2011年7月17日日曜日

サプリメント

ポイント練習→休養(超回復)のサイクルで成長する上で、効果的なタイミングでの栄養補給が重要です。走り始めてから、通常の食事以外に、トレーニング前後でプロテインやサプリメントを摂取しています。

ザバス タイプ3 エンデュランス
ザバスには3つのタイプがあり、タイプ3は持久系アスリート向けのプロテイン。「体重増加や筋肥大を求めず、長時間の運動に耐える疲れにくい筋肉をつけたいと願うアスリート向け」だそうです。「大豆プロテイン」を100%使用し、エネルギー補給に優れた糖質「マルトデキストリン」、「11種類のビタミン」、「3種類のミネラル」がバランス良く配合されています。

トレーニング直後30分のゴールデンタイムに「アミノ酸(BCAA、グルタミン、アルギニン)」と「糖質」を摂ると超回復に効果的なようです。

プロテインは、2011年6月から摂り始めて2ヶ月ですが、ポイント練習による筋破壊からの回復が早くなったような気がします。朝ラン直後か夕食後、牛乳300mlに付属スプーン2~3杯を溶かして飲んでいます。美味しいです。(水だと溶けにくく不味かった)

外出先では明治の『 即効元気 』もお気に入りです。アミノ酸1500mg(BCAA、アルギニン)、クエン酸1000mgが含まれています。


ウィグライプロ
昨年2010年5月に参加したウィグライ・ランニングクラブで知り、無くてはならない存在になりました。小麦たんぱく質から作られたペプチドで、「グルタミン」を豊富に含んでいます。

ポイント練習の直後、レース時はレース前後、長距離レース時はレース中にも摂取しています。筋破壊を遅らせてくれ、レース後は、筋破壊を止めてくれます。

味は酸っぱい感じで好みもあると思いますが、私は水なしでも飲めるくらい味も気に入っています。通販で取り寄せています。http://www.wgh-shop.jp/shop/


i-mente(鉄、ビタミンC、カルシウム)
マツキヨで売っているサプリメント。ランナーに多いスポーツ性貧血予防に「」、鉄の吸収を助ける「ビタミンC」、疲労骨折予防に「カルシウム」。

高校時代はスポーツ性貧血で悩まされたので、走り始めてから1年8ヶ月摂取し続けています。もちろんメインは食事ですが、サプリメントで補っておくと多少食事のメニューに偏りがあった日でも安心です。1ボトルに3ヶ月分入っておりお得です。


MUSASHI NIスティック
疲労の激しい時は、NI。原材料はBCAA(バリン、ロイシン、イソシロシン)。味はしない(粉っぽい)ので水で一気に流し込んでいます。効きます。

最近はトレイルや自転車などの水分補給で『 MUSASHI REPLENISH(リプレニッシュ) 』を摂ることが多いです。マルトデキストリン、L-グルタミン、クエン酸、クエン酸カリウム、BCAAなどを含んでいて、エネルギー補給、足「つり」予防に効果があるように感じます。味もやや酸っぱい感じで好みです。


塩熱サプリ
最後は、塩熱サプリ。特に汗をかきそうなレース前夜、当日朝、レース直前に摂っています。6種類の電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、塩化物、炭酸水素)を含んだタブレット。味もまずまずです。

0 件のコメント:

コメントを投稿