2011年1月23日日曜日

第35回サンスポ千葉マリンマラソン(10kmの部)

勝田全国マラソンに向けた調整レース、『 第35回サンスポ千葉マリンマラソン 』の10kmの部に参加してきました。

会場は千葉市美浜区にある千葉マリンスタジアム。昨年プロ野球で日本一に輝いた千葉ロッテマリーンズの本拠地です。ハーフマラソンの部は日本陸連公認で女子の大会記録(1:08'55)は金メダリスト高橋尚子さんが持っています。東京から近いため参加者1万人を超える人気の大会です。

5:00 起床。朝食(もち2個、aminoVITALマルチエナジー)
6:30 自宅出発。京王線/京王新線で市ヶ谷駅乗り換え~東京メトロ有楽町線(新木場駅)~JR京葉線
8:00 aminoVITAL SUPER SPORTS補給
8:20 海浜幕張駅到着。待ち合わせの人々で混み合っていました。

海浜幕張から徒歩で会場へ。右手は幕張メッセ。バルーンがハーフのスタート地点。

20分ほどで会場の千葉マリンスタジアムに到着(8:40)。受付を済ませてスタンド内へ。

場内では開会式が行われていました。ゲストランナーの高橋尚子さんがスピーチ中でした。ゲストはQちゃん以外にもSAC代表の小出義雄さん、プロ野球解説者の江本孟紀さん、千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手と豪華な顔ぶれ。

9:00 の気温は3℃との発表。風が無いためか暖かく感じましたが、念のためウェアは、Tシャツにランシャツを重ね着+ランパン+アームウォーマー+グローブ。ゴール後の気温は6℃だったようですが、ランシャツだけでもよかったかもしれません。

ゼッケンを付け、ウィグライプロを飲み、着替えを済ませると、既に 9:20。

あれ?時間がない(汗)

とりあえず、走れる格好になり、貴重品を預けに行く。やや大きめの封筒なので、入りきらないものを再度スタンドの席へ持ち帰る(9:30)。

朝からトイレに行っていないので不安だったが長蛇の列に諦め、大急ぎで、スタート地点へ移動。早めのペースで走ってアップ替わりに(^^;

10kmのスタート地点は幕張海浜公園の交差点の先。左の写真で400mくらい先に見える見浜園交差点の歩道橋手前。(写真はゴール後に撮影)

ウィンドスプリント100mを3本ほど入れて心拍数を一度上げておきました。

9:40 にスタート地点に着き体操とストレッチ。スタート位置は男女別、ナンバーカード順に分けられており、幸い一番前のブロックでした。

9:50 スタート!

ロスタイムはほとんどなく、3車線道路なので混乱もなくスタートが切れました。

スタート直後は右カーブ。10kmの部は東に向かって右側(海側)の3車線道路を走ります。

その先は、左カーブ。キロ標識がなくペースが分からないが無理のないペースで走る。

唯一のアップダウン美浜大橋。高低差は6m程度のなだらかな坂なので影響なし。

美浜大橋を過ぎると動きも良くなってきた。腰高、フラット着地、足首を返さないフォームを意識してイーブンペースで走る。

海沿いの3車線道路を東に走り、約4km地点で右折して稲毛海浜公園に入る。威勢のいい太鼓の応援を受けながら右折し、「いなげの浜」沿いに西へ。給水所があるが10kmではもちろん不要。

稲毛海浜公園内はいいアクセントになりました。

5.5km地点で元の海沿い3車線道路に戻り、来た道を逆に西へ。10kmの部のランナーがまだ大勢、東に向かって走ってくるので左端を走ります。反対車線はハーフの部(公認10:00、一般10:05スタート)のランナーが走っていました。

後半は向かい風が少し吹いていました。美浜大橋手前で残り3kmの表示。グロスで26'17。余裕度も高くほぼイメージ通りのペースで来ていることが分かりひと安心。

美浜大橋を越えたところで残り2km。路面状態も良く、とても走り易いコースでした。

スタート地点の先が残り1km(9km地点)。その先、海浜幕張公園の交差点を左折して千葉マリンスタジアムへ。

例年だとスタジアム内がゴールだそうですが、今年は工事中のため、スタジアムの外がゴール地点。写真のバルーンまで行って折り返してきてゴール。

ゴールタイムは、37'47 (ネット:37'42でした。

可もなく不可もないタイムで、勝田全国マラソンに向け良い刺激になりました。
(スタート前のバタバタもよい教訓になりました(^^;)

運営もしっかりしていて良い大会でした。関係者の皆様ありがとうございました。

千葉マリンスタジアムの横にある「幕張の浜」

参加賞など(他にバームウォーター)。Tシャツは大きすぎました...orz。身長170cmだとMくらいがちょうど良さそう。スーパーヴァームの試供品は小出監督が配布していて、握手付き(^^)。ゴツイ手からパワーもいただきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿