2011年4月14日木曜日

秋までの予定

今年は年間グランドスラム(フルマラソン:3時間以内、100kmウルトラマラソン:10時間以内、富士登山競走:山頂コース時間内完走)を目標としています。フルマラソンは1月の勝田全国マラソンでクリアしましたが、5月の野辺山100kmウルトラマラソンが開催中止となってしまい計画を立て直すことになりました。

今のところ9月の秋田内陸100kmウルトラマラソンを考えていますが、開催が確定しておらず(5月末に開催or中止の決定)、10月の四万十川ウルトラも抽選なのとマラソン練習が遅れてしまうので迷っています。一応、次のような期分けにしようと思っています。

4月~5月:
次のフルマラソンに向けたトラックでのスピード強化。そろそろ動きが良くなってくることに期待。(青梅高水山、春季陸上5000m、リスタート5000m、日体大競技会5000m)

6月~7月:
富士登山競走に向けた登り対策。トレイルラン、富士山試走を行う予定。キタタン→富士山は昨年と同じ流れ。キタタンで破壊された筋肉の超回復に期待。
(北丹沢12時間山岳耐久、富士登山競走)

8月~9月:
ウルトラマラソンに向けた長距離対策。トレイルラン、LSDなど。
(秋田内陸100kmウルトラマラソン)

来シーズンのフルマラソンは、つくば or 青太 + 別大 or 東京(抽選)を考えています。


ランナーズ2011年5月号に持久係数の記事がありました。

フルマラソンの記録(秒)÷ 10kmの記録(秒)= 持久係数

私の場合、フルマラソンの記録、2時間51分05秒(=10265秒)、10kmの記録、37分11秒(=2231秒)、なので持久係数は、4.60 となります。

持久係数表(フルマラソン)
2時間30分以内 スタミナ型 4.50以下、スピード型 4.60以上
3時間00分以内 スタミナ型 4.55以下、スピード型 4.70以上 ← ココ
3時間30分以内 スタミナ型 4.65以下、スピード型 4.80以上
4時間00分以内 スタミナ型 4.75以下、スピード型 4.90以上

持久係数表(10km)
30分以内 スタミナ型 4.50以下、スピード型 4.65以上
35分以内 スタミナ型 4.55以下、スピード型 4.70以上
40分以内 スタミナ型 4.60以下、スピード型 4.75以上 ← ココ
45分以内 スタミナ型 4.70以下、スピード型 4.85以上

スタミナ型とスピード型の間ですが、10kmの表で見るとスタミナ型に寄っているようです。5月末の日体大競技会までに少しでもスピードの底上げを図りたいと思います。

野川公園の桜

0 件のコメント:

コメントを投稿