2011年8月6日土曜日

GARMIN ForeAthlete110

ガーミン ForeAthlete110

これまではランニング距離の確認はオンラインアプリを使っていました。気軽にコースを変えられないとか、出張先で知らない道を走ったり地図に載っていない道などがあると距離が分からなくなる欠点がありました。トレイルランなどで山に行く際にも必要性を感じていたので、思い切ってランナー用GPSトレーナーを購入してみました。

クリップケーブル(末端はUSBかACアダプターに接続)で挟み込んで充電します。

約3時間でフル充電。省電力モードで約3週間、45分/日のトレーニング+省電力モードで約1週間、トレーニング連続使用で約8時間使用できるそうです。5分間何もしないと省電力モードに切り替わります。

簡単な初期設定(言語、距離単位、時刻表示、年齢、体重、身長、性別、トレーニング頻度)をして使用開始。

モードは、「時間/日付」「トレーニング」「心拍(オプション)」の 3つあり page ボタンで切り替わります。

トレーニングモードの画面では上段に距離(00.00 km)、中段にタイム、下段にスピード(km/h)またはペース(分:秒/km)が表示されます。

衛星を捕捉すると右側に衛星マークが点灯します。左側にはバッテリー残量が4段階で表示されます。

心拍計(別売)を使用すると心拍情報も取得できます。自転車用のGARMIN Edge500で使用している心拍計とベルトが流用できました。

心拍モードの画面では上段に距離(00.00 km)、中段に心拍数、下段にスピードまたはペースが表示されます。

自動ラップ(距離)機能を使うと、設定距離毎にラップが取得されます。手動ラップも可能です。ラップを取得すると5秒ほどラップ画面が表示されます。

オートストップ機能はないので、信号などで止まった時は手動で stop させる必要があります。

[ start ] → [ stop ] → [ reset ]長押しで走行データが保管されます。約180時間の履歴と軌跡ログが保管できます。

保管したデータは、クリップケーブルを使いPCに送信できます。Garmin Connectにサインインし、アップロードを押すと「ガーミンコミュニケータープラグイン」が見つからないので「今すぐダウンロード」ボタンを押下。

下記画面で、「Begin Installation」を押してもインストールされなかったので右下の「Manual Installation」でファイルをダウンロードしてインストールしました。

接続確認もOK。

アップロードした結果を見ると、GPS精度はまずまずだと思います。

見た目の大きさほど違和感もなく、重さ(52g)も気にならず、フィット感も良いです。画面の文字も大きくて見やすいです。機能的にも十分。ランニングコースの自由度が広がりそうで楽しみです!

インプレ

0 件のコメント:

コメントを投稿