるなんて全く知りませんでした。付近には(あまり関心はないと思いますが)花木センターとかコストコ、TSUTAYAなどがあります。
    山頂では本来ならなめこ汁ではなく、tonton汁を提供したいところだったと思いますが、手間を考えるとなめこ汁が精一杯だったのではないでしょうか。
    深大寺そばほど有名ではありませんが、よういちさんが行かれた桑風庵の支店より少し上の方にある本店の駐車場はいつ通っても観光バス等で込んでいますので、桑風庵のそばも結構人気はあるようですね。
    帰る際に道路が渋滞したそうですが、北関東道の前橋南インターから帰られるのもいいかと思います(駐車した駐車場の位置にもよりますが)。地図上で見ると関越道の前橋インターの方が近いですが、前橋南インターは途中の信号機と交通量が少なくて早く高速に乗れると思います。

    返信削除
  2. >前橋庶民さん
    ありがとうございます!
    お陰様で楽しい週末をおくることができました^^
    TdFハズレだったようで安心しました(笑)

    今回宿の予約が遅くれて中心部の宿が押さえられなかったのですが、アップにもちょうど良い距離で良かったです。

    なめこ汁も美味しかったですし、細々といろいろ改善されているのが嬉しかったです。帰りの抜け道はまた来年参考にさせて頂きます。

    来年は年代別入賞を狙えるよう、今年以上に前橋へ走りに行けたらなと思います。またよろしくお願いします^^

    返信削除
  3. もう赤城山はだいぶ寒くなりましたが、いまだにチラホラと登って行くクライマーがいます。ほとんどの人が今年はこれで走り納めという事ですね。
    ゴール地点にある売店の建物の周囲に「デッキ」(屋根付き??)が来年の3月下旬までの完成予定で建設されています。売店以外の場所でゆっくり座れる所がありませんでしたので、たぶん座れるようにしているのではないかと思います。トイレも増設します。これら全て好評なヒルクライムの参加者の皆様のおかげです。
    来年もエントリーお待ちしています。

    返信削除
  4. >前橋庶民さん
    こんにちは!
    そろそろ自転車に乗るには寒い季節になってきましたね。
    デッキの建設いいですね!
    坂を登ってきたあとに開放感ある売店周りで休めるのは爽快だろうなあ。来年シーズンの試走や大会が楽しみです^^

    返信削除
  5. あけましておめでとうございます。
    今年の赤城山ヒルクライム大会2013は9月29日開催です。
    http://www.akg-hc.jp/akghc_blg/?p=812
    元日に赤城山へ登山に行った帰り、元旦早々から自転車で姫百合駐車場付近を登って行く人を一人見かけました。荷物は背負っていませんでしたので、ウインドブレーカーを着るだけで下山するのでしょうか。

    返信削除
  6. >前橋庶民さん
    あけましておめでとうございます。
    ご連絡ありがとうございます。今年も楽しみにしています!
    この時期でも赤城山は自転車で登れるんですか!?
    もう少し暖かくなったら走りにいきたいと思います(^^;

    返信削除
  7. こんばんは。
    先週、赤城山に登ってみましたら、九十九折りの荒れた路面のコーナー部分の舗装工事がだいたい済んでいました。だいぶ走りやすくなりまして、レースコースらしくなってきました。大会までに更に部分的に3ヶ所くらい新しく舗装するようです。
    公共事業調整費(=余剰金?)で舗装し直していますので、コース全体がきれいになるまでには、あと3年くらい掛かるかと思います。
    赤城の道路がきれいになるのも参加者の皆様のお蔭です。

    返信削除