2011年4月21日木曜日

第16回ツール・ド・草津

今年も春を告げるヒルクライムレース、『 第16回 ツール・ド・草津 』に参加してきました。
昨年の大会に続いて2回目の参加です。昨年の大会は、初めての自転車レース(ヒルクライムレース)参加で不安だらけでしたが、今年は2回目ということでリラックスして臨むことができました。

■4/16(土)大会前日
09:30 ... 調布出発。昨年より1時間早めに出発。今年は家族で出かけました。
11:15 ... 上里SAで小休憩。到着して直ぐ栃木県を震源とする大きな余震。
12:15 ... 渋川伊香保ICで降りて道の駅「こもち」で昼食。こもち(小餅)入り鯛焼きが美味♪
14:40 ... 草津到着。昼食をゆっくりし過ぎて、昨年と同じ時間になってしまった。

受付後は試走へ行きました。トークショーも楽しみたかったのですが、この1ヶ月、震災の影響などもあり実走一回だけと不安があり、昨年は試走に行く時間が遅くてゲートが閉められてしまい試走できなかったので、まず試走に行きました。

試走ができるのは殺生河原の手前まで約5km。大勢のサイクリストが試走していました。有酸素ゾーンで走りましたが、標高が高いためか、結構きつく感じました(スタート地点:1244m、殺生河原:1546m)。路面の荒れた箇所には、分かりやすく赤いビニールテープで印が付けられていました。

17:00 過ぎに宿泊先へ。今回はスタート地点の近くにある「ナウリゾートホテル」に宿泊しました。宿泊客は大会に参加される方が多かったようです。膝下マッサージを受けながら聞いた話では、震災の影響で観光客が減ってしまったそうです。

全国で様々なイベントが自粛中止になっています。今回の開催決定についてもいろいろな意見があったようですが、観光地の活気を取り戻すためにも、出来る限り開催した方が良いのではないかと思います。動けるところが動かないと、経済が回らなくなってしまいます。

22:00 ... 就寝

■4/17(日)大会当日
05:00 ... 起床。風もなく快晴!最高のヒルクライム日和!

まずは温泉で体を目覚めさせました。朝食は、アミノバイタルゼリー、草大福。

08:10~08:50 ... ホテルの駐車場で40分ほど固定ローラーでウォーミングアップ。昨年はアップ不足で脚が回らなかったので、今年はローラー台を準備してきました。ただ、アップの仕方まで調査不足で(^^;、少し汗ばむ程度、軽いギアで回しました。沢山の人が駐車場でローラーを回していましたが、かなり高回転で回しているようでした。CYCLE SPORTS4月号の付録で、長沼選手が「40~60分、最大心拍200bpmの170bpmまで上げる」と書いてありましたが、あのくらい回さないと心拍数は上がらないかもしれません。

アミノバイタルゼリー、アミノバイタルスティックを摂取。空気を7barまで入れ直し、トイレに行って出発!

09:20 ... 荷物預け。時間ギリギリでした。
09:30 ... 集合エリア到着。第1~3グループの内、第1グループの最後尾に並びました。

それにしても昨年と大違いで暖かい。今回のウェアは、インナーにfinetrackを着て、半袖ジャージ&パンツ、指なしグローブと夏仕様。スタート直前までウィンドブレーカーを羽織り、体を冷やさないようにしました。

エントリーは 2794人、震災の被害が大きかった福島県や宮城県からも18人が参加されているとのこと。自然と拍手が湧きました。今回の背中ゼッケンには、一言コメントを書く欄があって、「くるくる回そう、経済を!」なんて自転車と経済を掛けている人もいました。上手い!

柿沼競技委員長からは、「下を向かない(前を見る)」、「右サイドに抜かせるスペースを保つ」、「路面が悪い箇所の赤テープに注意」、「下山時に写真を撮りたくなるのは分かるがコースはクリアにしておくこと」との注意事項がありました。

10:05 ... 順次スタート!

今年は、昨年のタイム 54'53 より10分早い、45'00 を目標にしました。平均速度16.1km/h、ケイデンス75rpmを目標にすると、フロント34T X リア20T が目安になります。

序盤は、19T、21Tを使ってシッティングで進みました。アップのおかげか前日の試走の時より楽に感じ、緩斜面ではギアを重くして加速しタイムを稼ぎました。第1グループ最後方からのスタートでしたが混雑もなく、抜くだけなので走りやすかったです。

殺生河原を過ぎると遠くの山々まで景色が広がり風も感じ始めます。8~10kmの辺りは勾配も厳しくなってペースダウン。ダンシングの割合も増えました。平均速度も15.0km/hを下回り始め焦ります。

残り、2kmの表示。残っているパワーを出し切るようダンシングでペースアップ!

ラストは全開で回してゴール!

タイムは、47'32(Garminデータでは距離12.07km、平均速度15.2km/h)。男子B(31~40歳)完走 671人中 119位、TOPとの差10'02でした。目標の45分切りはできませんでしたが、昨年のタイムを7分30秒短縮できました。

白根レストハウスでいただいたココアが最高に美味しかった~。

11:30 ... 防寒用にアームウォーマー、指ありグローブ、シューズカバー、ウィンドブレーカーを装着して下山開始。

途中、駐車エリアがあったので自転車を止めてパシャリ。

下山時は参加者の皆さんが、融雪剤を撒く係の方、給水係の方、応援の方々に「ありがとうございました!」と御礼を言いながら下山していました。本当にありがとうございました。

閉会式にも参加したかったのですが、昨年は関越道の渋滞のピーク時間に巻き込まれ帰宅が22:30になってしまったのと、家族もいたので、温泉まんじゅうを買って早々に帰路につきました。13:30に出発して19:00に帰宅。途中1時間ほど長めの休憩と少し渋滞もありましたが、5時間半ほどで帰ることができました。

30歳以下のクラスでは仙台で家を流された選手が優勝されたそうです。
沢山の笑顔が溢れる素晴らしいイベントでした。また来年も楽しい週末を送りに参加したいと思います!

■走行データ

0 件のコメント:

コメントを投稿