2010年6月8日火曜日

第7回Mt.富士ヒルクライム

自転車のヒルクライムレース『 第7回 Mt.富士ヒルクライム 』に参加してきました。

今年から自転車レースへの参加を始め、4月のツール・ド・草津に次いで2回目のレース参加になりました。今回は自転車レースの段取りも分かったので、リラックスして臨むことができました。

今回も 20年来の愛車 ZUNOW DIPICCE (ズノウ ディピッケ)での参戦です。
クロモリ、10.0kg、シマノ105の7速ダブルレバー、52/39T x 23/21/19/17/15/14/13T

ちなみに自転車歴は20年くらいですが、倉庫に眠っていた期間が長く、最近の情報にも疎いです。昨年(2009年)2月から再び乗り始めて、月一回くらい和田峠往復90kmサイクリングを楽しんでいます。好きだった選手は、L.エレラ、P.デルガド、Cキャプッチ、J.F.ベルナール。(^^;

■6/5(土)大会前日  曇ときどき小雨
金曜日の夜が徹夜の仕事となってしまいましたが、「土曜日受付のみ」ということで、帰宅後すぐに出発。時折雨がパラつく曇り空。途中で妻に運転を代わってもらいながら中央道で河口湖へ。

メイン会場の富士北麓公園まで1.5km付近から渋滞。自転車で来ている人も多かったです。天気が良ければ、先に宿で荷物を下ろしてから自転車で行くのが良いかもしれません。陸上競技場をぐるりと回って受付の近くに駐車。

16:00...受付。気温17度。風が冷たく半袖だと少し肌寒く感じる気温。草津よりブースが多くて賑やか。


ボトルを忘れたのでグリコのブースでCCDのボトル付きセット(2800円)と、試食して美味しかった大粒干しぶどう(1パック300円)を購入。

スペシャライズドのブース


自転車レースの会場に初めて来た妻も、最近の恰好いい自転車を見て「こんな自転車なら家の中に置いても綺麗ね」とのこと。新車購入に一歩前進か♪

17:30...宿に到着。河口湖畔の「湖舞家」。夕食がとても美味しかった。玄関先をお借りしてフロントフォークに記録計測発信機を取付。


参加賞はタオル。「登頂成功」の白いビニール袋が五合目用荷物袋。


21:00...就寝。40時間振りの睡眠であっという間に夢の中へ。


■6/6(日)大会当日  曇→晴れ
3:00...起床。起床時心拍数39。完徹の影響はなさそうだ。気温14度。風がなく暖かく感じる。雲と霧に覆われてまだ富士山を見ることができない。ショッツエナジーGEL(ベリーバナナ)でエネルギー補給。


4:20...宿を出発。途中のコンビニで蜂蜜パンとカロリーメイトを食べる。

河口湖駅。小学生の頃は毎年夏休みに、祖父、父と富士山頂へ登山していて、ここで山小屋を予約してから五合目までバスに乗ったなあ。懐かしい。

富士スバルラインへ向かう道を経由して会場へ。

5:20...会場の富士北麓公園に到着。だいぶ体が温まった。前回の草津ではウォーミングアップが少なく体が動かなかったが、今回は体が目覚めたと思います。ショッツエナジーGEL(レモンライム)でエネルギー補給。

6:00...五合目用の荷物を預けてから第7グループのエリアに自転車を並べてトイレへ。この時間はトイレもまだガラガラでしたが、6時を過ぎたら長蛇の列になっていました。

6:45...第1クラス(アスリートクラス)スタート。第2グループは女子。一般男子は7:05から5分毎に申告タイム順のグループ(第3~第8)でスタート。試走をしていないのでタイムの予想もしようがなく、2時間で申告したところ第7グループ(ゼッケン7000番台)に割り振られました。

7:25...スタート直前に着ていたウィンドブレーカーを脱いで背中のポケットに入れ、富士北麓公園をスタート。ショッツエナジーGEL(ワイルドベリー)を飲みながら記録計測開始地点までのんびり進む。これで、野辺山で摂ったコーラ、コーラバニラと合わせて、ショッツエナジーGEL全味制覇。ワイルドビーンが一番好み。

ウェアは、夏用グローブ、夏用パンツ、半袖ジャージ、アンダーは寒さ対策でファイントラック。アームウォーマーは暑いのでスタート後すぐに外してしまいました。

記録計測開始地点(0km、標高1051m)
富士北麓公園から1.3km地点、富士スバルラインに入った所にある記録計測開始地点をスタート。500m先の料金所を抜けてスピードを上げる。

標高差 1254m、距離 24km、平均勾配は 5.2% と比較的緩やかなコース。
39T x 23 / 21 / 19T の3枚を使い分けながら15km/hくらいのペースで気持ちよく登っていく。

剣丸尾駐車場(一合目下駐車場、3.5km、標高1294m)0:14'09 Lap:14'09(14.8km/h)

時々、平坦~下りになる区間が現れるので下ハンドルを握って加速する。獲得標高的には四分の一を通過。

一合目(5.6km、標高1405m)0:22'26 Lap:8'17(15.2km/h)

木々の間を5000台のロードレーサーが駆け抜ける。
木に囲まれ風も無く最高のヒルクライム日和!富士山が綺麗!

二合目(9.0km、標高1596m)0:35'46 Lap:13'20(15.3km/h)

15分毎に給水。前日購入したボトルにはセットで購入したグリコのCCDドリンク500mlを入れました。運動中に水分と共にエネルギー、BCAA、アルギニンを補給できるドリンクとのことで飲みやすかったです。暑かったので少し足りないくらいでした。

樹海台駐車場(10.5km、標高1660m)0:41'10 Lap:5'24(16.7km/h)

獲得標高、距離的には、半分を通過。痙攣して脚を伸ばしている人もチラホラ。

三合目(12.8km、標高1786m)0:49'58 Lap:8'48(15.7km/h)

スタートから1時間、ショッツエナジーGEL(ワイルドビーン)を補給。
獲得標高的には、四分の三を通過。このあたりからペースを上げていきたいところ。

大沢駐車場(17.2km、標高2018m)1:07'30 Lap:17'32(15.1km/h)

応援の太鼓のリズムがとても良い! リズムに合わせてグイグイとペースを上げて行く。

四合目(17.5km、標高2045m)1:09'27 Lap:1'57(18.5km/h)

距離的にも、残り四分の一。四合目を過ぎると森林限界が近づき、木々の高さが低くなる。これまで気にならなかった風を受け始める。

スプリント区間(19km~20km)は少しペースを上げてみるも、前が詰まってスローダウン。
スプリント区間が終わると、左手に南アルプスの美しい稜線が。

奥庭駐車場(21.5km、標高2227m)の坂を越えると、ここから2kmは平坦?下り坂?。
前回の草津では最後追い込みきれず少し物足りなかったので、今回は下ハンドルを握って35km/hくらいでガンガン回してみる。

自転車レースは、なかなか心拍数が上がらない(上げるだけ回せない)ので難しい。

ラスト300mから最後の坂。今日初めて渾身のダンシング(笑)

五合目ゴール(24km、標高2305m)
ゴール後、ストップウォッチを止めて見ると1:30'23。1時間30分を切れたか微妙なところ…

ゴール地点、五合目の気温は5度と聞いていたが、陽射しが強くて暑い!本当にいい天気に恵まれました。


預けた荷物を探し(同じ袋なので探すのが大変)、グリコのクエン酸&グルタミンをボトルに入れ、日清ファルマのウィグライプロを補給。疲労回復には運動直後の補給が重要。ウィンドブレークジャージ、ロングタイツ、シューズカバー、冬用グローブを装着して下山準備。

ちなみに、auの携帯は圏外でした...

9:50...下山開始。晴れて路面状況が良く、爽快なダウンヒルを楽しめました。

10:30...富士北麓公園到着。吉田うどんを食べて終了。


翌朝確認した正式タイムは、1:29'58 でした。最後のLapは20'32(18.1km/h)。
いや~のんびり写真撮っている場合じゃなかったなあ(^^;
最後、頑張って良かった~。特に目標タイムもなかった(予想もつかなかった)けれど、完走タイム別に完走タイムステッカー&フィニッシャーリングの色が違うようなのでちょっと嬉しいです。来年はSILVERを目指して頑張ろー!

GOLD:1時間5分未満
SILVER:1時間15分未満
BRONZE:1時間30分未満
BLUE:1時間30分以上

午後は、家族でカチカチ山へ観光へ行きました。楽しい一日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿