2011年9月9日金曜日

走り込み期(STEP2 - 6週目)

延岡生活5週目は8月最終週。週末には一ヶ月振りに東京へ一時帰宅しました。台風12号タラスが四国から中国地方を縦断し、紀伊半島などで甚大な被害をもたらしました。
火曜日、日向灘と遠見半島

疲労抜きの週でポイント練習は3日のLSDだけ。左脚の付け根(裏側)を伸ばすと痛みでるほど疲れが溜まってしまい、もう一週早く疲労抜きの週にすればよかったと反省。物足りないくらいがちょうどよいのだろうけど、さじ加減が難しい...。焦らず少しずつやっていこう。

29日(月) 朝 5.45km jog
30日(火) 朝 11.48km jog
31日(水) 朝 10.55km jog
01日(木) 朝 5.15km jog
02日(金) 夜 11.56km jog
03日(土) 朝 180分LSD、24.49km、3:00'01(7'21/km)
04日(日) 朝 10.67km jog

月曜日は、前の週の徹夜仕事で時差ボケ気味でしたが、快晴の青空に緑の絨毯を眺めながらのんびりと走りました。日中は残暑を感じますが朝晩は涼しく秋の気配が漂ってきました。

火曜日は、台風が近づいて波が高くなってきた中、緑ヶ丘の松林クロカンコースからヘルストピア延岡まで足を伸ばしてみました。
ヘルストピア延岡は隣接する延岡市清掃工場の余熱を利用した室内プールや温泉などが入った公共施設。隣接する妙田公園多目的グラウンドはサッカー場兼ラグビー場でもあり芝生が足に優しかったです。

水曜日は、延岡市内中心部にそびえる愛宕山(標高251.2m)までjog。

平均勾配10%の愛宕山パワーアップロード2.1kmを一気に駆け上ります。

ゴールは出会いの聖地「愛宕山展望台」。

説明によれば、その昔、愛宕山は笠沙(かささ)山と呼ばれていたそうです。天照大神(あまてらすおおみかみ)が地上に平和をもたらすため、孫のニニギノミコトを地上(高千穂)に降臨させました。ニニギノミコトは、ここ笠沙山でコノハノサクヤヒメと出会い結婚。やがて海幸彦、山幸彦を含む3人の息子が生まれ、山幸彦の孫が初代天皇である神武天皇になったそうです。

ということで、「出会いの聖地」となった愛宕山。ハート型のモニュメントには南京錠が鈴なりでした。

さらに山頂の愛宕神社奥宮まで足を伸ばしたあと、一気に下界まで駆け下りました。

しかし、この下り坂が良くなかった。勾配10%以上の下り坂を2'35/km前後で走ってしまい、たった2kmで右脹脛下部に強烈な張りが出てしまいました。疲労抜きの週なのに何やってんだ...orz

この日は東京マラソン2012のエントリー最終日でもありました。最終日にエントリーして連続当選されている方の話を聞き、今年は最終日にエントリーしてみました(笑)。今年の抽選倍率は約9.6倍とのこと。三度目の正直となりますように。。。

8月最後の夜は仕事仲間と市内のホテル屋上ビアガーデンへ出かけました。3,000円で飲み放題、食べ放題。仕事もひと山越えて一息入れられました。

木曜日は、左脚付け根、右脹脛の張りが酷く、緑ヶ丘の松林クロカンコースで軽めjog。台風の影響で高温多湿。波も一段と高かったです。

金曜日の朝は台風最接近で様子見。夜になって雨が止んだところで走りました。やはり左脚付け根と右脹脛の張りが酷い。

土曜日は、市内観光LSD。台風が離れ青空が戻ってきました。

延岡城跡・城山公園
大瀬川から見た城山

天守台跡地には鐘つき堂があり、一日6回、時を告げています。

二の丸跡では、10/8(土)に開催される「のべおか天下一薪能」の設営が始まっていました。
千人殺しの石垣

五ヶ瀬川

今山大師寺
五ヶ瀬川からの見た今山

山下新天街

山下新天街の途中に今山八幡宮の東参道入り口がありました。階段を登って行くと...
今山大師本堂からの城山、愛宕山の眺め

日本一高い(17m)弘法大師像

東海(とうみ)スイミングクラブ
祝子川

最後は延岡バイパスを北上して東海SCへ。東海中学校の道を挟んで向かい側にありました。

松田丈志選手(北京五輪200mバタフライ銅メダリスト)が育ったビニールハウスプール。想像以上に年季の入ったビニールハウスで、補修作業をされていました。ハウスの中では将来のメダリスト達が元気に泳いでいました。頑張れちびっ子達!

久しぶりにLSDで180分走りましたが脚持ちは問題ありませんでした。8月の走行距離は366.5kmで、またもや400kmを越えられませんでしたが、自転車も426.1km乗れ、ペース走、ロング走もほぼ予定通りこなせました。クロカンjogの効果もあるのかな。

夜、一ヶ月振りに東京の我が家へ帰宅。

日曜日は朝jogした後、世界陸上最終日の男子マラソンをテレビ観戦。旭化成所属の堀端選手が日本人トップの7位に入賞されました。やはりマラソンは30kmからだと感じました。あと減量も...。

  • 8月 366.5 km
  • 9月 51.9 km
  • 今年 2410.0 km

0 件のコメント:

コメントを投稿