2010年4月4日日曜日

第12回Lafuma青梅高水山トレイルラン

初めてのトレイルランレース『第12回 Lafuma青梅高水山トレイルラン(15kmの部)』に出場してきました!

5:30・・・起床。朝食は、お餅2個と梅干1個。

ニューハレXテープ』で足首をテーピング。(これが後々助けてくれることに)









6:50・・・出発
7:20・・・三鷹駅から中央線。立川駅で乗り換えで青梅線の青梅駅まで約1時間。

昭和の街、青梅









車内も下車してからもトレランシューズを履いたランナーだらけ。改めてトレラン人気を実感。

8:40・・・青梅駅からひと山越えて、会場の「風の子太陽の子広場」に到着。









9:20・・・受付を済ませ、参加賞を貰う列に並び、ゼッケンをシャツに取り付け。

今日は肌寒くて、じっとしていると震えが止まらない。体を冷やさないようストレッチなどして過ごす。

10:00・・・30kmの部がスタート。

15kmの部は10:40スタートだが、寒いのと渋滞を避けるため早めにjogしながらスタート地点へ向かう。スタート地点には10:15くらいに到着。既に30名ほどが並んでいた。人が密集している分、若干寒さが凌げる。

今回のコースは、200mくらいの標高差を2回登り降りする。鉄道公園を少し上がったあたりからスタートし、矢倉台、分岐、三方山へと登り、そこから栗平地区まで一気に駆け下り、もう一度、栗平林道を登って分岐に合流し、ゴールまで駆け下りるコース。









10:40・・・いよいよスタート!

スタート直後は、道幅が広く混雑もない。1kmくらいで数えて見ると先頭から30番目くらいか。路面コンディションは良いが、尖った岩盤も多く、コース取りに集中。

道幅の狭い林道に入るころには、ランナーの間隔もバラついて走り易くなってきた。当たり前だが、常に傾斜がある上に、路面にも木の根が沢山あり、一瞬足りとも気が抜けない。近くを見たり前方を見たりの繰り返し。忙しい。

分岐地点を、25'26で通過。
厳しい傾斜では、他のランナーも歩きを入れているので、真似しながら膝を押して早歩きで登る。前方から落ちてくるランナーをかわしながら、マイペースで進める。

30kmコースとの分岐を、31'26で通過。
このあたりは、外国人2名を前に見ながら走るが、時々、下りの速いランナーに抜かれる。
トレイルをある程度のスピードで走るには(特に下り)、瞬時の判断、瞬発力、バランス感覚を磨く必要があるなあ。

下りでは一瞬捻挫しかかったが、テーピング効果で踏みとどまった。助かった~。

栗平地区を、37'17で通過。
ここから栗平林道の舗装道路に出る。ひたすら登る。登る。登る。
前も後ろも間隔が空いているので、一人マイペースで走る。
気休めに、アームウォーマーを巻くってみたり、PowerBar GELを少し舐めてみたり、シャツのジップをおろしてみたり。

登り終わったところが、給水所。51'51?
ここから再び、林道。がっ、

林道に入るところがコーナーの上に狭くて、木の根っ子に引っ掛かって、コケました。

残り2kmくらいで、30km部の先頭ランナーに異次元の走りで抜かれました。
ゴール後インタビューを受けていた人を見ると、どうやら優勝した宮原選手だったようです。
素晴らしい走りを見ることができ感動しました。

分岐に戻って、幅が広い道になってからは、ようやく怖がらずにスピードを上げられ全力でゴールを駆け抜けました。ゴール近くで順位を数えていた少年によれば、25位あたりらしい。タイムは1時間15分くらい。(正式発表は主催者のWebサイトに掲示される予定)


※正式結果 ⇒ 1:15:3626位 でした。(男子の完走は614人)


ゴールへの道









ゴール側から見たイメージ










トレイルランレースは、路面が不安定なので、なかなか追い込んだ走りはできませんが、常に判断しながら走るというのが新鮮で、大変面白かったです。

また、山の中のレースなので、応援する人ともなかなか出会えないのですが、たまに出会えると応援する人との距離が近く、こちらも自然に笑顔になって「ありがとー」とすべての応援に手を振り返していました。

15kmはあっという間でしたが、とても楽しい時間でした。

開催にあたっては、直近の暴風(暴風で中止となった荒川の二の舞かと焦りました)による倒木撤去などご苦労もあったかと思いますが、とても良いコースコンディションで走らせて頂くことができ、青梅市トライアスロン協会さんにも感謝したいと思います。

参加賞は、「コンプレッション・カーフ・ソックス」









夜間に反射する材質のワンポイント・ロゴがプリントされています。
夏シーズンのトレイルランでは、今回の参加賞+ハーフタイツにテーピングの組み合わせで走ろうかな。

30kmの部は、折り返しの高水山常福院境内で御守りを首にかけてもらって帰ってくるのですが、とても誇らしく見えました。来年は、30kmの部に出てみたいと思いました。

  • 今月 43.3 km
  • 今年 867.9 km

0 件のコメント:

コメントを投稿