2010年5月25日火曜日

第16回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン(79km~Goal)

79km地点、馬越峠(標高1620m)のエイドで一休み。ストレッチをして下り始める。

80km通過 8:57'21 Lap:54'57(10'59/km) 13:57 p.m.

急な下り坂で両脚全体への衝撃が増す。耐えながら、なんとか走り続ける。
爪がつま先にあたる。スピードを上げることができない。
ブレーキをかけながらの走りになるため、右脚の負担が大きい。爪が死ぬ~
(※1週間後、人差し指の爪は黒くなってしまいました...)

約5kmの急坂を下りきり、約84km地点(標高1180m)で右折。県道68号線へ。

千曲川を鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいる。遙か彼方に久し振りに見る八ヶ岳。

橋を渡って千曲川左岸の道に入る。久し振りに平坦な道路。再び暑さを感じだす。

この辺りから、抜かれる人数が多くなる。タイムも順位も問題ではない。
ゴールするんだ。ベストを尽くそう。

午後の日差しの中、スローペースで千曲川沿いを走り続ける。

85kmの標識が出てこない。そこまでペースは落ちていないはずだが...

千曲川に別れを告げ集落の中へ入っていく。

87km、最後のレストステーション、川上村多目的センターに到着。この区間、走り抜いた。85kmの標識は見落としたようだ。

87km通過 9:42'02 Lap:44'41(6'23/km) 14:42 p.m. ※80km~87kmの7km

体が水分を欲している。ウィグライウォーター、水、コーラをがぶ飲み。
うどんを持ってフラフラとテント内のパイプ椅子に腰掛ける。

残り13km。初めて完走できると実感する。
(しかし、ここから13kmで野辺山の厳しさを思い知らされるのだが...)

八ヶ岳を見ながら食べたうどんが忘れられない。

10~15分くらい休憩したか。
このまま、ゆっくり座っていたい気分だったが気持ちを奮い立たせ、再び走り始める。

67km付近で並走させていただいたゼッケンNo.1xxxN村さんに「追いついた!」と声をかけられながら素晴らしいスピードで抜き去られる。90km付近であのスピード、素晴らしいペース配分、精神力。

前のランナーを目標に我慢して走るが、あれだけ飲めば当然のように腹痛。今日は何度も腹痛になったが、5分間くらいペースを落として我慢すれば回復することを学んだ。

90km手前で野辺山方面へ左折。

90km通過 10:10'06 Lap:28'04(9'21/km) 15:10 p.m. ※87km休憩~90kmの3km

標高1150m。ここから標高1350mの野辺山まで登り坂が始まる。

両脚が痛み、脚に力が入らない。ちょっとした登りでも走ることが難しくなってきた。

もう走りたくない」という気持ちと「歩いちゃダメだ」という気持ちが交互に襲ってくる。

少し傾斜がゆるくなったところで走り出すが、コーナーを曲がると1kmくらい見通せる直線の登り坂。

精神力が試される。

傍から見たら歩いているのか走っているのか分からないようなペース。

気持ちだけは走っている。

ビニールシートで覆われたキャベツ畑?沿いに左へカーブし、八ヶ岳高原線の踏切を越える。

93km、食料のある最後のエイドで補給。

妻からのメールに励まされる。
「あともう一息ですね。ファイト!」
「93。今のペースだと、あと1時間近くかかるかも」
「お疲れさま。ゴール付近で待っています」

ありがとう。早くゴールに辿り着きたい。

両脚の痛みが増す。「走り」と「歩き」、歩きの比率の方が圧倒的に多くなってきた。

歩きも集中していないと、とたんにペースが落ちて、立ち止まってしまいそうになる。

日も傾き始め、肌寒くなってきた。

応援してくれるお婆さんに手を降って応える。声が出ない。「本当にありがとう」

95km通過 10:53'27 Lap:43'21(8'40/km) 15:53 p.m.

残り5km通過。ここからは1km毎のキロ標識になりカウントダウンが始まる。

ゴールの方角から、高瀬さんによる「Happy Birthday」の歌声が聞こえてくる。
誕生日をウルトラ完走で迎える幸せなランナーがいるようだ。


両脚は、とっくに限界を越えてしまっている。

走りたい。たった5kmを走れないことが情けなくて悔しい。雄叫びを上げ気合を入れ直す。

残り4km、最後の急坂を一歩一歩、歩いて登る。

沿道からの熱い声援、
そう!ゆっくりでいいよ!これが最後の坂だよ!がんばれ!!

気力だけで前に進む。

最後の急坂を登り切ると野辺山駅が見えてくる。線路の向こう側はゴール地点。
しかし、コースは駅と反対方向へ遠ざかっていく。野辺山は最後まで精神力を試されるコースだ。

残り3km、最後のエイドでウィグライウォーターを飲み干し走り出す。

高原の爽やかな風が吹いている。

残り2km、右膝から下に刺すような激痛がはしる。やばそうな痛みだ。もう走るのは無理なようだ。

右脚を引きずりながら、一歩づつゴールを目指して歩く。

残り2kmからは、何十人にも抜かれる。そんなことはどうでもいい。ここまで来たんだ、這ってでもゴールする。

残り1km

残り500m、八ヶ岳高原線の踏切を越えて野辺山駅方向へ右折する。沿道の応援が多くなる。

最後の気力を振り絞って一歩一歩、脚を前に運ぶ。

遠くで手を振っている妻と娘の姿が見えてきた。帰ってきたぞー!

駅前の角を左折して最後の直線へ。

娘が追いかけてきて、いっしょに走りだす。

幸せだ。

そして、午後4時41分、100kmの長い旅路の終着点に到着した。

100kmゴール 11:41'21 Lap:47'54(9'35/km) 16:41 p.m.



正式タイム 11:41:17 男子100km 233位 エントリー1535人、完走者985人(完走率:約6割)


ウルトラランナーになるという夢が叶いました。

ウルトラマラソンは、自分との戦いという面が大きい。だからこそ、一人ひとりが主役になれ、ゴールでの達成感、充実感、感動を同じように味わうことができる。そして、ウルトラでは体力のみならず気力が重要であることを実感しました。

エイドの皆さん、沿道で応援して頂いた皆さん、いっしょに走ったランナーの皆さんのおかげでゴールできました。

Twitterでも温かいお祝いのお言葉をいただき、本当に嬉しかったです。
@ThespaRunnerさんは今年デカフォレストに認定されました。野辺山のタフなコースを完走するのに誤魔化しはきかない。それを10年間継続する凄さは想像を絶します。

そして、いつも自由に走らせてくれて、応援までしてくれる家族に感謝します。本当にありがとう。

完走直後に首に掛けていただいた、完走メダル。

初めてのウルトラマラソン完走メダルはいろいろな思い出が詰まっていて、大切な宝物になりそうです。

皆さん、本当にありがとうございました。


ウルトラマラソン後の体調と反省点

2 件のコメント:

  1. こんばんは、はじめまして。
    @ThespaRunnerことじゅん1です。

    野辺山お疲れ様でした。ウルトラデビューだったんですね。
    私も10年前に野辺山でウルトラデビューしました。
    あの時は、何にも考えず、1km6分半以上のペースで
    走れば何とかなるだろうと思っていましたが、なんともなりませんでした。
    完走はできましたが。
    そんなこんなで10年。。。普通にゴールするつもりが
    涙が・・・やっぱきつかったですね。

    ウルトラは「共走」。走る人みんなが好敵手であり仲間。
    みんなで走る。それがウルトラマラソンなんですよね。

    改めて、ウルトラ初完走おめでとうございます。

    返信削除
  2. > じゅん1さん

    こんばんは、ありがとうございます!
    そして、デカフォレストおめでとうございます!!
    じゅん1さんの完走記も読ませていただき感動しました。
    実際に野辺山のコースを走ってみて、デカフォレストの凄さを実感しました。

    「競走」ではなく「共走」。まさにその通りですね。

    ウルトラマラソンがこんなにいろいろな感動を与えてくれるものだとは思っていませんでした。とても難しいレースでしたが、初めてのウルトラマラソンに野辺山を選んで良かったです。

    ラスト10km、応援してくださる方に走る姿を見せられなかったことが申し訳なくて...
    10年はとてもイメージできない果てしない道のりですが、
    まずは来年のスタートラインに立てるよう健康に走り続けられたらと思っています。

    本当に10年間、お疲れさまでした。おめでとうございます。

    返信削除