2010年4月2日金曜日

e3グリップ

握って走るだけで、ランニング中の体のバランスを自然と整える『e3グリップ』。
ジョグやLSDの際に使っています。

昨年11月に『国立競技場ファンランDAY 2009』というイベントに参加しました。このイベントのランニングクリニック(フォームチェック)に抽選で当選して、国立科学スポーツセンターの指導員から指導を受けることができました。

クリニックでは、ランニングフォームを正面と左横から撮影され、映像を見ながら修正点を説明されました。

  • 上体がやや前傾し過ぎているため、脚が後方で回っている(前に出てこない)。
  • 右の腕振りが横振り(手のひらが下向き)で、正面から見ると左の腕振りより低く内側に回し過ぎている。

バランスの悪さは故障にもつながるし、効率の良いフォームを身につけたいと思うのですが、疲れてくると悪い癖が出てしまいます。12月頃、よく走りに行く野川公園で『e3グリップ』を持って走っているランナーを見かけました。調べてみると売れ筋商品のようなので試してみることにしました。



最初の印象は、クロスカントリースキーのストックを持っているような感じでした。
一ヶ月くらいで効果が現れました。

  • 意識しなくても脇が締まり、腕振りが左右対称で無駄な動きをしなくなった。
  • 後ろにしっかり肘が引けるようになる。すると、腰が入って、膝も真っ直ぐ出る。

グリップだけで、これだけ変わるのかと正直驚きました。

少々高価かなとも思いましたが、シューズと違ってヘタる物でもないし、意識しなくても自然と腕振りが修正されるので非常に重宝しています。すでに3ヶ月以上使用していますが大変満足しています。

最近はディベロップメントバージョンの握り方を試しています。
http://www.nishi.com/pickup/training6_2.htm

ちなみに、『国立競技場ファンランDAY 2009』は、国立競技場初の主催ランニングイベントで、アシックスと日刊スポーツ新聞社の共催。午前は各種計測の後、国立競技場のトラックをゲスト(君原健二さん、マーラやまうちさん)とjog。午後は講義や上記ランニングクリニックなど。フォーム撮影動画(解説入り)はCD-ROMで、他にアシックスのTシャツなどもいただいて、参加費1,000円。大変参考になり、お得なイベントでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿