2012年7月16日月曜日

富士登山競走の試走(2012年3回目)

7/14(土)、所属する『 こあしす山民会 』の石井克弥スペシャル『 俺について来い! 』に参加してきました。

石井選手(かつやん)は、富士登山競走4位、信越五岳3位のエース。参加者は、こあしす山民会(現在114名)の中から富士登山競走に参加する方を中心に総勢15名が集まりました。

今年の富士登山競走の試走は2週間間隔で3回目。

2012年1回目6/17(中の茶屋~七合目)
2012年2回目7/1(五合目~山頂)

キタタン1週間後、レースまで2週間前というのは、昨年2回目の試走7/9(五合目~山頂)と同じタイミング。疲労を残さず、体を高地に慣らすこととかつやん選手から登りの走りを学ぶことが目的です。

04:30 ... 起床。前日帰宅が遅かった上に夜半からの豪雨で眠りが浅くて寝不足。
05:30 ... 調布を車で出発。待ち合わせ場所の国立駅へ。
06:00 ... 国立で急遽参加をお願いして車を出して頂いたラン仲間の登走心さんと合流。本当に助かりました。登走心さん号は、のぶかさん、りょうさんを乗せて先発。

06:30 ... かつやんさん、EKさんを乗せて出発。朝食は小あんぱん1個、ウィダーinゼリー、鮭おにぎり、カステラ、シュークリーム、オランジーナで合計1,200kcalほどガッツリと。

三連休初日ということで中央道下り7時~14時台、高井戸~相模湖で40kmの渋滞予測が出ており、7:00前には八王子~相模湖付近で18kmの渋滞(30km/hくらいで流れていましたが)になっていました。

08:30 ... 富士吉田市役所に到着。ここからスタートするかつやんさん、EKさんを降ろし、トイレを済ませてから馬返しへ。市役所に車を駐車して試走している人も大勢いました。
富士山には笠雲、横の渦巻き雲も心配。。。

馬返直前から道の両脇に路駐の列。先に到着したメンバーからまだ空きがあると聞いていたので馬返まで上がってギリギリ駐車できました。

予定では8:00スタートでしたが、中の茶屋スタートのロータスさん、のぶかさん、キキさんを待ってスタートすることになったようで馬返スタートのメンバーはまだスタートしていませんでした。とりあえず、集合写真に収まってから準備開始。

9:07 ... 皆さんより10分くらい?遅れで、じーさんと一緒に馬返(標高1,450m)スタート!

序盤は道の真中に亀裂があり走り難い箇所もありましたが、全体的にはそれほど荒れていませんでした。

キタタンの疲れがあるのか序盤は呼吸がキツくて脚が上がらない。先に出たメンバーに追いつく度に、呼吸を整えてご挨拶。練習はかつやんさんが来てからなので焦らずゆっくりと。

五合目(佐藤小屋:標高2,230m)10:05 Lap:57'11

ここで全員が集合するのを待ち24分休憩。補給しつつ、初めてお会いするメンバーとご挨拶したり。この休憩で回復して体も動くようになりました。

風も強くなり気温も下がってきたのでアームカバーとウィンドブレーカーを着用しました。

五合目から六合目間の岩はそのままの状態でした。

六合目(安全指導センター:標高2,380m)10:40 Lap:12'28

笠雲で不気味に覆われた山頂方面の眺め。風も増々強まってきます。キャップは飛ばされそうなので、つばを後ろ向きしてかぶりました。

ここで、市役所スタートのかつやんさんとEKさんが追いついて来ました。五合目まで1時間50分くらいだったそうです。ここからが練習。『俺についてこい!』企画なのでついていきました。
かつやん選手(左)の軽快な走り

一番のポイントは体を動かし続ける(止まらない)こと。ストライドは狭めて同じリズムで淡々と登っていました。やはり段差の小さいルートを選んでいるそうです。接地はトップ選手に多いつま先だけ。

上体が立っているように見えたので聞いてみたところ、後ろの筋肉(ハムストリングス)を使えるよう意識して上体を立てているとのことでした。前傾し過ぎてしまうと前太ももにダメージがあると。真似してみましたが、姿勢を維持するには体幹の強さが必要だと感じました。

七合目(花小屋:標高2,700m)11:04 Lap:22'09(六合目で少し待ちあり)

半数くらいのメンバーが揃うまで10分休憩。体を高地に慣らすという目的なので良い休憩になりました。かつやんさんは全員の到着を待ってから追い上げて来たり、時には迎えに戻ったりとフル稼働。

指先が冷たくなってきたので指あり厚手のグローブに交換。待ち時間もあるため早めにインナーダウンも着用して体が冷えないようにしました。

ここからは岩場。岩場はストライドを広げて攻めるとのことでした。ここまで小股で走って温存してきた大股用の筋を使うそうです。余力があったら本番で試してみたいと思います。

風はこれまで経験したことのない突風が吹き荒れ何度か飛ばされそうになりました。

八合目(太子館:標高3,100m)11:40 Lap:26'52

ここでも半数くらいのメンバーが揃うまで16分休憩。休憩や3回目の試走のおかげで高山病の症状もなく、各区間も短く感じます。

かつやんさん、EKさん、じーさん、morchan84さん、りょうさん、オカさん、登走心さんまで揃ったところで、再スタート。

砂礫区間。向かい風の時は押し戻されるような突風でしたが、割りと走ることができました。かつやんさん曰く、七合目から本八合目は差がつく勝負所とのことでした。

この日は何箇所かで撮影カメラを見かけました。誰か登っていたのかな?

本八合目(富士山ホテル:標高3,400m)12:22 Lap:25'42

ここでは24分休憩。トイレ(200円)を利用。じーさん、EKさんが到着。

かつやんさんが到着して後のメンバーの消耗度、時刻、山頂から下山道が通れないこと、馬返しまでの下山などを考えると、残りのメンバーはここで下山した方が良いとの判断で、山頂に行ける人は行ってきて下さいと言われました。

EKさんは元々体調が万全でないこともありここで下山。じーさんと一緒に山頂を目指すことにしました。かつやんさんは一旦下山して各メンバーに伝えてから山頂へ向かうとのことでした。超人です。

強風が吹き荒れていましたが山頂の鳥居が見えました。

九合目(標高3,600m)13:06 Lap:19'08

2週間前は両側に雪の壁でしたが、すっかり無くなっていました。山頂からの下山道は相変わらず使えないため、登山と下山が同じルートとなり渋滞気味でした。

九合目を過ぎたあたりから風が収まり穏やかな天気になってきました。

山頂ゴール!(標高3,711m)13:20 Lap:14'22

少し日差しも出て、本八合目までの暴風が嘘のような穏やかな天気。

山小屋も開いていました。カップラーメンが美味しそうでした。

トイレ(300円)から戻ってきたところで、かつやん選手到着。驚異的な脚力。と、同時にガスに覆われてきてポツリポツリと雨粒。風も吹き始めたため、カップラーメンは諦めて急いで下山することにしました。

13:32、下山開始

下山道は近日中に開通しそうでしたが、今回も八合目トモエ館まで登山道を下山。

狭い岩場で混雑していて危険。突然の前の人の停止に慌てて手をついたら手の平を擦りむいて流血。厚手のグローブをしていなかったらもっと酷いことになっていたかもしれません。ファーストエイドキットを携帯して行ったので簡易治療もできて助かりました。

ブルーさんとマハロさんと遭遇。お二人は山頂を目指すとのこと。車のキーを預かりました。

13:52、トモエ館

ここから下山道へ。下りでもかつやんさんの走りはつま先接地、正確なピッチでスピードコントロールして安定した走りでした。

13:57、下江戸屋分岐

この辺りまで降りてくると天候も回復。

気温も上昇して暑くなってきたので、途中でインナーダウンを脱ぎました。

今回の練習は登りだけで、下りではダメージを残したくなかったのでゆるゆる下山。翌日も全く筋肉痛になりませんでした。

スパッツを装着し忘れたため砂が入りましたが靴下が厚手で気にならなかったのでそのまま下山。

14:19、吉田口下山道七合目公衆トイレ

暑い!ウィンドブレーカー、アームウォーマーを外し、薄手のグローブに交換。

14:27、六合目(富士山安全指導センター)

14:34、五合目(佐藤小屋) Lap:1:00'55

山頂から約1時間で下山してきました。気温は26℃まで上昇。暑い!

途中で下山した他のメンバーたちが待っていてくれました。山頂の天気を話すと残念そうなメンバーが多く、次回はみんなで山頂に行けたらいいなと思いました。

14分ほど休憩させて頂き、14:48、下山再開。

ここからは、かつやんさん先頭でペースを作り、じーさん、登走心さん、junさん、私、suuさん、EKさんで爽快なダウンヒル。途中、すれ違う方々に挨拶やお礼を伝えながら、駆け下りました。特に信越五岳女子2位の女子のエースjunさんの流れるような軽やかなステップ(やはりつま先着地)を後ろで見ることができて、選択ルートや足の置き方など大変参考になりました。

15:19、馬返到着! Lap:31'04

馬返駐車場の手前の階段の途中、左側で富士吉田市の麦茶サービスが行われていました。冷たく冷えた麦茶が美味しかった~。全員が揃うのを待ちながら歓談。

全員が揃ったところで、ブルーさん、マハロさんを待つメンバー以外は、車で『 富士山溶岩の湯 泉水 』へ移動。今回はJAFの優待(5名まで1人100円引き)を忘れずに利用。水風呂でアイシングして露天風呂で体を癒しました。露天風呂でも何人かでかつやん選手を囲って調整方法などいろいろとアドバイスを頂きました。

17:45 ... 全員で泉水の隣にある吉田うどん屋『 玉喜亭 』で遅い昼食。夕食?

全部入りの「玉喜亭(750円)」が人気でした。美味しかったです。

18:30 ... 解散。帰路は全く渋滞なく帰ることができました。

楽しいメンバーと一日富士山を堪能し、いろいろと吸収することもでき充実した一日となりました。本戦では学んだことを生かして目標タイムでゴールし、メンバーの皆さんと祝杯を上げたいと思います。かつやんさん、参加されたメンバーの皆さんありがとうございました。


●ウェア
キャップ/日除け付 … 問題なし。強風でつばを後ろ向きに被る。
ウィンドブレーカー/mont-bell EXライト ウインドジャケット … 今回も活躍。
インナーダウン/TNF ライトヒートジャケット … 今回も活躍。
ウェア/山民会Tシャツ … 問題なし。
アンダー/finetrack フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ … 問題なし。

パンツ/mont-bell トレール ランニングショーツ … 問題なし。本番では履かない。
タイツ/SKINS スポーツハーフタイツ … 問題なし。
アンダー/CW-X スポーツショーツ … 問題なし。
ゲイター/SKINS パワーソックス … 問題なし。
ソックス/X-Socks RUNNING … 問題なし。

アームカバー/CW-Xアームカバー … 問題なし。
グローブ1/AXESQUIN指なし … 問題なし。
グローブ2/ORバーサライナー … 岩場で守ってくれ軽症で済んだ。破けなかった。
テーピング/New-HALE XとV … 必須。1枚貼り。下山時捻挫を1度回避。

●シューズ
TNF Single-Track … 問題なし。

●補給した物
・あんパン(小)119kcal x 3個
・カロリーメイト200kcal
・アクエリアスEnergy7(500ml)90kcal
・水(1000ml) → 750ml程度飲んだ

0 件のコメント:

コメントを投稿