2010年12月12日日曜日

高尾山~陣馬山トレイルラン(復路1号路)

昨日(12/11)、高尾山~陣馬山往復トレランに行ってきました。
往路は、9月に走った『 6号路(びわ滝コース) 』を、復路は『 1号路(表参道コース) 』を走ってみました。

前日は帰宅後、足首と膝に自作ニューハレでテーピングをして23:00就寝。

4:00起床。コンビニでおにぎり、ウィダーinゼリー、シュークリームを買い、始発待ちの間に朝食。京王線の始発5:26で調布駅を出発し、6:11に高尾山口駅に到着。高尾山口まで乗車したのは登山の方々が数名。

改札左のコインロッカー前で準備し、帰りの着替えなどをロッカーに預ける(300円)。手袋を出し忘れて600円...orz

6:32、日の出とともに高尾山口駅をスタート!

6号路は雨が降った後のようで所々湿った路面がありました。LSD替わりなのでスピードは気にせずコケないように注意しながら駆け上る。

40分弱で高尾山山頂に到着。

高尾山頂には4人ほど先客がいました。カップルが三脚を立てて富士山を背景に写真を撮っていました。いい写真が撮れたんじゃないかな。来年の年賀状にでも使うのかな?
あっ、ブログ書いてる場合じゃない、年賀状書かなきゃ(笑)

一丁平からの富士山と北丹沢の眺め。
冷たい風が心地よく、早朝の空気で本当に清々しい気分になりました。

木漏れ日の差す森の中を気持ち良く駆け抜ける。

小仏峠を過ぎて、景信山へ向かう登り道からの眺め。

一丁平から先は景信山の売店に特殊な機械で荷揚げする夫婦と出会ったくらい。静寂のトレイルを独り占め。鳥の歌声、風の音を聞きながら至福の時間。

8:47に陣馬山山頂に到着。スタートから2時間15分。


関東平野、丹沢山塊、富士山、南アルプスまで一望できました。

5分ほど休憩し、復路のスタート

復路は、始発の次以降の電車で来たと思われる多くのトレイルランナーやハイキングの方とすれ違い、たくさん挨拶を交わしました。

トレイルランはスピードはゆるくても、木の根を越えたり、坂道を登ったりと強制的に腿上げが課せられます。不整地を走ることで普段鍛えるのが難しい筋肉もバランスよく鍛えられます。つくばマラソン前は平地でロード中心のトレーニングだったため、大腿四頭筋や膝周りの筋肉が弱くなりました。来年の富士登山競走前は山修行が必要だと感じました。

陣馬山をスタートしてから1時間半。高尾山山頂を周回する5号路に合流。左へ。

ゆるやかな登り坂を少し進むと右手の高尾山山頂から下りてくる1号路が見えてきます。

1号路に入ると下りが始まります。観光客が増えてきますが、道幅もあり路面も整備されているので安心してすれ違いができます。しばらくすると薬王院に到着します。

高尾山薬王院(正式名称:高尾山薬王院有喜寺)。1260年前に開山し、真言宗智山派の三大本山(成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院)の一つだそうです。古来、高尾山は修験道のお山といわれています。最近はランナーにとっても修行の場になっている?

下りなので裏から順に巡っていきます。まずは「奥の院」。

急な石段を降りると「ご本社」。

さらに石段を降りると「ご本堂」。

四天王門(表から見たところ)

ここからは道幅も広がり、整備された舗装道路の下り坂で走りやすい。

権現茶屋の前、仏舎利塔を中心に、左が女坂、右が108段の階段がある男坂。

女坂を気持ち良く駆け下りる。

浄心門をすぎると、右手に「たこ杉」が見えてきます。樹齢450年、高さ37m、幹囲6mの杉の木。根の形がたこの足に似ています。八王子市の天然記念物。

左に行くとケーブルカー乗り場。高尾山のケーブルカーは最大斜度31度14分。鉄道事業法準拠の日本の鉄道における最急勾配とのこと。直進します。

東京方面を一望できる眺めの良い場所がありました。

右手にリフト乗り場(エコーリフト2人乗り)。

リフト乗り場を過ぎると道幅が狭くなり、大きい石が埋められた荒い舗装路になります。斜度も急になり走り難くなります。

分岐。高尾山口への近道は右手。さらに急斜面になります。直進すると金比羅台経由で下山することもできるようです。

急斜面をブレーキかけながら下山。ケーブルカー清滝駅の横に戻ってきました。

11:00前、高尾山口駅に到着。復路は2時間5分でした。

1号路の後半はかなりの急斜面でしたが、他のルートに比べて道幅もあり、路面も舗装なので安全に下山することができました。稲荷山コースの3.1km、6号路(琵琶滝コース)の3.3kmに比べて3.8kmと若干距離は伸びますが、下山はこのルートが良さそうです。

<ウェア>
mont-bell EXライト ウインドジャケット
mont-bell クールラグラン ジップシャツ(半袖)
FINETRACK フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
THE NORTH FACEのイヤーウォーマー
ネックウォーマー
アームウォーマー

mont-bell トレール ランニングショーツ(ハーフパンツ)
SKINS スポーツ・ハーフタイツ
SKINS パワーソックス
X-SOCKS SPEED ONE

THE NORTH FACE SHRIKE(シュライク12L)に長袖、長ズボンを入れて走りましたが、上記ウェアで丁度よい暖かさでした。

<シューズ>
THE NORTH FACE Single-Track。

<消費した飲食料>
shotz Wild Bean x 2(水で2倍で薄めてフラスクボトル)
WASP OKANIC x 1
グリコ CCDドリンク 250ml程度
夏場は1.5Lくらい飲みましたが、冬場は汗かきませんね。

<行き/登り>
高尾山頂 0:37
一丁平 0:53
小仏峠 1:13
堂所山分岐 1:45
明王峠 1:57
陣馬山 2:15

<帰り/下り>
明王峠 0:15
堂所山分岐 0:25
小仏峠 0:56
一丁平 1:11
5号路合流 1:29
高尾山口 2:05

0 件のコメント:

コメントを投稿