2011年6月28日火曜日

富士登山競走の試走(2011年1回目)

6/26(日)に今年一回目の富士登山競走の試走に行ってきました。今回はランナー仲間のじーさん(五合目コース初出場)と一緒にスタート地点の富士吉田市役所から五合目+αという感じで試走しました。

※コース詳細(2010年の試走):五合目コース山頂コース

4:00に起床し、5:00に調布の自宅を車で出発。
6:00にじーさんと合流し、東名高速(東名町田IC~御殿場IC)~R138~東富士五湖道路(須走IC~山中湖IC)を経由して、7:30に「中の茶屋」に到着。左手の駐車場は既に10台ほど駐車していました。

標高1100m、気温22℃で涼しい空気。トイレを済ませ、ボトルポーチだけ装着して一旦ロードを下山。途中、何人もの試走ランナーとすれ違いました。北口本宮富士浅間神社に立ち寄り安全祈願。市役所への最短ルート(約6.3km)を通り、30分ほどで富士吉田市役所に到着しました。

市役所前のスタート位置付近に白線が引かれていました。

8:30、富士吉田市役所スタート(距離0、標高770m)

会話しながら「中の茶屋」に45分ほどで到着。車に戻り、トレイルラン用具一式が入ったバックパックを背負って再スタート。馬返し前の坂はキツく感じましたがゆっくり走り続けました。

「馬返し」の駐車場は満車。発表されたばかりの迂回路を通ってみました。

駐車場の中程左側から柵の左側を回って狭い登山道に入りました。距離も短くあまり影響はなさそうです。鳥居にヒビが入って倒壊の危険があるようでした。

前日のトレーニングの疲れもあり、三合目辺りからは結構歩きも入ってしまいました。下山してくるランナーが多く、福田六花さんともすれ違いました。物凄いボリュームの髪、あっという間に駆け下りていってしまいました。

コースは倒木も無く走り易かったですが、五合目手前のロードには砂礫が散らばっていました。

10:59、五合目(佐藤小屋)に到着。中の茶屋での荷物装備を除くと2時間16分。昨年の試走は2時間24分(本番では1時間41分)。背負った水が少ない(軽い)、下山の距離が少ない(昨年は馬返しから)とはいえ、一回目の試走としてはまずまずかな。

佐藤小屋は営業していませんでした。気温22℃。暑い。この時点で水500ml(少な過ぎました)が底を尽き始めていました。山開き前は、トイレ、水に注意しないといけません。トイレは、二合五勺(細尾野林道)左手のトイレが最後でした。

10分ほど休憩しながら下山してきたランナーから上の状況をリサーチ。体が飛ばされそうになる程の強風が吹き、砂埃も凄いらしい。

五号五勺(経ヶ岳)の灯篭も東日本大震災の余震の影響で崩壊していました。

六合目(安全指導センター)あたりから風が吹き気温が下がってきました。

久しぶりの砂礫の感触を確かめながら七合目(花小屋)まで。

ここで12:00になり、強風も吹き荒れ、水もほとんど底を尽いてしまったので下山することにしました。

怪我をしないよう慎重に。体力も消耗していたので、休憩を入れながらゆっくり下りました。

佐藤小屋まで下りると嘘のように暑い。中の茶屋では27℃まで気温が上昇していました。後半、頭の中は「コーラ、コーラ、コーラ…♪」

昔の富士山レーダーが展示してある「道の駅 富士吉田」でじーさんとコーラで乾杯!

いや~、本当に美味しいコーラでした。刺激すぎて胃がビックリしていました。

帰り道、篭坂峠あたりからの富士山。美しい。

17:00にじーさんと別れ、19:00前に帰宅。楽しい一日でした。

7月にもう一度、次は馬返しか五合目から山頂まで試走したいと思います。

●通過タイム(休憩除く)
中ノ茶屋(距離7.2km、標高1110m)0:45
馬返(距離10.8km、標高1450m)1:14、9:54a.m.
一合目(鈴原社、距離11.5km、標高1520m)1:20
二合目(御室浅間神社、距離12.6km、標高1720m)1:34
三合目(三軒茶屋、距離12.8km、標高1840m)1:43
四合目(大黒天、距離13.5km、標高1970m)1:53
四合五勺(御座石、距離13.9km、標高2040m)1:59
五合目ゴール(佐藤小屋、距離15.0km、標高2230m)2:16、10:59a.m.
六合目(安全指導センター、距離16.0km、標高2380m)、11:24a.m.
七合目(花小屋、距離17.0km、標高2700m)2:58、11:50a.m.

●ウェア
日除け付キャップ → 強風が吹くと飛ばされそうになる。
FINETRACK フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ → 五合目までは暑かったが六合目以降は暖かかった。
mont-bell クールラグラン ジップシャツ → 特に問題なし。
mont-bell トレール ランニングショーツ → 特に問題なし。本番では履かない。
SKINS スポーツ・ハーフタイツ → 使える。
SKINS パワーソックス → 使える。
Tabio ソックス → 特に問題なし。
グローブ → 必須。岩場、転倒時に、手のひらを保護してくれる。
ニューハレX(足首)テーピング → 必須。1枚貼り。本番ではV(膝)も予定。

●シューズ
履き潰すために古いランニングシューズを履いた。小指を何度か岩にぶつけて痛かった。本番ではトレランシューズの方がいいかな...。

●補給食、補給水
・おにぎり(梅干) 1個
・ミニあんぱん 4個
・水500mL(足りませんでした)

0 件のコメント:

コメントを投稿