2011年4月4日月曜日

adidas adizero pro4

2/27の東京マラソン・ボランティアの帰りに、春のロードレース(開催中止になってしまいましたが...)やトラックレース用に軽量シューズを購入しました。

◇adidas adizero pro 4(アディゼロ Pro 4)
品番:G43519、カラー:インテンスグリーンS11×ブラック×ランニングホワイト
26.0cm、154g

adizero pro4の2011年春モデル。レギュラーラスト採用ユニセックスタイプ。2/20の横浜国際女子マラソンでは、尾崎好美選手(第一生命女子陸上競技部)がこのシューズで優勝しました。

asicsのソーティージャパンLYTE、ソーティージャパンDUO LYTEと比較しました。ソーティージャパンDUO LYTEはソール形状の影響か突き上げが強く感じました。ソーティージャパンLYTEはソフトな履き心地で非常に迷いましたが、グリップの良さそうなadizero pro4にしました。

adizero Japanと同じく中足部のホールド感が良いです。前足部の幅はadizero Japan WIDEより窮屈感がなく自分の足にはよりフィットしています。どちらかと言えばターサーゲイルに近い履き心地です。

重さは手持ちのシューズの中で一番軽いターサーゲイルの189gよりも軽い154g。履いていることを忘れる軽さです。全体にメッシュで通気性も抜群です。ちなみに、お店で計測した中ではソーティージャパンLYTEが一番軽かったです。

ソールも薄くて軽いですが、意外と前足部のソールの厚み(柔らかさ)を感じます。もちろんヒールコンタクトではダイレクトに衝撃を受けますが、フォア~フラット着地であれば問題ありません。グリップも良いです。これまで、3回ほど履いてみましたが、反発力はadizero Japanの方があるような気がします。

お店では、フル2時間45分以内、ハーフ1時間20分以内の場所に置いてありました。確かにそのくらいの脚を要求するシューズだと思います。

もう少し体重を減らして、シューズの良さを引き出したいと思います(^^;

0 件のコメント:

コメントを投稿