2010年6月20日日曜日

ZAMST アイスバッグ

ZAMST(ザムスト)のアイスバッグ(Mサイズ)


アイシングは、ケガの直後やリハビリ、疲労回復などに有効です。

ケガの直後には、RICE と呼ばれる応急処置が有効です。RICEとは、安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)のことで、RICE(20~30分)→RCE(30分)を繰り返すのが良いそうです。

疲労回復には、運動後10~15分程度のアイシングが効果的です。血管が一時的に縮んだあと、リバウンド効果で血管が拡張し、疲労物質の分解・吸収が促進されるそうです。

野辺山100kmウルトラマラソン後、膝周りの痛みや違和感がなかなか回復しない状態でした。この一週間、ザムストのアイスバッグを使って、走った後に両膝のアイシングをしたところ痛みや違和感が解消しました。

ザムストのアイスバッグ(Mサイズ)は、膝を包み込んで冷やせる大きさで使いやすいです。疲労回復にも効果があるように思えるので、今後も使っていきたいと思います。本当は、腰までつかれる氷風呂があれば一番なのですが。

ちなみに、コールドスプレーは、皮膚の表面を一時的に冷やすもので、急速に冷やせて鎮痛効果はあるが、保冷時間が短いのでアイシングには不向きなようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿