2010年9月26日日曜日

WGHRCタイムトライアルinゆめのしま

昨日は WGHRCタイムトライアルinゆめのしま に参加しました。
5月6月7月とWGHRCのトラック練習会に参加してきましたが、今回はその成果を確認するタイムトライアルでした。

会場は夢の島競技場。新木場駅から徒歩5分。受付時間(16:45~17:30)ギリギリの17:20に到着。

更衣室で着替え。ロッカーは10円。シューズや水を持って集合。少し肌寒い気温。

17:30から競技説明が始まっていました。今回も元日本代表の平塚潤さん、大崎栄さん、100キロウルトラマラソン世界記録保持者の砂田貴裕さんという豪華なコーチ陣です。

日本陸連2種公認全天候型トラック(1周400メートル)です。


17:45から競技開始。ゼッケン順にスタート時間が異なるので分かりやすかったです。

17:45 500番台 25~27分目標の組
18:15 400番台 22~24分目標の組
18:45 300番台 19~21分目標の組1
19:15 200番台 19~21分目標の組2
19:40 100番台 19以内目標の組

今回は19分以内目標の組にエントリー。スタート時間までの待ち時間に伊藤超短波株式会社のITO-InBody検査を受けてみました。計測器に立ち、年齢、身長、体重を入力してレバーを握ると体成分を測定してくれるものです。

BMI:20.8
体重:59.4kg(重っ)
体脂肪率:10.4%
骨格筋量:29.9kg
体脂肪量:6.2kg
などの数値が、数十秒でプリントアウトされ、見方も解説していただきました。

上半身に比べ下半身の筋肉量が多く身体のバランスとしてはやや不均衡という結果でした。脚の筋肉量が体重に対する発達度から見ると重すぎるようです。脂肪を全て除いた除脂肪量は53.2kg。体脂肪量6.2kgをどこまで落とせるかと共に、走りに不要な脚の筋肉も落としたいと思いました。

300番台のランナーがスタートするころからトラック外周をゆっくり5周(2250m)ほど応援jog。

月がきれいでした。

ウィンドスプリント80mを4本ほど入れて心拍数を上げたところで20分前。寒くならないように着替えてから200番台のランナーを第4コーナー付近で応援。1周毎にラップが読み上げられるレースのような雰囲気に緊張感が増してきました。

200番台が終了して、いよいよ第3コーナーに100番台約30人が集合。WGHRCの青Tシャツを着ているのは、私ともう一人だけのようです。15分台のランナーもいてビビリながらも、気持ちで負けないように頑張ろうと気合を入れ直す。

大崎さんからは「1レーンと2レーンでは1周約7mも差があります!」とのアドバイスがありました。1レーン争い必至の様相(笑)

19:40スタート。平塚さんが3'20/km、砂田さんが3'30くらいのペースでリード。このお2人、5本目だというのに流石の余裕度です。砂田さんの後ろ2人目で引っ張っていただきました。

涼しくて風もなく絶好のコンディション。調子は普通な感じで、余裕はないけどギリギリではないペースで進みます。リラックスして集団に連れて行ってもらうつもりで走りました。

3000mを過ぎて心肺が苦しくなり徐々に離されてしまいました。もう一人の青Tさんに抜かれ際に声をかけられ、既に前の組で走り終えた方々の応援もあり、周回遅れになりながらも最後まで頑張れました。

1000m 03'38 Lap:3'38
2000m 07'10 Lap:3'32
3000m 10'40 Lap:3'30
4000m 14'21 Lap:3'40
5000m 18'03 Lap:3'42

走り込み中心で心拍数を上げる練習をしていなかったせいか、ゴール後は肺がとても苦しかったです。記録的には5月8日のT.T.が18'54だったので約50秒の短縮でしたが、17'30くらいを9月の目標にしていたので、後半我慢しきれなかったのが悔しく残念でした。4ヶ月で50秒だけとは道程はまだまだ長い...と実感させられました。

ロッカールームに戻りもう一人の青Tさん(Sさん@守谷)に声をかけさせていただきました。17'44だったそうです。つくばマラソンにも参加されるそうで健闘を誓い合いました。

関係者の皆さん、参加されたランナーの皆さんお疲れさまでした。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿