2012年5月15日火曜日

仙台国際ハーフマラソン前日受付

2012/5/13(日)、『 第22回仙台国際ハーフマラソン 』に参加してきました。
昨年は東日本大震災の影響で中止となりましたが、今年から1万人規模の大会としてコースもリニューアルされて開催されました。

結果は残念ながら 1:20'26 と僅かにベストを更新(1:20'58から32秒)したものの目標の78分には届きませんでした。個人的には課題の多いレースとなりましたが、復興 に向かう新緑の「杜の都」を全国のランナー達と駆け抜けることができ、沿道にも沢山の 笑顔 が広がった素晴らしい週末になりました。

それでは前日の移動から振り返ります。

■5/12(土)大会前日(東京→仙台)

金曜日は22時過ぎに出張先から帰宅で5:00起床。自宅周辺で最終調整8km jog。途中1kmを3'35で刺激。調子は悪くないが体重は63kg台と重い...(身長は170cm)。ちなみに延岡西日本の時は61kg台、フルベストの勝田の時は60.0kg、ハーフベストのいわい将門の時は59.0kg。約四半世紀前の高校時代に1000mを2分台で走っていたころは55kg台。デブすぎる...orz

調布の自宅を8時前に出発、京王線、中央線で東京駅に9時前に到着。今回は2日前にえきねっとで予約したら既に午前中発の15%OFF券は売り切れ、10%OFFで唯一残っていたやまびこ131号を利用しました。運賃は9520円。もう少し早めに予約しないとダメですね。

9:24に東京駅を発車し、11:17に仙台駅到着。天気は良かったですが強風が吹いていました。

ちょっと構内を彷徨って市営地下鉄仙台駅への入り口を発見。
ここから受付会場までは看板を持った方が所々にいて大変分かりやすかったです。風が寒い中ありがとうございました。

市営地下鉄はSuicaが使用できず200円で切符を購入。仙台駅から2駅3分ほどで勾当台(こうとうだい)公園駅に到着。受付会場のTICビルは徒歩で200mほど。

3Fがハーフ登録男女、ハーフ一般女子、5km、2kmの受付、4Fがハーフ一般男子の受付と分かれていました。前回までは100分の持ちタイムがないと参加できなかった大会。「国際」の名が残り「第20回世界ハーフマラソン選手権」の代表選考会も兼ねているだけあって、陸連登録選手にはいろいろと便宜が図られており、参加者増による弊害は全く感じませんでした。

受付を終え徒歩200mでEXPO会場(屋外形式)に到着。

ここで参加賞などを受取り、今回大変お世話になったランナー仲間の砂肝さんと合流。12時なったので早速お昼を食べにEXPO会場近くにある冷やし中華発祥の店龍亭」に行ってみました。

注文したのはもちろん元祖冷やし中華の涼拌麺(りゃんばんめん)。醤油だれと胡麻だれがあり、醤油だれを選択。元祖だけあって正統派の味。美味しかったです。1300円。

昼食の後は被災地を訪れる砂肝さんと別れ、再びEXPO会場で13時からのQちゃんこと高橋尚子さんのトークショーを聞きました。会場には800人くらい集まっていたようです。

Qちゃんの話を聞くのは今回初めて。前回生で見たのは、2003年11月16日の市ヶ谷。まさかの失速でアテネ五輪出場が遠ざかった瞬間でしたが、あれからもう9年も経つんですね。話も上手かったです。

走ることは、「自分と向き合える時間を持てること」というのは共感できました。

練習でつらい場面が来たら、やっと強くなるチャンスが来たとラッキーと思え」というのも今度実践してみよう。そう言えば、高校時代の師匠も「キツイところからが練習」と言ってたな~。

給水の水は全部使え」というのは飲んで余った水を体の冷却に使うということですが、翌日実践してみました。VAAMの飲み方も参考にしてみました。

また、風が強かったこともあり、「風が強い日は集団で走るだけで全然違う」というアドバイスやフォームのアドバイスも参考になりました。

アップダウンの走り方」については、下りの最後の部分だけリラックスして平地に備えるというアドバイスがあり、これも翌日実践してみました。

マシンガントークであっと言う間の30分でした。

トークショーの後はEXPO会場内を1時間ほど見て回りました。


メーカーの出展はasicsとmeiji(VAAM)だけ。asicsの参加記念Tシャツはデザインやカラーが豊富で、14時には既にサイズが無くなり始めていました。ひとめぼれだんごをテントの中で食べながら地元の方々と少しお話しました。美味しかったです。

チェックインまで時間が少しあったのでコース図に乗っていた8km地点を探索。と思ったらすぐに見つかってしまいました(笑) 東京マラソンのコースは丸い杭のようですが、仙台は四角いプレートでした。

15時チェックイン。EXPO会場近くの「スーパーホテル仙台・国分町」に宿泊しました。約一ヶ月前に予約しましたが、仙台駅周辺のホテルは既に満室ばかりでした。宿ももう少し早めに予約しないとダメですね。

レース前日なので夕食までは脚休め。あとで知ったのですが、天皇、皇后両陛下が15時頃仙台駅に到着し、宮城県庁を訪れるためEXPO会場付近を車で通られたそうです。どうりで私服警察官が多かった訳だ。

夕食の前にもう一度EXPO会場を訪れて「石巻やきそば(小)」と「牛たんつくね」を軽く食べ、メインは「こわめしや」でざるそば定食(赤飯少な目で、蕎麦少な目で、煮しめ、お新香のセットで1000円)をいただきました。

なんか、こうやって見ると食べ過ぎな気が...。まあ、少しでも復興経済に貢献ということで(^^;

22:00 ... 就寝。


レース当日へ、つづく...

0 件のコメント:

コメントを投稿