2012年2月16日木曜日

延岡西日本マラソン前日受付

延岡西日本マラソン前日は、最終調整、前日受付、レセプションに出席しました。

■2/10(金)大会2日前(東京→延岡)
大会前々日移動

■2/11(土)大会前日(受付、レセプション)

当日のスケジュール(12:05スタート)に合わせて、7:00起床。まずは大浴場の熱い湯にサッと浸かって体を目覚めさせました。大浴場の利用時間は15:00~翌2:00、5:00~10:00。当日朝も使える時間で良かったです。

8:00からホテルのバイキングで朝食。朝食の利用時間は6:45~9:00とこちらも当日朝も問題ない時間帯。料理の種類も多くて美味しかったです。

11:30から最終調整。

快晴、微風の好天。日差しは強かったですが空気は冷んやりとしていました。

大瀬川右岸の潮風サンロードを河口に向けて3km jogしたあと折り返して、1kmペース走(3'44)、2km ダウンjog。

全体に体が重く心肺もキツく感じて不安が残る内容でした。ただ、慢性的な股関節周りの張りが全くなく、懸念していた腸脛靭帯炎や左足底筋も問題がなかったことは一安心でした。

昼食は延岡駅の跨線橋を渡り延岡バイパス沿いにある天領うどん昭和町店に行き、「釜揚げ天領うどん」と「いなり寿司」で最後のカーボローディングを行いました。このボリュームで500円!

その足で延岡市役所へ前日受付(14:00~16:00)に行きました。ランナーの姿もチラホラ。

会場の設営も既に整っていました。

市役所入口を入った所で受付。ハガキを見せて、ゼッケンや参加賞が入った紙袋を受け取りました。参加人数が少ない(関門制限が厳しい)ため受付も空いていて、係の方々の視線を一身に集めて嬉しいような恥ずかしいような気分でした。

大会要項を見ながらスペシャルドリンクの受付場所、最終コール場所などを確認し、スタート後の周回コースを逆向きに下見しながらホテルに戻りました。

大会要項、ゼッケン2枚(前にICタグ付)、参加賞(Tシャツ、タオル)。Tシャツは涼しげで格好いいデザイン♪

こちらの紙の裏面には一般参加選手(403人)のゼッケン番号と氏名が書かれていました。当日はこの紙が配られていたようで、沿道から何度も名前で応援されてとても力になりました。

16:55~17:30にUMKテレビ宮崎で延岡西日本マラソン直前特番があったので予習。番組ではこれまでの歴史と今大会の注目選手などが紹介されました。50回という歴史の重み、優勝者も重松森雄、広島日出国、采谷義秋、宗茂、川嶋伸次...。オリンピックや世界選手権の日本代表になった選手たちの登竜門という役割を担ってきた大会であることが実感できました。

番組を見終わってからレセプション会場であるホテルメリージュ延岡へ徒歩5分ほどで移動。

実業団チームや延岡で合宿中のJ1ベガルタ仙台が宿泊しているようでした。この日は西階陸上競技場でJ2横浜FCとの練習試合があったそうで、キング・カズも来ていたそうです。

3Fレセプション会場の受付、会場内の様子。華やかすぎてちょっと緊張(^^;

18:00からUMKの高橋巨典アナウンサーの司会で始まり、招待選手17人と第41回の優勝者で今回ペースメーカーの佐藤智之選手(旭化成)の紹介、宮崎市長挨拶、来賓祝辞、コニカミノルタ池永選手による選手宣誓、乾杯と流れて、会食となりました。

ちなみに、私たちの隣のテーブルは招待選手席で、先程の直前特番で紹介されていた注目選手が目の前でした。それにしても体が細い~。プロフィールを見ると170cmくらいだと50kg台前半といった感じ。招待選手たちは乾杯のあとすぐ退席されてました。

流石に誰もビールには手を伸ばさず、コーラやアクエリアスを飲みながら料理をいただきました。私の右隣は神奈川からの参加でこの大会4回完走のベテラン。左隣は福岡からの参加で目標2時間40分という見るからに速そうな若い方でした。「3'45/km、4'15/kmはしっかりペースを刻む集団ができますよ。4'00/kmもできるんじゃないかな」とのことでした。

昔は別大でもこのようなレセプションがあったらしいですが今は無くなってしまったそうです。ガチな雰囲気、緊張感に包まれてモチベーションが上がりました。

こんな感じの料理が何度か出てきたり、スバルの奥谷監督(元世界選日本代表)が招待選手の料理を運んでくれたりして(恐縮です)、そこそこお腹も満たされました。

舞台では旭化成のキャンペーンガールの紹介や九州各局のアナウンサーの紹介なども。

19:30に中締めということで解散になりました。

ホテルに戻り大浴場でゆっくり体を温めました。普段、こういった大浴場ではポッコリお腹の人が多いのですが、この日は腹筋の割れたガチランナーばかりで、「俺は3'40/kmに乗る予定」「俺は故障明けだから3'50/km以内でいければ...」みたいな会話ばかり聞こえてきて、再びガクブルでした。

ユニフォームにゼッケンを取り付けて、23:00 就寝。

いよいよ本番当日へ、つづく...

0 件のコメント:

コメントを投稿