2010年11月13日土曜日

つくばマラソンのナンバーカード

11/7(日)につくばマラソンのナンバーカードや大会プログラムなどが入った書類がヤマト便で届きました。

大会プログラム、注意事項、ナンバーカード、計測チップ、手荷物預かりの案内、30回記念タイムカプセルに入れるメッセージハガキ(2020年に開けるそうです)、送迎バスの案内(事前予約、東京駅~筑波大学)、完走記念品の案内、ゼビオの割引券。

ナンバーカードや計測チップが事前に送られてきたので、当日はスタートラインに立つだけ。手荷物預かりの料金は 200円。事前にカレンダーなどの裏紙でゼッケンナンバーと氏名を書いた用紙(30cm x 40cm)を準備しておく必要があります。

大会プログラムのゼッケンナンバーを見るとフルマラソンのエントリーは 13,230人。
男子:00011~02294 / 03001~11427 / 合計 2284+8427=10,711人
女子:15011~15693 / 16001~17836 / 合計 683+1836=2,519人

所属クラブなどを見ると男子の場合 11 ~ 2294 までが陸連登録かな?

スタート位置は申告タイム順で、A~Hブロックの順番に並ぶようです。ツイッターのつぶやき(http://twitter.com/tkbm1981/)によれば、陸連登録はA、Bブロック。スタート地点からCブロックまで150m、Hブロックまで600mくらいありそうです。私はAブロックなのでスタート地点から50mくらい(ロスタイム20秒くらいか?)に並べそうです。確か2:50'~3:00'で申し込んだと思います。サブ3目標のランナーとしては、ロスタイムが少ないことは助かります。

スタート時間は9:30。この規模の大会に参加するのは初めてなので時間に余裕を持って行動したいと思います。

ツイッターのつぶやきによれば、距離表示は1キロ毎。5キロごとは公認計測済み。その他は自己計測なのであくまでも参考程度とのこと。

ゴール地点は筑波大学陸上競技場のトラックを一周したところ。参加記念品(バッグ)は計測チップと交換。完走記録証もゴール後10~20分で発行されるそうです。ストラップやTシャツなども販売しているようなので物販テントも覗いてみたいと思います。

ゲストランナーは、谷口浩美さん(1991年東京世界陸上優勝、1992年バルセロナ&1996年アトランタ五輪出場)、鈴木博美さん(1997年アテネ世界陸上優勝)、SWACの萩原選手、大久保選手、木下選手が10kmの部に出場。マラソンの部にはタレントのダンディ坂野さんが参加。

給水は水が4km地点から約2~3km間隔。アミノバリューが10km地点から約5km間隔。

当日は、つくばエクスプレス研究学園駅からシャトルバス(250円、6:30~8:30、12:00~16:00)が運行するそうです。つくば駅からの場合、A2出口より徒歩20分だそうです。

明日は、最後の調整レース『坂東市いわい将門ハーフマラソン』。そのあと時間があれば、つくばの会場やコースを下見できたらと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿