2012年2月24日金曜日

延岡西日本マラソン レース後

第50回延岡西日本マラソン 』のレース終了後。

レース後は宮崎市内に移動して宮崎駅前のリッチモンドホテルに宿泊しました。

汗を流してさっぱりした後、夜の宮崎市内へ散歩。

気温が高くて気持ちが良かったです。19時台でしたが人は少なめ。

るるぶに掲載されていた、こちらのお店に入ってみました。

久しぶりのビールが体に染みた~^^

宮崎名物を堪能♪


旅ランはレース後の食事も楽しいですね。ほろ酔い気分で就寝。

日本一快晴日数の多い宮崎県ですが翌朝は雨でした。右腸脛靭帯炎が悪化して走れる状態でなかったので45分ほど市内を流れる大淀川までウォーキング。写真の時間は6時40分くらいですが東京に比べると夜明けが遅くてまだ真っ暗。電車から見え、以前から気になっていた宮崎科学技術館のH-1ロケット(実物大模型)も間近で見上げてきました。

朝食は品数豊富なホテルのバイキング。体重を気にせずお腹いっぱい食べられる幸せ。

お昼の飛行機まで少し時間があったので青島(あおしま)を見に行くことにしました。

9:09の日南線下り2両編成に乗り込み、9:39に青島駅に到着。一時間に一本程度の本数で運賃は360円。途中、プロ野球ジャイアンツがキャップをしている運動公園駅でファン20人くらいが下車していきました。


駅前通りを抜け歩道橋を渡ると参道商店街。雨の月曜日で人はまばら。

参道商店街を抜けると右手に亜熱帯植物園がありましたが時間が無いのでスルー。

さらに進むと青島が見えてきました。青島駅から8分ほど。

青島は周囲約1km、高さ約6mの島。ビロウなどの熱帯・亜熱帯植物は国の特別天然記念物に指定されています。青島海岸から「弥生橋」で渡れます。

「海幸彦 山幸彦」の神話の舞台でもあります。

周囲は侵食により独特な形状へ変化した岩で囲まれており「鬼の洗濯板」と呼ばれています。干潮の際には沖合い100mにも及ぶ見事な景観となるそうです。この時間はやや潮が満ちていましたが独特の岩は見ることができました。

青島神社。

本殿に向かって右手の壁にはジャイアンツの選手たちが書いた絵馬が奉納されていました。

帰りの電車はちょうど良いのがなく路線バス(こちらも一時間に一本程度)。もう少しゆっくり見たいところでしたが、10:17の路線バスの時間が迫っていたので急いで引き返し。30分ほどの青島滞在。また何時かゆっくり訪れたいと思います。

20分ほどで宮崎空港に到着。帰宅の途につきました。

ANA 608 宮崎(11:55) - 東京(羽田)(13:25)


今回の遠征費用は、
航空券(スーパー旅割往復): 25,140円
電車代(宮崎・延岡往復): 4,900円
宿泊代(延岡2泊): 10,100円
宿泊代(宮崎1泊): 5,100円
その他、飲食代、お土産など

0 件のコメント:

コメントを投稿