2012年6月23日土曜日

adidas adizero XT3

トレイルランニング用シューズを新調しました。2011年秋冬モデルのadizero XT 3。

トレランでは2年前に購入した THE NORTH FACE Single-Track を履いてきました。履き心地のよいシューズでしたがやや重い(26.5cm、312g)ため、トレイルレースではロード用の adizero JAPAN(25.5cm、189g)を履いてきました。

ただ、ロード用シューズだとグリップ力が落ちるため無駄にエネルギーを消耗するし、ガレ場や岩場では下からの突き上げが痛いことがありました。

ロード区間もあるキタタンに向けてロードとトレイルを走れるシューズを検討していたところ、雑誌「J-TRAIL」でも評価の良かった(2012モデルだけど)のXT3(2011モデル)がファミリーセールで半額近くに値下がりしていたので迷わずゲットしました。

◇adidas adizero XT 3(アディゼロ XT 3)
品番:U42849、カラー:インフラレッド×ブラック×ソリッドグリーン
26.0cm、左:277g、右:278g






サイズはトレイル用にやや厚手の靴下を履くことを考慮して、ロード用より0.5cm大きい26.0cmにしてみました。

早速、先日の富士山試走で履いてみました。

中の茶屋から馬返のロード区間も、馬返からのトレイル区間(土、木段、岩場、ガレ場、砂礫)も、履き心地が良くてシューズの事を忘れて走ることができました(笑)

コンチネンタルラバーが使われた硬めのアウトソールはゴツゴツした形状のお陰かグリップが良く、下りもスピードを上げてみましたが岩場での突き上げも全く気にならず安心して走れました。硬いソールは耐久性も良さそう。

ロード用と比較すると数値上は若干重めですが、それも気になりませんでした。

シューズの紐穴が小さい?構造のためか、紐が全く緩まないのも良かったです。

今年のキタタンはこのシューズで攻めたいと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿