2011年11月28日月曜日

第31回つくばマラソン

昨日2011/11/27(日)3回目のフルマラソン『 第31回つくばマラソン 』に参加してきました。昨年の初マラソンで走った思い出の大会。あれから一年早いものです。

今年は左ふくらはぎを故障してほぼ3週間走ることができず、ぶっつけ本番で臨みました。前半はペースを抑えて無理なく走れている感触だったのですが、練習不足は誤魔化せず、後半大失速の結果となりました。(タイムはグロス)

05km 0:21'08 (21'08) -- ロスタイム10"
10km 0:42'08 (21'00)
15km 1:03'08 (21'00)
20km 1:24'13 (21'05)
【中間 1:28'55】
25km 1:46'33 (22'20) -- 前太もも筋肉痛でペースダウン
30km 2:11'06 (24'33) -- 右膝外側の痛みでさらにペースダウン
35km 2:38'21 (27'15) -- 右膝外側の痛みが増し、お腹の調子も...
40km 3:07'09 (28'48) -- トイレ休憩2~3', 転倒
GOAL 3:18'56 (11'47)
【後半 1:50'01】

振り返り。

前日は接骨院で故障した左ふくらはぎにガッチリテーピングを施していただきました。

その足で前泊地へ移動。昨年と同じ、つくばエクスプレス守谷駅前のホテルに宿泊しました。夕食も昨年と同じ守谷駅のフードコートでうどん。ワイナイナ選手がレース前日にショートケーキを食べるという記事を真似て、デザートのショートケーキでファット・ローディングもしてみました。経口補水液500ml、メダリスト(BCAA)、ウィグライプロ(グルタミン)、スポーツミネラル(ミネラル)も補給しておきました。

21:30 ... 就寝。金曜日の夜から腰が痛み、この日も寝心地が悪かったです。

04:30 ... レース5時間前に起床。経口補水液500ml、メダリスト(BCAA)を補給。左ふくらはぎのテーピングを濡らさないようにしながら熱いシャワーを短時間浴びて体を目覚めさせました。以前から不安のある左ハムにもテーピングを施す。

06:30 ... 朝食。おにぎり2個、エネルギーゼリー1個、カロリーメイト、スポーツミネラルで約1000kcal補給。切り餅は袋のままポットの湯に入れ10分程度暖め。07:00くらいまでに3個、さらに移動中にも1個で計4個食べました。参考にした「非常識マラソンマネジメント」では7個とありましたが、お腹一杯で食べられませんでした。普段も空腹で走ることが多く、勝田全国マラソンの時も2個でしたし、自分には多すぎたようです。胃がむかむかしてしまいました。

07:10 ... 宿を出て、守谷駅からつくばエキスプレスに乗車。07:30頃、研究学園駅に到着。吐く息が白くて寒かったです。昨年同様、長蛇の列でしたが、30分ほどで乗車。

08:15 ... 会場に到着。震災の影響で昨年と異なる会場でしたが分かりやすいレイアウトでした。まずは混み合う前にトイレへ。昨年問題になっていたトイレも混乱なく運営されていました。

08:45 ... トイレを済ませ、べスパプロとウィグライプロを補給。更衣テントで着替えて、荷物預け。寒かったのでグローブとビニール袋を被って防寒しました。

09:10 ... 会場からスタート地点へ10分ほどで移動。Aブロックの前から10列目辺りに並ぶことができました。前の方にはランナー仲間のがしさんが既に並んでいて気がついてくれました。

09:30 ... 茨城ゴールデンゴールズ監督兼内野手の片岡安裕美さんの号砲でスタート!

START~5km(Lap:21'08)
微風、曇り空、気温も10℃前後と絶好のコンディション。ランナー仲間のささきちさん、りゅうさんの応援に見送られ、脚の状態を確かめながら慎重にスタート。

どの程度走れる状態なのか検討もつかず、走り始めてから無理なく感じるペースでいこうと考えていました。入りの1kmは4'24。スタートのロスが10"だったのでネットでは4'14。すぐに、ランナー仲間のじーさんと併走になり軽く会話を交わしました。

体も温まってきたので、5km地点でビニール袋を捨て、グローブをランパンにはさみました。序盤からしっかり給水。

5km~10km(Lap:21'00)
立体交差から学園西大通へ。ちょっと体が重いなと感じながらも、脚を使わない意識で淡々と走る。路面のわだちが深いので、できるだけ平坦な場所を選びました。

今回のレースは「非常識マラソンマネジメント」を参考にショッツ(糖質)、メダリスト(BCAA)、ウィグライプロ(グルタミン)をスパイベルトに詰め込んで走りました。

10km地点ではメダリストを補給。給水所の看板が見えてから飲むくらいでちょうどいいタイミング。少し早すぎて蒸せました。

10km~15km(Lap:21'00)
クリーンセンター入口を左折すると綺麗なイチョウ並木の道路。相変わらず体が重く、餅の食べすぎで胃がむかむかする感じ。ペースは抑えているので呼吸はとても楽で、再び併走となったじーさんとも時折会話しながらリラックスして走れました。

15kmではショッツを補給。ますますお腹いっぱいな感じに...。15kmの給水は15km看板の少し先にありました。

15km~20km(Lap:21'05)
この辺りはペースの合う集団に乗れたので楽に走れました。

19.5kmの給水でメダリストを補給。胃のむかつきが酷くなってきました。

20km~第1折り返し付近は応援も多くて力になりました。接骨院の先生も治療を受けているランナーさんが大勢参加しているので応援に駆けつけて下さるとのことでしたが、残念ながら見つけることができませんでした。

20km~25km(Lap:22'20)
20km過ぎの第1折り返しを回ってウィグライプロを補給。胃のむかつきが酷いので、これ以降、当初の補給計画を止めることにしました。合う合わないがあるので各自で調整が必要ですね。

中間地点を1:28'55で通過。

ここまで、5kmを21'00のイーブンペースで無理なく走っている感触でしたが、急に脚が動かなくなりました。ズルズルと抜かれる一方の展開。

前太ももに筋肉痛の兆候。こんな部位が筋肉痛とは...完全に練習不足。スタート前、少し前太ももが痩せたなあと思っていましたが、着地の衝撃を支えきれなくなってしまいました。

25km~30km(Lap:24'33)
前太ももの筋肉痛と共に、右膝外側にも痛みが出てしまい、痛みが走ると力が抜けてガクッと崩れ落ちそうな状態になってしまいました。痛みの我慢できる範囲にストライドを縮めて何とか前へ。

ちらほらと棄権する人たちが目に入り出し、DNFが頭をよぎり始めました。

30km~35km(Lap:27'15)
右膝の痛みも増し完全に失速。何度も止めようかと葛藤しました。

初フルから続いた(といってもまだ2回ですが)サブ3も厳しくなりましたが、タイムはいつか途切れる時が来る。完走だって誇れる記録。諦める癖をつけたくない。治療して下さった先生や応援して下さった皆さんにも復活の第一歩を報告したい。

歩かずゴールすることに目標を切り替えました。

20km以降は補給食を止めて給水(アミノバリュー)だけにしたおかげで、胃のむかつきは収まりましたが、今度はお腹が緩くなってしまいました。

35km~40km(Lap:28'48)
学園西大通から立体交差を上がるところで、ささきちさん、りゅうさんから応援いただきました。痛みを抑えるようフォームに集中していて反応が遅れましたがとても力になりました。

36kmの給水所でトイレ休憩。ようやくお腹が落ち着いて再スタート。ロスタイムは2~3分くらい。

相変わらず、前太ももと右膝が痛みペースは上げられませんが、着実にゴールは近づいてきました。

第2折り返しへ向かう大学構内の道は段差が多く、スタート直後もつまずきかけましたが、38km付近で転倒して右手を負傷。痛かった。

40km~GOAL(Lap:11'47)
転倒した時に左ハムも少し痛めたようで、40km過ぎの坂では左ハムに痙攣の兆候。故障した左脚に負担を掛けたくありませんでしたが、右膝の痛みが厳しくなってきたので、残り2kmは左脚に頼って走りました。

テーピング効果もあってか左脚が持ちこたえてくれて、長かったレースが終了しました。

ゴール後
ゴール後は着替えの前に、補給(BCAA、グルタミン、他)を行い回復モードに入りました。帰宅してからは、アイシングで冷却。その後、温冷交代浴で疲労回復を図りました。今朝はだいぶ痛みも和らぎゴール後のケアは上手くいったようです。


じーさんは初サブ3達成!頑張って練習されていたので本当に良かったです。おめでとうございます!故障で苦しんでいた がしさんも故障明けから怒涛の追い込みでサブ3をキープ。素晴らしいファイトでした。

私はボロボロのゴールでしたが、故障した左脚に痛みが出ずにホッとしました。少し休んだら、2月の延岡西日本マラソンへ向けて再スタートを切りたいと思います。

関係者の皆様、応援いただいた皆様、ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿