2012年9月7日金曜日

ハセツネ試走(三頭山~五日市会館)

9/2(日)に『 日本山岳耐久レース 』(通称ハセツネCUP)の試走に行ってきました。ちなみに本戦には出場しません、というかエントリー合戦に敗れました...orz

実はハセツネのコースを走るのは今回が初めて。ハセツネはいろいろな噂も小耳にはさみ、これまであまり興味が湧かなかったのですが、最近はハセツネを走る仲間も増えてきて少し興味が湧いてきたところ。

どんなコースなのか一度は走ってみたいと思い、何度も参加されている登走心さんにお願いして試走に同行させていただきました。今回は、三頭山からゴール(五日市会館)までの後半区間を走りました。

6時半に登走心さんと調布を出発。前日からの雨、山には入道雲でちょっと天気が心配。

中央道~圏央道(あきる野IC)経由で7時半頃、武蔵五日市駅に到着。駅前の駐車場に停めたところで、こあしす山民会会長に遭遇!奇遇にも山民会メンバーも何人かほぼ同じコースを走るとのこと。

武蔵五日市から都民の森まではバスで1時間。普段は大変混み合うらしい。座れるよう8時到着の電車より少し前にバス停へ移動。バス待ちの間、何度か土砂降りがありました。

ご一緒する山民会のりょうさん、会長チームのいわきさん、ももこさん、ゆきちさん、てぃーのさんが到着。ハセツネ前半区間を走られる まらそんもんくさんともお会いすることが出来ました。

8:22 ... バス発車。全員座れるくらいガラガラでした。この天気じゃね(^^;

9:22 ... ぴったり1時間で都民の森到着。雨が強くなり始めたので最初からレインウェア上下を着用して集合写真。会長チームは鞘口(さいぐち)峠から入るとのことでしたが、我々は折角なのでコース最高峰の三頭山を登ろうということになり一旦お別れして出発。

9:42 ... 森林館まで歩いて、「大滝の路」に入る所からスタート!ウッドチップの道を走るとすぐに三頭ノ大滝が現れました。滝見橋から落差33mの美しい滝をしばし見学。水量豊富で迫力ありました。

コースに復帰してすぐの分岐を右へ。沢沿いの「ブナの路」で一気に標高を上げていきます。都民の森(標高1000m)からムシカリ峠(標高1430m)まで標高差は430mほど。

何度か沢(石の上)を渡ります。滑る石もあり注意が必要。あるところで突然水が涸れ、少し登ってムシカリ峠に到着。ここからハセツネコースに入ります。

10:21 ... ムシカリ峠

ここで、目の前を数名のトレイルランナーが颯爽と通過。と思ったら、引き返してきた!?前日の伴走・伴歩クラブの練習会でご一緒したなおきさんでした。ガッチリ握手^^ こんな山の中でこのタイミングで出会うって凄いな(笑)

一旦、三頭山とは逆方向に100mほど戻り、三頭山避難小屋を確認しておきました。中は広くて綺麗でした。雨も止んだのでここでレインウェアの下を脱ぎ、レインキャップからサンバイザーに着替えました。

再出発。木段を登り続け、偽ピークを過ぎて、奥多摩三山(三頭山、御前山、大岳山)の最高峰、三頭山に到着。

10:35 ... 三頭山(みとうさん)西峰(標高1524.5m)※日本三百名山

三頭山は西峰、中央峰、東峰からなり、中央峰と東峰の間に三等三角点が置かれています。今回はコースに従い中央と東には寄らず巻き道で「ブナの路」を下っていきました。分岐には、黄色と赤色の棒があり、これがハセツネコースの目印だそうです。

急な坂道を駆け下り、11時くらいに鞘口峠(さいぐち峠)を通過。ハセツネでは38.02km地点。今度は急な登りなので止まらず下りの勢いで登り返す。

11:20 ... 風張峠(かざっぱり峠)。すぐ下に奥多摩周遊道路の舗装路が見えました。このすぐ先には「日本山岳耐久レース40km地点」の標識もありました。

何箇所か奥多摩周遊道路を走る箇所がありましたが、見落としてしまいそうな入口が多かったです。登走心さんがお持ちだった「ハセツネ公式マップ」には、この辺りの拡大図もあり、次回来る時は入手しておこうと思いました。

11:35 ... 月夜見山(つきよみさん)(標高1147m)

このあたりから再び雨が強く降り始めたので、月夜見第2駐車場へ下りる手前の木陰で10分ほど雨宿りしながらエネルギー補給しました。

11:49 ... 月夜見第2駐車場。大会時は第2関門となり給水が受けられる地点。店もトイレもありませんでした。5分ほど休憩して再スタート。駐車場からすぐの下り坂は雨で滑るので慎重に。

12:09 ... 小河内峠(おごうち峠)(標高1050m)。眼下にチラリと小河内ダムが見えました。晴れると雲取山方面まで見えるそうですがガスに包まれ何も見えず。

ここからは御前山まで急登が繰り返されます。ここまで引っ張っていただいた登走心さんに代わり、りょうさんがグイグイとリード。私は三週連続山登りの疲れで脚が上がらず遅れ気味。。。

途中、2007年大会での事故現場(現在は迂回路になっている)をご冥福をお祈りしながら通過。この場所に限らず、斜面というよりすぐというような細い尾根も多く、深夜の疲労した状況では気をつけなければ危ないなと思う箇所が何箇所もありました。

12:41 ... 惣岳山(そうがくさん)(標高1340m)。少し開けた空間になっていました。御前山まで0.6kmの標識。

ここから御前山の前後は水捌けが悪く、雨の影響で路面が悪かったです。

12:51 ... 御前山(ごぜんやま)(標高1405m)

奥多摩三山の中央に位置する御前山。三山の中では一番登りがキツく感じました。北面が開けていましたが景色は相変わらず何も見えず。

下山始めてすぐ、コースを100mほど外れた所にある、御前山避難小屋も確認しておきました。小屋の近くにはチョロチョロと水が流れていました。

コース復帰。下りは何とか脚が動く。大ダワ手前のピーク(鞘口山?)で、会長チームに追いつきました。

スタートしてから人と会ったのは、なおきさんチームと会長チームだけ。雨の影響もそれほどなく、ガラガラの縦走路で快適でした。普段はハイカーの人も多くてこんなに快適には走れないそうです。5分ほど休憩して出発。すぐに大ダワに到着しました。

13:40 ... 大ダワ(標高994m)。鋸山林道(舗装路)と交差する地点。トイレがありました。大会時は応援ポイント(リタイアポイント?)になるようです。ここでも5分ほど休憩。

大ダワを出発してすぐに、「日本山岳耐久レース50km地点」の標識がありました。

大岳山の手前になると岩場が増え、三頭山、御前山とは違った雰囲気の山でした。

14:23 ... 大岳山(おおたけさん)(標高1266.5m)※日本二百名山

南面が開けていましたが残念ながら何も見えず。山頂には二等三角点がありました。

大岳山からの下り始めは岩場の急斜面。昨年の大会でも骨折した人がいたそうですが、レース終盤でのこの岩場は要注意箇所。

約100mほどの標高差を下り、大岳山荘(休業中)と大岳神社の前で一旦平坦に。

14:47 ... 芥場峠(あくば峠)の分岐をロックガーデン、御岳山方面へ。この辺りからハイカーも僅かに見かけました。途中、冷たくて水量もそこそこな水場がありました。

もう大きな登りはなく気分的には楽(脚はしんどかったけど)。ほどなくして、大会時は第3関門となる長尾平分岐に到着。

15:03 ... 長尾平分岐。ここにはハセツネ=長谷川恒男の石碑がありました。

御岳神社方面へ少し登り返し、みやげもの屋に到着して念願のコーラ(160円)をゲット!ここまで店もなく、ハイドレの水だけで飽きてたので美味しかった~。大会の時は途中で何か購入するのは禁止らしいですが。。。

ここで一人で試走に来たという方とお会いしましたが、初めての試走で何度も道に迷ったそうです。確かに分岐が多くて迷うと思います。登走心さんに感謝です。

10分ほど休憩して15:20に再スタート。みやげもの屋通りの突き当りを右に曲がり日の出山方面へ。

15:37 ... 日の出山(ひのでやま)(標高902m)。最後の山に到着。

残すはお楽しみの金毘羅尾根の下りだけで一安心。最後の補給をしようとしたところ、突然の豪雨と雷が!ヤバい!慌てて荷物をまとめて下山道へ。

あっと言う間に下り道が川になってしまいました。ここまでほとんどシューズは濡れなかったのですが、ここでビショビショに。。。ただ、この日履いていたadizero XT3は撥水性が良くて、すぐにシューズの中から水が無くなり良かったです。

しばらく駆け下りると雨が弱まり、都心方面の幻想的な風景が。

16:07 ... 65km地点通過。この先に伐採現場があり迂回路となっていました。

16:35 ... ラストスパートの橋、だそうです。金毘羅尾根、一気に駆け下りて楽しかったです。

五日市の街が見え、最後はロードの急坂を走って・・・

16:50 ... 五日市会館(標高200m、レースでは71.5km)にゴール!

途中でGarminの電池が切れてしまいましたが、都民の森から三頭山経由で鞘口峠(38km地点)まで約5kmだったので、71.5km-38km+5km=38.5kmくらいかな。獲得標高は2000mくらいらしい。下り基調?ではありますが、予想以上にアップダウンがありました。

ゴール後は武蔵五日市駅まで10分ほど徒歩で戻り、車で20分ほどの「つるつる温泉」で汗を流しました。料金は800円。露天風呂は狭かったですが、つるつるする湯で気持ち良かったです。

温泉を出たところで、日の出山からつるつる温泉へ下りた会長チームともお会いでき、全員無事だったとのことで安心しました。

いつになるか分かりませんが、次回はコース前半区間も走ってみたいと思います。登走心さん、りょうさんありがとうございました。


●ウェア
サンバイザー/OR
ウェア/山民会Tシャツ
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
パンツ/mont-bell トレール ランニングショーツ
タイツ/SKINS スポーツハーフタイツ
アンダー/CW-X スポーツショーツ
ゲイター/SKINS パワーソックス
ソックス/X-Socks Running Short
グローブ/自転車用指なし
テーピング/New-HALE(足首、膝下から大腿外側)
レインウェア/finetrack エバーブレスフォトン

 レインウェアは上だけ着たがストレスもなくとても快適だった。
 雨が強まった時だけフードを被った。

●シューズ/adidas adizero XT3
 悪路に強く、特に撥水性が良かった。

●ザック/THE NORTH FACE SHRIKE 12L
 ザックカバー(Berghaus) を使用した。ザックが雨で重くならず快適だった。

●ストック/シナノのアルミトレラン用(借り物)
 前半の登りでは活躍。御前山以降はほとんど使わなかった。
 長い状態のまま持って走ると片手はまともに腕が振れず走り難かった。

●装備
・熊鈴 ... 鳴らしっぱなし
・ファーストエイドキット、エマージェンシーシート、笛 ... 未使用
・ウィンドブレーカー(mont-bell EXライト ウインドジャケット) ... 未使用
・インナーダウン(TNF ライトヒートジャケット) ... 未使用
・グローブ(ORバーサライナー) ... 未使用
・ヘッドライト(PETZL ティカXP2) ... 未使用
・ハンドライト(GENTOS 閃 SG-325) ... 未使用
・地図(山と高原地図)、コンパス(SILVA No.3R)
など

●水、補給食
・ハイドレ水1L(1L消費)+コーラ500ml
・スニッカーズ 263kcal
・1本満足シリアルチョコ 190kcal
・カロリーメイト 200kcal
・GEL BLASTS(60g) 200kcalの半分くらい
・WGHPro(グルタミン)x 1袋

4 件のコメント:

  1. お疲れさまでした。
    私は1日(土)に試走に行きましたが、雨で途中でエスケープしました。8日(土)に行き直しです(笑)

    よういちさんなら、サブ10間違いないと思います。

    返信削除
  2. >よしださん
    先週末はお疲れ様でした!
    日曜日は土曜日より雨&雷とも影響が少なく助かりました。

    今週末は天気良いといいですね。頑張ってください!
    明日はバイク練があるので行けませんが、予定が合えばご一緒させてください。

    それにしても、あのコースでサブ10は凄いですよね。来年こそは挑戦してみたいです。

    返信削除
  3. いつも面白いブログを作ってくれてありがとうございます。
    実は自分もUTMFに出場した接骨院の先生からハセツネの後半
    部分を一緒に走りに行こうと誘われています。
    いつも先生に「ありがとうございます。」と言っているのですが、自分にはトレランの装備品がなくちょっと困っています。
    それにしても、ハセツネの過去の大会でお亡くなりになった
    方がいたのを初めて知りました。山はやっぱり怖いですね。
    今はロト6に当選してトレランの装備品を揃えたいなあなんて
    思っています。
    そういいながら、バイクにも興味が湧いてきています。
    もう、SEOCYCLEには10回以上通っていて、昨日は店員さんと
    どのバイクがいいか会話してきました。バイクも結構お金が
    かかりますね。
    話がそれましたが、ハセツネの後半部分の概況がつかめて
    とても参考になりました。本当にありがとうございました。

    返信削除
  4. > Sルさん
    御岳山まで自販機などないので、ハイドレ(水)は多めに持って行った方がいいと思います。
    熊鈴も必携です。
    痩せ尾根は要注意ですが全体に走れる区間が多く、最後の金比羅尾根の下りは楽しいですよ。

    返信削除